稲垣裕之のニュース

競輪 稲垣裕之選手 自宅トレーニングルームに国内最高気圧1.5気圧酸素カプセルを導入!

DreamNews / 2015年05月08日17時00分

健康・美容機器開発・販売卸業の株式会社神戸メディケア(本社:兵庫県神戸市、代表者:稲見 邦夫)は、関西を代表する競輪選手である稲垣裕之の自宅トレーニングルームに国内最高気圧の酸素カプセル1.5気圧モデル(製品名OXYRIUM MEDICAL1.5)導入しました。2015年5月8日(金)にFROM現場の声として導入事例インタビューを公開致しました。[導入の経 [全文を読む]

DMM競輪 4周年記念キャンペーン開催中!!競輪選手のサイン入り、DMM競輪オリジナルTシャツをプレゼント!

PR TIMES / 2016年06月14日11時19分

[画像1: http://prtimes.jp/i/2581/1064/resize/d2581-1064-508674-1.jpg ]◆DMM競輪4周年記念キャンペーン 第2弾応募期間:2016年6月6日(月)~ 2016年6月19日(日)賞品 :競輪選手サイン入りDMM競輪Tシャツ(合計16名様)村上義弘 選手(S級S班) ×2名様稲垣裕之 選手(S級 [全文を読む]

DMM競輪 4周年記念キャンペーン開催中!! 競輪選手のサイン入り、DMM競輪オリジナルTシャツをプレゼント!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月14日11時00分

◆DMM競輪4周年記念キャンペーン 第2弾 応募期間:2016年6月6日(月)~ 2016年6月19日(日)賞品 :競輪選手サイン入りDMM競輪Tシャツ(合計16名様) 村上義弘 選手(S級S班) ×2名様 稲垣裕之 選手(S級S班) ×1名様 岩津裕介 選手(S級1班) ×1名様 深谷知広 選手(S級1班) ×1名様 早坂秀悟 選手(S級1班) ×1名 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「全日本選抜」

アサ芸プラス / 2015年02月12日09時56分

西日本は中部の深谷知広─浅井康太は不動の連係も、近畿は稲垣裕之─村上義弘─村上博幸と脇本雄太─松岡健介─南修二で別線濃厚。九州は中川誠一郎─井上昌己─菅原晃で、ここに大塚健一郎が加われば強力ラインになる。岩津裕介は、いつもの単騎戦だろう。 残り1周半のジャン前から脇本が発進すると見るが、その前後に中川が仕掛ければレースは一気に動く。前でもがき合うようなら、 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「奈良記念」

アサ芸プラス / 2015年01月29日09時56分

地元近畿は、三谷竜─稲垣裕之─村上。中四国は原田研太朗─岩津、中部は深谷─加藤慎平。東日本は南関の根田空史─勝瀬卓也、関東の池田勇人─神山、それに早坂秀悟─飯野祐太─佐藤慎太郎の東北トリオと見た。他では松川高大、天田裕輝の勝ち上がりがある。 早坂が先行しようとしても、京都2者がつける三谷竜が一気に踏む。中団は池田と早坂で取り合いそうだが、深谷の早めの仕掛け [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「立川記念」

アサ芸プラス / 2015年01月08日09時56分

武田の前に立ちはだかるのは、今年ブレイクを予感させる稲垣裕之。京都勢の機動型ナンバーワンであり、昨年2月松山全日本選抜で村上博の優勝に貢献。その後の活躍ぶりは特筆ものだった。レースの流れに応じて自在に動けるようになったのが大きく、本領を発揮するのはこれからだ。 さて、並びと展開。地元地区は稲毛健太─稲垣─村上博。九州は吉本卓仁─松岡貴久、中部は金子貴志─ [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「佐世保記念」

アサ芸プラス / 2014年12月18日09時56分

来年もその座を維持し、岸和田グランプリに出場するのは浅井だけだが、S1からはホームバンクの井上昌己、好調な稲垣裕之ら強力なチャレンジャーがめじろ押し。浅井といえども、楽な戦いはさせてもらえそうにない。 選手層が厚いとは言えない長崎で、ただ1人のS1井上は、今年後半、7月弥彦親王牌●【3】(●は決勝レースの着順)着、9月前橋AS●【9】(●は決勝レースの着順 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「松戸記念」

アサ芸プラス / 2014年12月04日09時57分

また、このシリーズには競輪祭決勝戦に進出した稲垣裕之、佐藤友和らS1にも好調な選手がそろう。激戦が連続する4日間になりそうだ。 迎え撃つ地元勢では、石井秀治が満を持して参戦する。競輪祭は【2】【1】【8】【2】。一次予選からの成績で準決勝敗退も、トップクラスと互角に戦える手応えはつかんだ。今期が初のS1だったにもかかわらず、9月前橋オールスターでドリームレ [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「小倉競輪祭」

アサ芸プラス / 2014年11月20日09時57分

中四国は原田研一朗─岩津、近畿は脇本雄太─稲垣裕之─村上義、そして中部は浅井─金子貴志。東日本は南関の石井秀治─桐山敬太郎、関東の平原康多─武田─神山雄、北日本の新田祐─菊地圭尚か。 調子を取り戻した脇本が主導権取りに迷いはない。好位につけるのは平原だが、ドームバンクだけに、まくり勢の早仕掛けも。 本命は武田。前後は連係実績ある2人であり、安定感は抜けてい [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「オールスター」

アサ芸プラス / 2014年09月11日09時57分

近畿は稲垣裕之─村上義弘─稲川翔、中川誠一郎─大塚健一郎の九州両者。他では地元の木暮安由に、岩津裕介と脇本雄太。脇本が勝ち上がれば稲川がその番手、近畿は別線になる。 根田が先手を取っても、深谷が間髪をいれず巻き返す。新田、中川、武田も333バンクだけに、仕掛けは早い。 本命は深谷。ガードを固めるのは信頼できる2人。勝負どころで一気に発進する。対抗はスピード [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「山口健治杯」

アサ芸プラス / 2014年09月04日09時57分

出走予定のS1は12人だが、その中には前橋オールスター(9月11日~)のファン投票12位でオリオン賞組の小倉竜二と、競走得点上位者による特別予選組の稲垣裕之が入っている。今回の実力ナンバーワンは稲垣。鋭いまくりで、主役の座は誰にも渡さない。 小倉が厳しい戦いを強いられている。GII松戸サマー【2】●【2】(●は決勝レースの着順)から調子が悪いとは思えないの [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「豊橋記念」

アサ芸プラス / 2014年08月21日09時57分

近畿は稲垣裕之─三谷将太、中四国は大西祐─三宅達也─柏野智典。東日本は南関が新田康仁─勝瀬卓也、関東は平原─木暮安由、北日本は佐藤友─成田和。他では九州の坂本亮馬と西川親幸の進出がありそうだ。 稲垣が先手を取り、中団の平原と佐藤友のまくりに合わせて深谷が動く。 ◎深谷=○金子。トップクラスの追い込み選手でも付きバテする深谷だが、金子ならかわすシーンもある。 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「松戸サマーナイトF」

アサ芸プラス / 2014年08月07日09時57分

西日本は中部の深谷知広─浅井康太の親王牌1、2着コンビ、近畿は稲垣裕之─村上義弘─稲川翔、そして九州の荒井崇博─大塚健一郎が有力。他では岩津裕介と藤木裕が圏内と見た。 武田と稲垣で主導権争い。根田が早めに踏むところを深谷がカマし、その上を新田が襲いかかる。 本命は新田。自粛欠場前の最終戦、伊東共同通信社杯に続くGII2連覇だ。スピード勝負で差のない深谷が対 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「向日町記念」

アサ芸プラス / 2014年07月31日09時57分

村上義と成田はS1の稲垣裕之、村上博幸、渡邉一成とともに短縮された自粛欠場明けの復帰初戦。この5人、持ち味を出し切ることがみそぎになる。 「いつでも実戦に出られるように練習していた。弱い京都は見せたくない」と、村上義が言っていると関係者から聞いた。 骨折が完治しないまま12年のグランプリを獲り、今年の名古屋ダービーも完調には程遠い状態で勝っているように、逆 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「共同通信社杯」

アサ芸プラス / 2014年04月24日09時57分

西日本勢は中部が深谷─金子貴志─浅井康太、近畿は脇本─稲川翔と藤木裕─稲垣裕之─村上義弘の京都ラインで別線。九州の菅原晃─井上昌己までが圏内と見た。 激しい先行争いになっても、脇本が主導権は譲らない。藤木が早めに巻き返すところを、新田祐と深谷がまくることになる。 ライン3車なら、7番手からでも深谷がまくり切る。先まくり打つ新田祐が対抗だが、池田の粘りしだい [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「日本選手権」

アサ芸プラス / 2014年03月20日09時57分

近畿は川村晃司─稲垣裕之─村上博の京都トリオと、脇本雄太─稲川翔で別競走。九州は井上昌己─大塚健一郎で、ここまでが西日本では有力。東日本は関東が池田勇人─平原康多と武田─芦澤大輔に分かれそうだが、北日本は新田祐大─成田和也─菊地圭尚で結束。岩津は位置を決めずに戦い、南関の新田康仁と根田空史が圏内と見た。 強力先行がそろい、脇本と池田勇によるもがき合いがある [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「高松全日本選抜」

アサ芸プラス / 2014年02月06日09時57分

近畿は脇本─稲川翔と、藤木裕─稲垣裕之─村上義弘の京都3者で別れての戦いか。中部は深谷─金子─浅井康太の鉄壁SS班トリオ、九州は井上昌己─大塚健一郎。東日本は新田祐大─成田和也の福島両者、そして関東は埼玉の池田勇人─平原と神山拓弥─神山雄一郎の師弟コンビで別線になり、後閑信一は埼玉勢へ、長塚智広は単騎戦もありそうだ。 関西勢同士でも、脇本と藤木の叩き合いが [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「奈良記念」

アサ芸プラス / 2014年01月30日09時57分

近畿は稲川─東口善朋と、稲垣裕之─村上義の京都両者で別線濃厚。中四国と九州は中川誠一郎─小倉竜二─筒井敦史で結束する。そして東日本は、南関の田中晴─桐山敬太郎、平原─神山拓弥─長塚の関東ライン、新田─渡邉一成の福島機動力コンビだ。他では岐阜の2人、志智俊夫と吉村和之が圏内もラインの切れ目からだろう。 激しい先行争い必至で、ゴール寸前までもつれるのではないか [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「和歌山記念」

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時57分

関西勢は地元和歌山の稲毛─東口善朋と、稲垣裕之─村上義で別線濃厚。中部は金子─吉村和之、九州は菅原晃─小野俊之の大分両者。東日本は関東の池田─飯嶋則之、田中晴基─小埜正義─林雄一の南関トリオ、北日本は新田─佐藤康紀。 先行する稲毛に稲垣が続き、金子、池田、新田はまくり狙いになる。 本命は新田。まくりの切れ味は1枚抜けている。対抗と3番手評価は、底力で村上義 [全文を読む]

フォーカス