河内洋のニュース

あの日を境に停滞した武豊騎手の『日記』。武邦彦さんの「生前の言葉」として最後に綴られた内容が猛烈に切ない

Business Journal / 2016年08月19日08時00分

そして何よりも、武豊、幸四郎の兄弟騎手や、弟弟子の河内洋現調教師を世に送り出した功績は測り知ることができないものだけに、我々のような末端の競馬ファンにとっても残念でならないという気持ちは未だ収まるものではない。だが、そういった中でも父が亡くなるという掛け替えのない瞬間に、武豊が4年ぶりに騎乗停止になっていたことは、武家の豪運、運命の強さを感じずにはいられな [全文を読む]

武豊騎手「恒例」の小倉滞在で「超人ぶり」が明らかに? 唯一の不安は

Business Journal / 2016年07月27日14時00分

兄弟子の河内洋にくっついて地元の酒と料理を存分に味わってきたとか。 全国的にも、九州の夏は非常に暑い。小倉もご多分に漏れず気温も相当に高い。武騎手が同コラムで語ったところによれば、1レースごとにフーフーいう騎手もいるとか。ところが武騎手はそんな暑さなど関係なし。むしろより暑いほどやる気が増すそうだ。やはり鉄人。最近は勝ち鞍こそ微増とったペースだが、勝負強さ [全文を読む]

「ベスト・オブ・日本ダービー」はファンそれぞれにある! ディープインパクト断然1位も、思いが爆発!?

Business Journal / 2016年05月14日18時00分

スペシャルウィークでの武豊ダービー初制覇、アドマイヤベガでの連覇、3連覇を狙ったエアシャカールを葬ったアグネスフライトと河内洋の悲願など、当然武豊がらみのものも多い。 他にも「ナリタブライアン一択」「メイショウサムソンが渋くてよかった」「ウオッカじゃないのか」「ディープよりキングカメハメハ」「ミホノブルボン」「オルフェーヴルじゃないのか」「初めて買ったの [全文を読む]

武豊“精密機械なペース配分”で完全復活内幕!「安藤勝己、イチローの進言で鍛え直した」

アサ芸プラス / 2015年12月26日17時56分

兄弟子の河内洋師や松永幹夫師、鹿戸雄一師などは『豊クンが来るんで』と言いながら依頼馬の調整をしていた」(ベテラントラックマン) とりわけ松永厩舎の管理馬は馬券戦略的にも注目だ。今年は重賞勝ちを含む11勝で、勝率は26.8%と好成績を残しているのだ。「このタッグは13年も9勝して勝率20.5%と優秀で、この年からユタカの波は上がり始めていた。尊敬するアンカツ [全文を読む]

騎手と調教師「相性抜群 or 絶縁不仲」を一挙紹介(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時57分

昨年の騎乗依頼を見ると、かつての兄弟子・河内洋師が23回(4勝)、松永幹夫師が21回(4勝)だった。個人馬主が続ける。 「昨年97勝の豊君の厩舎別データを見てびっくりしました。なんと117厩舎から依頼され、うち50厩舎で勝利(最多が佐藤正厩舎の6勝)。関西リーディング21位以下の厩舎に限定すると、勝利数ランキングのトップが豊君で、2位(57勝)の福永祐一君 [全文を読む]

武一族「天才騎手のスパルタDNA」(4)「学科試験免除」の特例制度

アサ芸プラス / 2013年02月07日09時59分

邦彦の弟弟子、河内洋(現調教師)がいたのも心強かったでしょうね」 競馬界の兄弟弟子の絆は強い。口にこそ出さないものの、弟弟子に任せれば安心できると思ったはず。ただし、騎乗技術を教えるなら親子一緒のほうがいいのではと思いがちだが、そうではないらしい。栗東トレセン関係者が明かす。 「豊から『この世界に入ったのは、自分が望んでのこと。騎手になりたいと父に話した時 [全文を読む]

フォーカス