深沢七郎のニュース

群像70周年記念特大号(2016年10月号)永久保存版「群像短篇名作選」電子版配信!

PR TIMES / 2016年09月09日10時44分

〈内容〉 ・座談会「群像70年の短篇名作を読む」辻原登、三浦雅士、川村湊、中条省平、堀江敏幸 ・群像短篇名作選 ・評論「『群像』の70年の轍」清水良典 ・評論「『群像』で辿る〈追悼〉の文学史」坪内祐三 ・名物コラム「侃々諤々」傑作選 〈群像短篇名作選 掲載作〉 太宰 治「トカトントン」(1947年1月号)/原 民喜「鎮魂歌」(1949年8月号)/大岡昇平 [全文を読む]

戦後70年の文学が一冊に! 「群像」創刊70周年記念号・永久保存版「群像短篇名作選」が発売

PR TIMES / 2016年09月07日10時40分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/1094/resize/d1719-1094-136111-2.jpg ] ●群像2016年10月号 ●発売日/2016年9月7日(水) 頁数/800 特別定価/1500円 〈内容〉 ・座談会「群像70年の短篇名作を読む」辻原登、三浦雅士、川村湊、中条省平、堀江敏幸 ・群像短篇名作選 ・評論「 [全文を読む]

信州姨捨山で思いを巡らす

クオリティ埼玉 / 2014年10月18日10時23分

姨捨伝説といえば、深沢七郎(1914~1987)の『楢山節考』が有名だ。この小説は木下恵介、今村昌平の両監督により映画化され、どちらも大変な話題作となり、海外でも高く評価された。私は最初の(1958年製作)木下作品しか見ていないが、折しも雪が降り始め、人骨が散らばる山中に母親を置き去りにするのをためらう息子に、かまわず山を降りるよう促す母役の田中絹代の演 [全文を読む]

魁傑と輪島が一緒にちゃんこを食べていた頃

クオリティ埼玉 / 2014年06月03日10時30分

ご登場いただいた方々は巨人軍の長島新監督、作家の深沢七郎さんと山口瞳さん、飛鳥田一雄横浜市長、女優の島田陽子さん、タレントの堺正章さん、女子プロレスのマッハ文朱選手など、みんな忙しい中をよくぞ撮らせてくれたものだ。 花籠部屋には朝稽古が終わる前に熊切圭介カメラマン、助手とともに出向いた。当時、部屋は隆盛をきわめていた。横綱の輪島をはじめ、龍虎や荒勢など人気 [全文を読む]

石原慎太郎、衝撃発言「皇居にお辞儀するのはバカ」「皇室は日本の役に立たない」

Business Journal / 2014年03月03日18時00分

今から約50年前、天皇一家の処刑シーンを描いた深沢七郎の小説『風流夢譚』をめぐって、右翼団体構成員が版元の中央公論社の社長夫人と家政婦を死傷させる事件が起きているが、事件の直前に石原氏はこの小説について、こんなコメントを寄せている。 「とても面白かった。皇室は無責任極まるものだし、日本になんの役にも立たなかった。そういう皇室に対するフラストレーションを我々 [全文を読む]

フォーカス