目黒公郎のニュース

あなたは万が一の大震災に備えていますか 東日本大震災、改めて考えておきたい「教訓」

東洋経済オンライン / 2017年03月11日10時00分

東京大学生産技術研究所の目黒公郎教授は、「目黒メソッド」という地震による被害を具体的に想像するための方法を提案されています。先に挙げたような状況設定を行い、地震が発生した直後から自分自身の周囲に起こることを書き出して想定する、というものです。さまざまな条件で想定を繰り返すと、自分が何をすべきかが具体的に見えてきます。「それもまだ難しい」と感じる方は、自治体 [全文を読む]

「マンション防才アイデアコンテスト」実施について 最優秀賞作品に賞金20万円!

PR TIMES / 2015年08月27日12時39分

募集期間:平成27年9月1日(火)~10月31日(土) RC-77※1 (所在地:東京都目黒区、代表幹事:目黒公郎 東京大学教授)は、この度、 マンションの防災についてのアイデアを募集する「マンション防才アイデアコンテスト」を実施致しますので、その概要を下記の通りお知らせいたします。 [画像: http://prtimes.jp/i/15106/2/res [全文を読む]

各地で活躍する優れた非営利組織を表彰します 「第3回エクセレントNPO大賞」募集開始 結果発表は12月上旬予定

DreamNews / 2014年08月21日18時00分

https://www.mainichi-ks.co.jp/form/e-npo/【審査委員】 小倉和夫(審査委員長、国際交流基金顧問) 武田晴人(東京大学大学院経済学研究科教授) 田中弥生(大学評価・学位授与機構教授、日本NPO学会会長) 目黒公郎(東京大学生産技術研究所教授) 小松浩(毎日新聞社論説委員長)ほか予定(2014年8月現在)【賞】 受賞団 [全文を読む]

「グラっときたらまず消火」は◯×?地震の正しい備えとは

WEB女性自身 / 2013年09月02日07時00分

消火のために近づいたり、近くのテーブルの下にもぐったのでは、煮えている鍋が落ちてきてとても危険です」 そう語るのは都市防災マネジメントの専門家で、東京大学教授の目黒公郎先生だ。学校の防災訓練も同様だという。“サイレンが鳴ったら、まずは自分の机の下に入りなさい”と教育された子供たちは、校庭で遊んでいるときにサイレンを聞くと、教室に戻ろうとするそうだ。 「防災 [全文を読む]

来たる9月1日「防災の日」に向けて 「想像から始める“防災・減災”対策」をテーマにした番組を 8月22日から政府インターネットテレビで配信開始

PR TIMES / 2013年08月29日11時39分

具体的には、東京大学大学院の目黒公郎教授の考案した災害時の状況やその時の自分の行動をイメージトレーニングするツールである『目黒巻』、被災者の体験談を継続的に後世に伝え続ける内閣府の『一日前プロジェクト』、さらに東京・有明にある防災体験学習施設「そなエリア東京」で首都直下大地震の発生から避難までをクイズ形式で体験できる『東京直下72時間ツアー』などについて、 [全文を読む]

フォーカス