田中誠のニュース

[クラブユース選手権(U-18)]元代表DF田中誠監督率いる磐田U-18は広島ユースから勝ち点1奪う(20枚)

ゲキサカ / 2015年07月24日09時03分

▼関連リンク 【特設ページ】第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 [全文を読む]

元日本代表・田中誠氏が磐田U-18監督に就任、讃岐で引退の西野はU-15アシスタントコーチへ

ゲキサカ / 2014年12月25日15時14分

ジュビロ磐田U-18監督には元日本代表で、2011年に福岡で現役を引退した田中誠氏が就任。同じくU-18のコーチは、昨季までF東京トップチームコーチを務めていた川口信男氏に決まった。 またU-15アシスタントコーチには、今季にカマタマーレ讃岐で現役を引退した西野泰正が就任した。 新任スタッフのプロフィールは以下のとおり ●田中誠 (たなか まこと) ■生年 [全文を読む]

【ホテル・ニッコー厦門】 厦門の日系ホテルで初めて5つ星を認定

PR TIMES / 2013年02月28日10時24分

ホテル・ニッコー厦門(中国福建省厦門市 総支配人:田中誠)は、福建省及び国家旅遊星局飯店評定委員会による審査を受け、国家旅遊局より五つ星の認定を受けたことを2013年2月18日に発表いたしました。同ホテルは、厦門の日系ホテルにおいて初めて五つ星の認定を受けたホテルになります。 ホテル・ニッコー厦門は、株式会社JALホテルズ(本社:東京都品川区、代表取締役社 [全文を読む]

指揮官初陣は広島戦…鹿島を率いる大岩剛新監督のキャリアを写真で振り返る

サッカーキング / 2017年06月02日20時00分

大岩は最終ラインの一員として、田中誠、鈴木秀人、山西尊裕らとともに堅守を築き上げた。 2000年 ジュビロ磐田 1試合0得点 2001年 ジュビロ磐田 28試合2得点 2002年 ジュビロ磐田 20試合0得点 ◆鹿島アントラーズ 2003年、磐田の最大のライバルだった鹿島へ移籍。加入初年度にA3チャンピオンズカップでタイトルを獲得とすると、07年、08年、 [全文を読む]

父と同じ高校日本一へ!静岡学園は俊足ボランチMF清水綾馬が印象的な働き

ゲキサカ / 2017年05月28日21時04分

父・龍蔵さんは清水でプレーした元Jリーガーで、清水市商高3年時には同学年のGK川口能活(現相模原)やDF田中誠(現磐田コーチ)らとともに全国高校選手権と全日本ユース選手権優勝を果たしている。目標は父が経験した日本一の景色を見ること。「チームとしては(県内)3冠ということが目標なんですけど、個人としてはしっかりとその後の全国制覇を考えている。まず、しっかり [全文を読む]

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

ガジェット通信 / 2017年05月01日15時30分

というわけで、映画の撮影でも将棋監修を務めた指導棋士・田中誠さんに、映画『3月のライオン』の登場人物を実際のプロ棋士にわかりやすく例えてもらいました! 【桐山零→藤井聡太四段】 (現役最年少プロ棋士、中学生でプロとなった) 例えるならば、藤井聡太四段でしょうか。(連載当時、藤井四段は将棋をはじめていませんが、現実が漫画を追い越しました) 佇まい指し方は、 [全文を読む]

『大貧乏』に厳しい評価続々「ストーリーが陳腐」「日曜夜に見たくない」

しらべぇ / 2017年01月09日16時30分

田中誠 (@jam0tada0) 2017年1月8日大貧乏、全然貧乏感出てない上につまんn— 藤井 陽菜 (@hfgv5don) 2017年1月8日また、放送時間について苦言を呈する人も。たしかに、日曜の21時代という家族で見る時間帯に、いくら明るいと言えども貧乏ネタを扱うのは、少し無遠慮な気がしないでもない。大貧乏。日曜の夜にテンションだだ下がりのタ [全文を読む]

[MOM1616]磐田U-18FW山下諒也(3年)_スランプ脱した主将がチーム助ける2得点

ゲキサカ / 2015年12月12日08時15分

今日は持ち味を出してくれていたと思う」(田中誠監督)と、序盤から奮闘を続けた。 頑張りが実ったのは前半19分。相手DFがボールを持った瞬間を逃さず奪うと、エリア右でフリーに。距離は遠めだったが、「GKの位置が手間にいたのが見えたので、迷わず浮かした感じで打とうと思った」と落ち着いて選択したシュートがクロスバーに当たりながらも、ゴールラインを越えた。「皆が緊 [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]4度目の正直狙う磐田U-18が苦しみながらも3発勝利

ゲキサカ / 2015年12月12日08時13分

「蹴ってくる相手に対し、喰らい付いて守りながら、ある程度クサビのボールを入れて、背後とサイドチェンジを意識させたけれど、思っていた以上に相手の跳ね返す力があって、浮き球の処理も上手かった」(田中誠監督)という磐田に対し、米子北も「入りから前半の真ん中まで本当によくなかった」と城市徳之監督が口にしたように、チームとして狙った右サイドからのクロスがほとんど上が [全文を読む]

[2011年の今日]AFCが五輪最終予選の予備登録メンバーを公表、宇佐美や宮市ら海外組5人の名も

ゲキサカ / 2015年11月26日12時00分

[記事全文] 2011年11月26日の主な配信記事 ▼今季限りで引退の福岡・田中誠「18年間、幸せな選手生活でした」 ▼インカレの組み合わせが決定!!昨季準Vの中京大は初戦で関東第4代表と対戦へ ▼小倉会長が南米連盟から特別勲章を受賞 ▼昇格争いも最終節へ、札幌が前節の悪夢払拭しJ1復帰へ望みつなぐ ▼槙野が今季2度目の出場も…大津不在のボルシアMGが4 [全文を読む]

フォーカス