笹川ひろしのニュース

擬人化ブームの次は「ロボ化」が来る!―かも。福島の会津若松もお城をロボに

インターネットコム / 2016年06月30日15時55分

デザインは「タイムボカン」シリーズの監督で知られるタツノコプロの笹川ひろし氏が手掛けた。かわいらしくもメカニカルな特徴のある外見は、「ヤッターメカ」などもほうふつさせる。 会津若松は、どのようなきっかけで城をロボット化しようと考えたのか。お城ボくんにたずさわっている会津若松観光ビューローに問い合わせたところ、そもそもの始まりは東日本大震災前にさかのぼるとい [全文を読む]

アニメの歴史 1960年代手塚アニメは人手が足りず主婦が彩色

NEWSポストセブン / 2017年02月17日16時00分

その黎明期を支えた人物のひとりが、手塚治虫氏の専属アシスタント第1号として知られる笹川ひろし氏だ。笹川氏が語る。 「私が監督した『宇宙エース』(1965年)はその中でも初期にあたる作品です。当時は人手が足りず知り合いの主婦に彩色を頼んだほどでした。 モノクロ作品とはいえ5色の絵の具を使うので、絵の具と塗る場所にそれぞれ番号を振って、それに合わせて塗っても [全文を読む]

上川隆也、DAIGOらが日本アニメ100年を振り返る!

Smartザテレビジョン / 2016年12月13日19時53分

押井守、笹川ひろし、杉井ギサブロー、鶴巻和哉、富野由悠季、長井龍雪ら希代のクリエーターがインタビューに応じる。ナビゲーターは乃木坂46の松村沙友理。 さらに2月18日(土)は、「カウントダウンLIVE アニソン ベスト100!」(第1部は夜6:30-8:00、第2部は夜8:45-9:00)を番組で発表。視聴者からの投票結果を基に、日本のアニメ100年の歴 [全文を読む]

ガッチャマンとガンダムの色が似てる!? タツノコプロ創始者・吉田竜夫の偉業

おたぽる / 2015年01月24日02時00分

そこで、当時の資料や映像と共に、吉田氏の長女でキャラクターデザインなどを務める吉田すずか氏(『ハクション大魔王』アクビちゃんのモデル)や、アニメ監督・笹川ひろし氏(『タイムボカン』シリーズ・ボヤッキーのモデル)に話を聞いて、この特集は構成されたとのこと。ちなみに、タツノコプロは2014年1月に日本テレビの子会社となっているので、他局の番組ながらの全面協力と [全文を読む]

新作発表で話題の宮崎吾朗だけじゃない! 他業種から転身を果たしたアニメ監督たち

おたぽる / 2014年02月03日22時00分

そのほかにも、2010年に惜しまれつつもこの世を去った今敏(『PERFECT BLUE』『千年女優』ほか)、個人制作アニメでその名を世に知らしめた宇木敦哉(『センコロール』)、タツノコプロ創設メンバーとして活躍した笹川ひろし(『ハクション大魔王』『タイムボカン』シリーズほか)、マンガ家、デザイナーから転身を果たした小林治(『Paradise Kiss』『魔 [全文を読む]

ドロンジョ様がアメザリをお仕置き!? タツノコプロ50周年記念 タツノコ総選挙開催!

PR TIMES / 2012年08月02日16時02分

さらに、キッズステーションでは、創業期からタツノコプロを支え、育ててきた笹川ひろし氏と、「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」やガンダムシリーズなどのメカデザインを手掛けてきた大河原邦男氏がタッグを組んだ、タツノコプロ半世紀の集大成ともいえる新作アニメ「一発必中!!デバンダー」を独占放送!タツノコプロ往年の「正義の主人公と悪の敵役との対決」を踏襲、「ヤッタ [全文を読む]

WOWOWで「ハクション大魔王」「タイムボカン」など、タツノコプロ名作アニメの最終回を一挙放送!放送を記念して、様々な関連企画を実施中!

PR TIMES / 2012年04月27日12時04分

(1)タツノコプロ50周年記念ピンバッチ WOWOW限定色(非売品)を300名様にプレゼント!(どなたでもご応募可能) ご応募はこちらからwowow.bs/tatsu ※5/27(金)まで (2)ハクション大魔王の生みの親である笹川ひろし総監督直筆サイン入り、1969年放送当時の「ハクション大魔王」オリジナル録音台本を加入者1名様にプレゼント! ご応募は [全文を読む]

フォーカス