菅原茂のニュース

三陸沿岸の漁業復興―漁獲量7割回復、課題は販路

PR TIMES / 2014年05月23日11時07分

同セレモニーには、ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使、菅原茂気仙沼市長らも出席。施設内の見学や、同施設で開発されたサンマやサメ肉を使用した加工品の試食提供も予定しています。つきましては、ぜひとも当日の取材・報道をお願いしたくご案内いたします。陸上いけす施設「アル フルザ」オープニング・セレモニー概要日時 2014年5月25日(日) 13: [全文を読む]

明治大学 震災復興支援センター宮城県気仙沼市と震災復興に関する協定の更新―5月31日(水)駿河台キャンパスで協定締結式実施―

@Press / 2017年05月26日15時45分

一方、気仙沼市からは、菅原茂市長より明治大学において復興の様子や大学・学生に期待していることなどについて講演していただいたほか、気仙沼市リアス・アーク美術館および同市の協力により、明治大学博物館において、東日本大震災の被害状況を伝える写真展を開催するなど、震災の記憶の風化防止と学生が被災地の復興について考える機会を提供頂きました。 気仙沼市の復興は、津波 [全文を読む]

自民党“震災政治利用“の本音を憲法学者・小林節が暴露!「自民党議員から『これで改憲の入り口が』と連絡」

リテラ / 2016年04月22日22時00分

たとえば、菅原茂気仙沼市長は、災害発生によって道路を塞いだ車両撤去などが災害対策基本法の改正によって可能になった点を挙げた上で、「緊急事態条項があれば、人の命が救えたのか。災害対策基本法の中にある災害緊急事態条項で十分だ」としている。このほか、奥山恵美子仙台市長も「自治体の権限強化が大事だ」、戸羽太陸前高田市長は「震災時は、国に権力を集中しても何にもなら [全文を読む]

カタールフレンド基金 「復興野菜元気プロジェクト」の活動報告会開催

PR TIMES / 2014年10月17日16時19分

」ハッサン書記官の挨拶に続き、カタールフレンド基金の親善大使である俳優の別所哲也さんがビデオメッセージで登場し、菅原茂 気仙沼市長、エコ食品健究会 久保正英代表理事をはじめ、来賓の方々、そして近隣地域の皆様に向けて、メッセージが伝えられました。その後、参加者の皆さまが育てた野菜を使った料理の試食と懇親会が行われました。 [全文を読む]

宮城県気仙沼で新しい漁業プロジェクトが始動

PR TIMES / 2014年06月10日16時57分

セレモニーには、菅原茂気仙沼市長をはじめとする行政関係者や漁業関係者、地元の小漁漁師など、約100名の来賓が参列しました。QFFの代表として参加したユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使は祝辞を述べた後、同施設の運営を担うFish Market 38 有限責任事業組合の代表組合員、吉田勝利氏に鍵のモチーフの記念品を手渡し、ともに完成を祝いまし [全文を読む]

『日本を見つけよう ~気仙沼~』10月3日(水) 気仙沼魚市場から初の生中継!!

PR TIMES / 2012年09月07日16時02分

少しずつかつての賑わいを取り戻しつつある秋の気仙沼魚市場から、市長の菅原茂氏をはじめとした市民の声や、この土地に伝わる、大漁を願うための歴史ある伝統芸能の力強いパフォーマンスなども交えながら、気仙沼自慢の海の幸をはじめとした美味しいフードやファッションアイテムなどを現地企業の皆さまとともにご紹介する予定です。 ショップチャンネルでは、復興のために前向きに努 [全文を読む]

フォーカス