脇本雄太のニュース

山口健治の“江戸”鷹の目診断「寛仁親王牌」

アサ芸プラス / 2014年07月17日09時57分

脇本雄太はまくりに回る手もある! ビッグタイトルは、チャンスと見れば狙わなければ獲れない。 今年のGI第4戦「弥彦寛仁親王牌」(7月18日【金】~21日【月】)に出走予定のS級S班は、後閑信一、金子貴志、浅井康太、深谷知広の4人。昨年のここで、師弟の金子と深谷が初のワンツーフィニッシュ。2人は競輪祭でも再び1、2着になり、金子は2冠、さらにグランプリも獲っ [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「福井記念」

アサ芸プラス / 2014年07月10日09時57分

自信と声援を胸に脇本雄太がしのぎ切る 同期は気心の知れた仲だが、競走スタイルが同じなら誰よりも負けたくないライバルになる。 「福井記念」(7月10日【木】~13日【日】)に出走予定のS級S班は、後閑信一と金子貴志。2人の前走だった取手記念で、後閑は準決勝落車棄権、金子は決勝戦8着。そして、私が本命に押した脇本雄太は逃げて2着だった。今回は脇本の地元記念。自 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「取手記念」

アサ芸プラス / 2014年06月26日09時57分

優勝候補の筆頭は脇本雄太の逃げ切り 成績のギアを一段上げるには、戦法に幅を持たせることも効果がある。 「取手記念」(6月26日【木】~29日【日】)に出走予定のS級S班は、後閑信一と金子貴志。2人は前走の宇都宮高松宮記念杯でセミファイナル敗退も、調子落ちは感じさせなかった。ただし、今回は決勝戦で稲川翔のGI初Vに貢献した脇本雄太が立ちはだかる。この快速先行 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「佐世保記念」

アサ芸プラス / 2013年12月12日09時57分

本命は脇本雄太に乗る村上博幸の番手差し 先行選手が番手にはまり、差し切り──展開のアヤによる勝ち方だが、番手を狙って取りに行ってもいいのではないか。 「佐世保記念」(12月13日【金】~16日【月】)に出走予定のS級S班は岡田征陽、佐藤友和、浅井康太。この3人のうち、トップ9の座を守ったのは浅井だけだった。 その浅井にしても今年前半は精彩を欠き、GI決勝戦 [全文を読む]

漫画『弱虫ペダル』が人気! 競輪とは一味違う、「自転車競技」ってどんなスポーツ?

進路のミカタ / 2016年02月10日12時02分

競技をやっている兄(脇本雄太さん。現在、プロの競輪選手として活躍中)への憧れの気持ちもありましたし、乗ってみたいな~という好奇心から自転車部に参加することになりました。――すぐにうまく乗れるようになりましたか?脇本:いえ、最初はうまく乗れませんでした。自転車競技で使う自転車は、タイヤと連動してペダルが動くので、トラックでスピードをつけて走ると足がもつれて怖 [全文を読む]

漫画『弱虫ペダル』が人気! 競輪とは一味違う、「自転車競技」ってどんなスポーツ?

マイナビ進学U17 / 2016年02月10日12時02分

競技をやっている兄(脇本雄太さん。現在、プロの競輪選手として活躍中)への憧れの気持ちもありましたし、乗ってみたいな~という好奇心から自転車部に参加することになりました。――すぐにうまく乗れるようになりましたか?脇本:いえ、最初はうまく乗れませんでした。自転車競技で使う自転車は、タイヤと連動してペダルが動くので、トラックでスピードをつけて走ると足がもつれて怖 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「全日本選抜」

アサ芸プラス / 2015年02月12日09時56分

西日本は中部の深谷知広─浅井康太は不動の連係も、近畿は稲垣裕之─村上義弘─村上博幸と脇本雄太─松岡健介─南修二で別線濃厚。九州は中川誠一郎─井上昌己─菅原晃で、ここに大塚健一郎が加われば強力ラインになる。岩津裕介は、いつもの単騎戦だろう。 残り1周半のジャン前から脇本が発進すると見るが、その前後に中川が仕掛ければレースは一気に動く。前でもがき合うようなら、 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「立川記念」

アサ芸プラス / 2015年01月08日09時56分

西日本は、中部の深谷知広─浅井康太、近畿の脇本雄太─村上義弘、そして中川誠一郎─荒井崇博の九州両者に徳島の小倉竜二がつける。 先行するのは脇本も、まくり勢の巻き返しは早い。 ◎平原、○脇本、3番手評価が深谷と浅井。まくり合戦を制して、平原の2連覇濃厚だ。 「和歌山記念」(1月10日【土】~13日【火】)に出走予定のS級S班は、神山雄一郎、村上博幸、武田豊樹 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「広島記念」

アサ芸プラス / 2014年12月11日09時56分

さらにS1には脇本雄太らGIクラスがそろう。師走の寒風をものともしない熱戦が連続するはずだ。 やや劣勢の地元勢で奮起を期待したいのが池田良。追い込み選手だけに目立たないが、23歳でS1入りしている。伸び悩んでいるのはシビアな競走をできないからではないか。戦ってくれる先行を残そうとするのはわかるが、勝負と見れば切り替えてでも1着を取りにいくべきだ。8月の豊橋 [全文を読む]

山口健治の“江戸”鷹の目診断「小倉競輪祭」

アサ芸プラス / 2014年11月20日09時57分

中四国は原田研一朗─岩津、近畿は脇本雄太─稲垣裕之─村上義、そして中部は浅井─金子貴志。東日本は南関の石井秀治─桐山敬太郎、関東の平原康多─武田─神山雄、北日本の新田祐─菊地圭尚か。 調子を取り戻した脇本が主導権取りに迷いはない。好位につけるのは平原だが、ドームバンクだけに、まくり勢の早仕掛けも。 本命は武田。前後は連係実績ある2人であり、安定感は抜けてい [全文を読む]

フォーカス