熊谷真菜のニュース

田中麗奈も奮闘したたこ焼き作り、正解は「90度ずつ回転」させて焼く?

アサジョ / 2017年02月11日18時13分

日本コナモン協会会長の熊谷真菜先生が日清製粉の公式サイトで解説しているたこ焼きの基本的な焼き方を見ると、たこ焼きは「90度ずつ回転」させて焼くのだそうです。 たこ焼きといえば180度回転の1回切りで済むものと思っていたら、プロは違うようです。90度回転させながら一通り焼き終えても、「休むことなく返す」のがプロだとか。 さらに生地が少なめのものには継ぎ足す、 [全文を読む]

堂本剛に岡田准一も! 実は「○○大使」のジャニーズたち

日刊大衆 / 2016年08月07日08時00分

これは生活文化研究家で“タコヤキスト”の熊谷真菜が03年5月7日(コナの日)に設立した、粉ものを愛する研究者や愛好家で構成された民間団体「日本コナモン協会」から、任命された大使である。WEST全員が関西出身ということから、デビューまもなく白羽の矢が立った。すでに任期は終了しているが、お好み焼き、たこ焼き他、“粉もの”の発展に、おおいに尽力した。 同じく関西 [全文を読む]

『のりたま読本』(講談社刊)に丸美屋食品が編集協力

PR TIMES / 2016年01月13日17時55分

「のりたま読本」(講談社刊) ・サイズ・ページ数 A5判 オールカラー 128ページ ・定価 1,300円(税別) ・編者 日本家庭食文化研究会 ・寄稿・解説 星野博美、泉麻人、安倍夜郎、椎名誠、服部正平(東京大学名誉教授)、奥村 彪生、やくみつる、町田忍、牧弘美、南伸坊、熊谷真菜(登場順) ○主な内容 ・ノスタルジアを駆り立てる1960年(昭和35年) [全文を読む]

日本コナモン協会会長 たこ焼きが人気となった理由を解説

NEWSポストセブン / 2015年11月04日07時00分

日本コナモン協会会長、食文化研究家・熊谷真菜さんが言う。 「その頃“たこの頭”は捨てられてしまうような食材でした。また、青のりや粉鰹は値段も安く、乾燥しているため屋台でも傷む心配がない。たこ焼は、それらを活用したからこそ安く提供でき、世の中に広く受け入れられたのではないでしょうか」 今やたこ焼が看板メニューのバーや居酒屋も登場するほど日本人に愛されているた [全文を読む]

『モモ姫と秘密のレシピ』ゲームと食べ物!?今までなかった異色のコラボ!モモ姫と日本コナモン協会!

PR TIMES / 2015年09月18日16時11分

■「日本コナモン協会」とは?[画像2: http://prtimes.jp/i/8397/21/resize/d8397-21-896426-2.jpg ]日本コナモン協会は、2003年5月7日(コナモンの日)に設立され、生活文化研究家として活躍している会長の熊谷真菜氏を中心に、コナモンを愛するメンバーで構成する文化団体です。食文化研究者や愛好家が集まり、 [全文を読む]

【今日のインサイト】5月7日はコナモンの日!それを制定した「日本コナモン協会」っていったい何者!?

Woman Insight / 2015年05月07日06時00分

日本コナモン協会は、タコヤキスト・生活文化研究家として活躍している、熊谷真菜さんを会長とし、2003年5月7日に設立したものとのこと。食文化研究者や愛好家が集まり、日々コナモンの発掘と普及に努めている団体だそうです。2014年にはジャニーズWESTを初代粉もん大使として任命しているとのこと! ああ、「コナモン協会とは何か」を調べたら、「タコヤキスト」とい [全文を読む]

フォーカス