石崎光のニュース

片平里菜NEWシングル『煙たい』大阪FM802で初オンエア

dwango.jp news / 2015年01月24日16時55分

『煙たい』は初めて編曲に石崎光(cafelon)を迎え制作され、レコーディングには石崎光の他に佐藤征史(くるり)、玉田豊夢 (C.C.KING)、奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)が参加。まさに片平里菜の最新のモードが色濃く反映された楽曲となっている。昨年末に開催された全国ツアーでも披露され、ファンの間で一躍人気曲に躍り出たリリース待望の楽曲と [全文を読む]

噂の新人 吉澤嘉代子、おおはた雄一・SAKEROCK伊藤大地ら参加の多重人格なインディーズ盤をリリース

リッスンジャパン / 2013年03月29日11時00分

この曲のサウンドプロデュースを担当した、東京カランコロンのサウンドプロデューサーとしても知られるcafelonの石崎光氏は、“吉澤嘉代子は間違いなくモータウン、ましてフィル・スペクターを知らない。けれども不思議とそこかしこにオールディーズ感が漂っている。しかし彼女は平成2年生まれだから古くない。それはつまり吉澤嘉代子から現代への新しいニューミュージックの提 [全文を読む]

噂の新人吉澤嘉代子がおおはた雄一・SAKEROCK伊藤大地ら参加の多重人格なインディーズ盤をリリース!

okmusic UP's / 2013年03月29日00時00分

この曲のサウンドプロデュースを担当した、東京カランコロンのサウンドプロデューサーとしても知られるcafelonの石崎光氏は、“吉澤嘉代子は間違いなくモータウン、ましてフィル・スペクターを知らない。けれども不思議とそこかしこにオールディーズ感が漂っている。しかし彼女は平成2年生まれだから古くない。それはつまり吉澤嘉代子から現代への新しいニューミュージックの提 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】Negiccoが新曲MVで“チャイナドレス”披露 オカモトコウキも注目「これはいいものだ…」

TechinsightJapan / 2016年12月09日10時34分

さらに編曲はNegiccoの地元新潟出身の音楽プロデューサー・石崎光が担当した。彼はギターやベース、キーボードプレーヤーでもありキーボーディストの渡辺シュンスケとcafelonを組んで活動している。 そんなコンビによる楽曲をNegiccoが歌うことでオカモトコウキも嬉しかったのだろう。MVの感想を『オカモト コウキ(Okamotokouki)ツイッター』 [全文を読む]

Negicco新曲発売 プロデュースは堂島孝平

dwango.jp news / 2016年11月12日20時00分

ニューシングルの表題曲「愛、かましたいの」は、作詞・作曲・プロデュースを堂島孝平が、編曲を石崎光(cafelon)が担当。前作シングル「矛盾、はじめました。」や最新アルバム「ティー・フォー・スリー」では“大人のアイドルソング”を打ち出したNegiccoが、今作では、まさかの快活で豪快なアイドルポップ×オールディーズに挑む。 カップリングの「私をネギーに連 [全文を読む]

私立恵比寿中学、ニキビに悩む乙女を演じた新曲「面皰」MV解禁

Entame Plex / 2016年04月11日13時20分

作詞・作曲は“妄想系シンガーソングライター”の異名をとる吉澤嘉代子、編曲は石崎光が手掛けており、悩み多き中学生のウブな恋心を、ノスタルジックなメロディーとアレンジにのせた昭和歌謡を彷彿とさせる仕上がりとなっている。そんな今作のMVでは、清楚な衣装に身を包んだエビ中メンバーたちがニキビに悩む乙女を演じ、万華鏡のCGが彼女たちのキュートな魅力を存分に引き出し [全文を読む]

エビ中の”アナーキー”なNEWアルバム ついに全貌が明らかに

dwango.jp news / 2016年02月15日21時00分

なお、アルバムの正式な収録タイトルと作家陣は以下の通り: M1. 埋めてあげたい(Interlude)<台本・演出:土屋亮一(シベリア少女鉄道)> M2. ゼッテーアナーキー<作詞・作曲・編曲:ABEDON> M3. 春休みモラトリアム中学生<作詞・作曲:尾形回帰(HERE) 編曲:尾形回帰(HERE)・西井慶太> M4. ポップコーントーン<作詞・作曲 [全文を読む]

堂島孝平、ニューアルバム&リリースツアー情報W解禁

okmusic UP's / 2014年02月25日16時00分

【その他の画像】堂島孝平『フィクション』は前作『シリーガールはふり向かない』に引き続き、プロデューサーに石崎光(cafelon)を迎え制作された。堂島が自身のアルバムを共同プロデュースとして制作したのは約10年ぶりのことで、レコーディングには小松シゲル(NONA REEVES)、鹿島達也をはじめ、隅倉弘至(初恋の嵐)、神谷洵平、sugarbeans、橋本歩 [全文を読む]

吉澤嘉代子、「未成年の主張」が歌ネットモバイルデイリーランキングで初登場1位をマーク

okmusic UP's / 2013年05月30日10時45分

告白をテーマに作られた、リード曲「未成年の主張」のサウンドプロデュースを担当した、東京カランコロンのサウンドプロデューサーとしても知られる石崎光氏は、「吉澤嘉代子は間違いなくモータウン、ましてフィル・スペクターを知らない。けれども不思議とそこかしこにオールディーズ感が漂っている。しかし彼女は平成2年生まれだから古くない。それはつまり吉澤嘉代子から現代への新 [全文を読む]

伊藤かな恵の“アーティスト”としての魅力を引き出した2ndアルバム!

リッスンジャパン / 2013年04月04日09時00分

作詞:こだまさおり 作曲・編曲:森慎太郎4.SHOWER!! 作詞・作曲:アツミサオリ 編曲:福富雅之5.ビギナードライバー 作詞:矢吹香那 作曲・編曲:渡辺和紀6.掌 作詞:鈴木静那 作曲:山田智和 編曲:福富雅之7.オトナになるまで 作詞・作曲:きみコ 編曲:菊池達也8.くりかえして 作詞:伊藤かな恵 作曲:福富雅之/藤本記子 編曲:福富雅之9.僕は [全文を読む]

フォーカス