西島豊造のニュース

日本最大級のおこめの祭典「おこめまつり2012」イベント速報!

PR TIMES / 2012年11月20日09時31分

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------五つ星お米マイスター西島豊造氏による今年の新米解説が実施された開会式-------------------------------------- [全文を読む]

お米屋さん直伝! 「冷めてもおいしい」ごはんって?

NHKテキストビュー / 2017年03月10日17時00分

でも実際は、“おいしくなくなる調理”をしている場合が多いんです」こう語るのは、東京・目黒区の米専門店代表の西島豊造さん。「冷めても粒が立ち、のどごしがよくておいしいごはん」を楽しむために、西島さんがすすめる調理のコツとは?■1 米どうしの摩擦のみでサラサラ洗う現在のお米は昔より柔らかく、精米もしっかりされているので、「たなごころ(手のひら)でギュッギュッ」 [全文を読む]

三ツ星シェフも大絶賛のおいしいごはんが食べられる!期間限定店舗「食べ比べ亭」が銀座にオープン

Woman Insight / 2015年06月04日11時30分

そんな、私たちの食生活に欠かせない『ごはん』ですが、パナソニックから発売になったスチーム&可変圧力IHジャー炊飯器『Wおどり炊き』で炊いたごはんがおいしい! と話題になっているのを、ご存じでしたか? あのミシュラン三つ星の日本料理店「かんだ」の神田裕行さん、料理評論家の山本益博さん、お米マイスターの西島豊造さん、澁谷梨絵さんなど、食の有識者の方々も、米が [全文を読む]

五つ星お米マイスター 米選びのポイントは精米日やのぞき窓

NEWSポストセブン / 2013年11月03日16時01分

五つ星お米マイスター『スズノブ』の西島豊造さんがおいしい米を選ぶためのポイントを指南する。 【ポイント1】:子供が「おいしい」という米が家庭に合う米 「子供は価格やブランドではなく『おいしいかどうか』で選ぶので、子供が食べない米は家庭に合わないと思っていい。小学校高学年~高校生くらいなら濃厚で満腹感が得られる粘りの強い米が好まれます」(西島さん・以下同) [全文を読む]

高級ブランド米「魚沼産コシヒカリ」は朝ごはんには合わない?

太田出版ケトルニュース / 2013年10月04日08時40分

店主の西島豊造さんは、お客さんごとにピッタリなお米を選び出してくれます。 * * * 「従来の米屋は地域密着型が多かったために、接客にあまり熱心ではなかった。でも、お客さんのライフスタイルや嗜好によって、口に合うお米は全部違うはず。せっかく米屋はたくさんのブランドをそろえているのだから、僕は“お米のソムリエ”を目指すことにしたんです」 そう語るのは、東急東 [全文を読む]

調査で特Aに選ばれた米 山形「つや姫」、栃木「なすひかり」他

NEWSポストセブン / 2013年03月12日07時00分

最高ランクとされる「特A」にランクインした銘柄を、料理研究家・タレントの宮前真樹さんと五ツ星お米マイスターの西島豊造さんに食べ比べてもらった。 【森のくまさん(熊本)】(1180円/2kg)交配:ヒノヒカリ×コシヒカリ ヒノヒカリとコシヒカリ、王道と王道を掛け合わせた米。粘りがあり、光沢がある。冷めてもおいしい。1996 年に熊本で誕生。 「口に入れると、 [全文を読む]

米の食味ランキング1位・熊本産「森のくまさん」売切れ続出

NEWSポストセブン / 2013年03月08日07時00分

タイ米を食べた思い出のある人も多いのでは? お米の五ツ星マイスター・西島豊造さんはこう語る。 「そこで、寒さや病気に強い品種への改良が加速化されました。それに、多様な品種を作付けすれば、リスクヘッジになります。また、1993年は米の一部自由化が行われたため、各県・各団体などが“環境に合わせたおいしい米を作らなければ”と考え、品種改良に努めてきました。改良の [全文を読む]

おコメが美味しく炊ける7か条を五ツ星お米マイスターが伝授

NEWSポストセブン / 2012年11月18日07時00分

そこで美味しいコメの炊き方を東京・目黒の米穀専門店「スズノブ」の社長で、五ツ星お米マイスターの資格を持つ西島豊造氏に聞いた。 【1】正確に量る 目分量ではなく必ず計量カップを使う。カップにコメを山盛りにし、箸をカップの口に滑らせてあふれたコメを取り除けばきっちりと量ることができる。 【2】汚れを洗い流す すべてのコメが水に浸かるように軽く1~2回かき混ぜ、 [全文を読む]

美味いコメとは何かを品評会主催の食味鑑定士協会会長が解説

NEWSポストセブン / 2012年11月13日16時00分

東京目黒区にある米穀専門店「スズノブ」の社長で、五ツ星お米マイスターの資格を持つ西島豊造氏は、こう話す。「コシヒカリは土壌や気候に対する適応性が高く日本全国で作られている。そのため価格競争が激しくなり、ブランド化して価値を高めないと生き残れなくなってきた。その結果、地域性を押し出した美味しいブランド米が数多く生産されるようになったのです」 今後、環太平洋戦 [全文を読む]

無洗米をおいしく炊く方法などお米に関する疑問を専門家解説

NEWSポストセブン / 2012年10月09日07時00分

今回質問に答えてくれたのが、五ツ星お米マイスター西島豊造さんと雑穀クリエイター田中雅子さん。 Q.新米って水加減を少なくしたほうがいいの? A. いつもと同じ水加減でOKです。 「新米は水分が多いと思われがちですが、今はお米の水分量は一定に保たれているので、新米だからといって水加減を少なくする必要はありません」(西島さん) Q.無洗米って本当にとがなくてい [全文を読む]

日本の米 収穫量TOP3はコシヒカリ、ひとめぼれ、ヒノヒカリ

NEWSポストセブン / 2012年10月08日07時00分

米穀専門店「スズノブ」店主の西島豊造さんは、五ツ星お米マイスター。西島さんによれば最近、各産地からおいしい米が続々と登場しているという。 「10年前の常識は、おいしい米=コシヒカリ。もちっと甘みのある味の人気が高く、他の米は太刀打ちできませんでした。しかし、温暖化が深刻になるにつれ、一品種に頼るのはリスクが高いと問題に。そこで、各産地で“コシヒカリに勝る [全文を読む]

フォーカス