石川敏男のニュース

当時の秘話満載!懐かし「青春アイドル」は今

日刊大衆 / 2017年04月27日08時05分

コンサートの数日前に、全国霊感商法対策弁護士連絡会が、復帰への反対声明を出しましたが、やはり彼女の“統一教会の広告塔”という強烈なイメージは拭えないようですね」(ワイドショー関係者) 反対声明が出てもなお、復帰を目指す理由を、「子育ても落ち着いたし、芸能界の仕事がしたいのでしょう」と言うのは、芸能レポーターの石川敏男氏だ。「桜田は以前から、サンミュージック [全文を読む]

敏いとう「俺が見てきた芸能界薬物汚染40年」の闇真相(3)清水健太郎は病気だから治らない

アサ芸プラス / 2017年03月08日12時57分

ごく最近、清水健太郎に話を聞いた芸能レポーターの石川敏男氏が明かす。「今は奥さんや周りの人が監視してるから、完全にクスリはやってない状態。黒い交際も一切なくて、地方での仕事も1人で行かずに、いつも奥さんを同行させてるみたい。一生懸命、アルバムを売る努力をしてますよ」 そうした姿勢が今度こそブレないことを願いたい。 ただでさえ芸能界では、薬物事件の話題が後 [全文を読む]

広瀬すずも!? 最新「共演NGリスト」大公開

日刊大衆 / 2017年01月23日16時00分

現場では、共演NGリストなど、まるでないように対応していますよ」 芸能レポーターの石川敏男氏はこう話すが、やはり脈々と語り継がれているリストは存在するという。「芸能界を辞めるか。鉄パイプの椅子で殴られるか。土下座するか。選べや」 約20年前、爆笑問題の太田光(51)が自身のコラムで、ダウンタウンの松本人志(53)を「アディダスの広告塔」と揶揄したことで激怒 [全文を読む]

「芸能人VS記者」番組急増 ワイドショーの芸能ネタ変化も影響

NEWSポストセブン / 2017年01月17日16時00分

しかし、当時スクープを提供していたのは梨元勝氏(2010年死去)や井上公造氏、城下尊之氏、石川敏男氏といったワイドショーのレポーターがメイン。現在の芸能ワイドショー特番では、週刊誌やスポーツ紙の記者が多いのが特徴だ。 その背景としてはやはり、ここ最近の『週刊文春』を始めとする雑誌メディアの報道合戦が大きいだろう。スクープを連発する記者たちがどんな人間なの [全文を読む]

レコ大の凋落 転機はジャニーズ撤退やミスチルの大賞受賞

NEWSポストセブン / 2016年12月25日16時00分

なんとか視聴率の低下を抑えたいTBS系列の審査委員がこぞって、Winkに投票し、大逆転したといわれています」(芸能レポーターの石川敏男さん) 1989年の視聴率は14%と初めて10%台に転落。以後、現在に至るまで視聴率10%台に留まっている。 追い打ちをかけたのが、「ジャニーズ事務所の辞退」だった。それまでは大賞を受賞した近藤真彦、光GENJI(1988年 [全文を読む]

中居“新事務所”に3人集結? SMAP「解散後の5人」の行方

日刊大衆 / 2016年11月06日12時00分

出演する関ジャニ∞らジャニーズタレントに『世界に一つだけの花』を歌わせ、バックにSMAPの過去の映像を流すという苦し紛れの演出案も検討され始めました」(芸能記者) 芸能レポーターの石川敏男氏も「出演は99.9%ないでしょう」と断言する。「“ファンのために”という大義名分で出るとしてもNHKだけ特別に出演したら、他局に示しがつきませんよ。紅白の生放送に出演で [全文を読む]

平幹二朗さん 生前にささやかれた「あの噂」と結婚生活

NEWSポストセブン / 2016年10月28日07時00分

「壮絶な芝居をする名優でしたが、プライベートでもいろいろな話題を振りまきました」と言うのは芸能リポーターの石川敏男さんだ。佐久間との離婚会見では、「互いに仕事中心の生活になってしまった」というものの、子供がいてもなお別れを選んだ理由がはっきりしなかった。「平さんには以前から、男性と手を繋いで歩いていたという目撃情報がかなりあったので“男性関係”について、記 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

──楽しみにしています!・座談会メンバー石川敏男(69):女性誌記者を経て、88年よりレポーターに。歯に衣着せぬもの言いで、ご意見番的存在。二田一比古(66):女性誌や写真誌の記者を経て、91年よりレポーターに。現在も男性誌等で健筆を振るう。長谷川まさ子(53):ラジオアシスタントを経て、87年よりレポーターに。歯切れよい語り口に定評がある。 [全文を読む]

甘甘じゃ務まらない「有名人梨園妻」の掟と品格!(3)闘病中の小林麻央も当初は厳しい洗礼を受けた

アサ芸プラス / 2016年10月02日17時57分

10月に大名跡・中村芝翫の襲名披露興行を控えていた夫の裏切りに心中穏やかではないだろうが、歌舞伎界では「常識」と話すのは、芸能レポーターの石川敏男氏だ。「歌舞伎役者にとって花街の女性と遊ぶのは芸の肥やし。報道後に毅然とした三田の対応が絶賛されていますが、立派でも何でもありません」 梨園妻には忍耐力も求められるようだ。一方、歌舞伎界になじめず別れを選んだの [全文を読む]

紀香をネガティブに取り上げると視聴率が上がるという謎

NEWSポストセブン / 2016年09月30日16時00分

しかし、梨園関係者の反応は冷ややかだったと芸能リポーターの石川敏男氏が言う。「挙式の時、紀香さんは嬉しそうに参拝客に手を振っていましたが、あんなことをする梨園の妻はいません。富司純子さんも三田寛子さんも、夫のあとを一歩引いて歩いて、周囲には軽く会釈をする程度でした。結婚後も“私が主役”という意識が抜けない紀香さんを見て、多くの関係者が“やっぱり…”と眉をひ [全文を読む]

フォーカス