藤田浩のニュース

讃岐、MF藤田浩平が一般女性と入籍

超ワールドサッカー / 2016年02月25日18時30分

▽J2の讃岐は25日、MF藤田浩平(26)が今月19日に入籍したことを発表した。相手は一般女性のため、氏名、年齢等については未公表となっている。▽藤田浩はクラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。「私事ですが、2月19日にかねてよりお付き合いさせて頂いていた女性と入籍しました。より一層責任感を持ち、チームの力になれるよう日々精進していきたいと思 [全文を読む]

発表! JAあおぞら世界戦略「ハラル認証お茶」9月26日より販売開始!

PR TIMES / 2014年09月28日09時48分

MHC株式会社のハラル認証を取得! 9月26日、あおぞら農業協同組合(本社:鹿児島県志布志市 経営管理委員会会長 内村常夫 代表理事理事長 藤田浩人)は日本有数の茶どころである地元・有明茶の「緑茶」「粉茶」にて、MHC株式会社(本社:東京都港区 社長:アクマル・アブ・ハッサン)によるハラル認証を取得したことを発表いたしました。 今後、日本及びアセアン・中東 [全文を読む]

「FUMIKO OKURI BIRTHDAY PARTY 2014」2月10日、日本橋で開催

@Press / 2014年02月06日17時00分

当日は、ゲストに株式会社フジタ水産 代表取締役・藤田浩毅氏、村田作戦株式会社 代表取締役/株式会社ガリバーインターナショナル 顧問・村田育生氏、一般社団法人埼玉県洋菓子協会 会長・大橋健二氏をお迎えし、トークショーを開催致します。また、Okuri Philharmonic Orchestraの皆様による生演奏や、ミシュランに連続で選ばれる銀座の有名店より [全文を読む]

無線LAN“タダ乗り”は無罪 地裁の判決に広がる波紋

文春オンライン / 2017年05月18日07時00分

電波法違反に問われていた松山市の無職・藤田浩史被告(32)に対し、東京地裁が言い渡していた無罪判決が、5月12日に確定した。 司法担当記者が解説する。 「被告は2014年、近所の男性が利用する無線LANの『暗号鍵(パスワード)』を解読し、インターネットを無断で使っていたとして電波法違反の罪に問われていました。電波法は『無線通信の秘密を無断使用した者』に対す [全文を読む]

「熟し芋」「うるわし和茶」が鹿児島県志布志市ふるさと納税に登場

PR TIMES / 2015年11月24日10時20分

宮下大輔×JAあおぞら 「六次産業化支援プロジェクト」 株式会社セリュックスホールディングス(本社:東京都港区 代表:大塚 啓)が農業支援ビジネスを行っている株式会社アグリ・エナジャイズ(本社:東京都三鷹市 代表:秋竹 慎一)とともに、あおぞら農業協同組合(鹿児島県志布志市有明町 理事長:藤田浩人 以下JAあおぞら)と連携した新たな事業として「六次産業化支 [全文を読む]

うるわしいほどの日本茶 鹿児島緑茶「うるわし和茶」販売開始

PR TIMES / 2015年06月13日10時17分

宮下大輔×JA あおぞら 「六次産業化支援プロジェクト」第二弾株式会社セリュックスホールディングス(本社:東京都港区 代表:大塚 啓)は、農業支援ビジネスを行っている株式会社アグリ・エナジャイズ(本社:東京都三鷹市 代表:秋竹慎一)とともに、あおぞら農業協同組合(鹿児島県志布志市有明町 理事長:藤田浩人 以下 JA あおぞら)と連携した新たな事業として「六 [全文を読む]

宮下大輔×JA あおぞら 黄金色のお芋スイーツ「熟し芋」

PR TIMES / 2015年03月06日20時07分

宮下大輔×JA あおぞら 「六次産業支援化プロジェクト」第一弾 株式会社セリュックスホールディングス(本社:東京都港区 代表:大塚 啓)は、農業支援ビジネスを行っている株式会社アグリ・エナジャイズ(本社:東京都三鷹市 代表:秋竹慎一)とともに、あおぞら農業協同組合(鹿児島県志布志市有明町 理事長:藤田浩人 以下 JA あおぞら)と連携した新たな事業として「 [全文を読む]

地方×東京 そして世界へ 宮下大輔×JA あおぞら 「六次産業化支援プロジェクト」開始

PR TIMES / 2015年02月24日18時03分

株式会社セリュックスホールディングス(本社:東京都港区 代表:大塚啓)は、農業支援ビジネスを行っている株式会社アグリ・エナジャイズ(本社:東京都三鷹市代表:秋竹慎一)とともに、あおぞら農業協同組合(鹿児島県志布志市有明町 理事長:藤田浩人 以下JAあおぞら)と連携した新たな事業として「六次産業化支援プロジェクト」を立ち上げ、JA あおぞらの新ブランド開発を [全文を読む]

室井滋がマグロ仲買人、麻薬Gメンなど、プロに斬り込んだ対談集

NEWSポストセブン / 2014年02月19日11時00分

高級本まぐろを扱うマグロ仲買人・藤田浩毅、潜入捜査やおとり捜査も経験した元麻薬Gメン・小林潔、東京スカイツリーのライトアップを担当した照明デザイナー・戸恒浩人など、著者が人選に携った「自分が生涯お目にかかることができないような人々」は多彩で、誰もみな一様に職人気質だ。4年半にわたった『婦人公論』連載記事の加筆修正版。 ※女性セブン2014年2月27日号 [全文を読む]

フォーカス