花園直道のニュース

三山ひろし、川上大輔、花園直道…30代から100歳まで魅了する演歌男子たち

WEB女性自身 / 2015年03月16日16時00分

演歌歌手の三山ひろし(34)、川上大輔(30)、花園直道(26)が’14年に放送されたCS放送のトーク番組『演歌男子。』の続編となる『演歌男子。2』(4月より放送開始)の会見に登場した。 三山が「同年代の男子とトークができて楽しかった」と収録を振り返ると、おのおのが思いを語り始め、話はいつしかファンについての話題に。三上「川上さんは黄色い声援もらっている [全文を読む]

花園直道が“生まれ変わりたい女性像”は…

WEB女性自身 / 2013年11月25日00時00分

』(CS放送・歌謡ポップスチャンネル)の番組収録が11月25日に都内で行われ、花園直道(25)、川上大輔(29)、山内惠介(30)が出演した。 同番組は、演歌・歌謡界で活躍する若手男性歌手が私服で集い、司会なしのフリートークを展開するトークバラエティ。花園は「いつもは衣装を来てご挨拶をする程度の仲なのですが、普段着で話すと気持ちもほぐれました」と感想を話し [全文を読む]

『北斗の拳』初の舞台化決定! 主役はザコ

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年06月06日19時30分

キャストには磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園直道、林野健志、A応Pの水希蒼が名を連ね、アニメの予告ナレーションを担当した千葉繁も声優として出演する。 ストーリーの詳細は明らかになっていないが、“ザコの、ザコによる、ザコのための、ザコだけの舞台”になるという本作では、アニメ版主題歌『愛をとりもどせ』を手がけたクリスタルキングが、ガールズユニット・A応Pとコラ [全文を読む]

「北斗の拳」初舞台化が決定! 主役はまさかのザコ?

アニメ!アニメ! / 2017年06月05日10時00分

『スーパー日舞』などへの出演経歴を持つ花園直道も参加する予定だ。 さらにアイドルグループ・A応Pのメンバーであり、2017年1月には舞台『ロードス島戦記 灰色の魔女』への出演も果たした水希蒼もキャスト陣に名を連ねている。 『北斗の拳』といえばアニメでジョーカーやジャコウを演じた千葉繁の存在も忘れてわいけないが、千葉も声の出演をする予定だ。 またアニメの主題 [全文を読む]

AKB48初タイに2万人集結!Sug、ボイメン、矢口真里も参戦 JAPAN EXPO THAILAND

dwango.jp news / 2016年02月12日17時26分

JAPAN EXPO THAILANDには他にも日本の伝統文化を伝えるパフォーマンスとして、「花園直道(はなぞのなおみち)」による日舞と三味線、歌のパフォーマンス、そしてバイオリンと日本の伝統楽器を使った新感覚ユニット「竜馬四重奏」、着物を折ってドレスにする「カルタドレス with Bijou」らが出演。また、ビジュアル系ロックバンド「SuG」、「defs [全文を読む]

セントラルワールドで開催された JAPAN EXPO THAILAND 2016- アジア最大級のオールジャパンイベント-に40万人もの観客が押し寄せ大盛況に終幕!

PR TIMES / 2016年02月12日12時49分

日本の伝統文化を伝えるパフォーマンスにおいては、「花園直道(はなぞのなおみち)」による日舞と三味線、歌のパフォーマンス、そしてバイオリンと日本の伝統楽器を使った新感覚ユニット「竜馬四重奏」、着物を折ってドレスにする「カルタドレス with Bijou」、そして楽しんご(たのしんご)と神舞衣(かむい)による西陣織着物ドレスショーが日本の魅力を観客に紹介した。 [全文を読む]

演歌界の貴公子 山内惠介「来年は野外フェスをやりたい!」

Smartザテレビジョン / 2015年08月11日12時47分

フェスティバル2015」に山内惠介や花園直道ら、演歌界の若手7組13人が出演した。同イベントは昨年8月に都内で行われたコンサート「演歌男子。LIVE~夏祭り」の第2弾。新曲の披露やコラボレーション、爆笑トークなどで約2000人を楽しませた。 イベント開始を控えた彼らに突撃インタビューした。 この日の意気込みについて山内は「演歌には夏フェスはないので、今日は [全文を読む]

角田信朗「一発屋では終わらせたくない」花園直道とユニット結成

WEB女性自身 / 2013年04月21日00時00分

4月21日、空手家・角田信朗(52)と日舞アーティスト・花園直道(24)が新ユニット『The 傾奇者』(ザ・かぶきもの)を結成し、都内で発表イベントを行った。角田は、「踊りと武道という違うジャンルだが、伝統を継承するもの同士としてユニット結成に至った」と説明した。日舞パフォーマーとして活躍中の花園は、以前から角田が歌う『傾奇者恋歌』(CR花の慶次)を自身の [全文を読む]

フォーカス