西村修のニュース

【プロレス対談】西村修×永島勝司「今だから語れるアントニオ猪木引退の真相」

デイリーニュースオンライン / 2016年03月29日18時04分

第一回目のゲストは現役生活25年目にして文京区区議会議員を西村修が登場ーー。 ■修がいきなりガンジス川入るって、オレ、止めたよな? 永島「久し振りだねぇ、半年振りかな? 修……。相変わらず元気そうで安心したよ!」 西村「永島さんこそ、まだまだ現役ですね」 永島「ハッハッ! 死ぬまで現役さぁ! ところで、修はレスラーになって何年になる?」 西村「もう、25年 [全文を読む]

俺の趣味! 第14回 西村修 葉巻を語る! 「男は格好をつける生き物。葉巻は洒落たダンディの嗜みです」

週プレNEWS / 2015年01月15日15時00分

東京・文京区の区議会議員との二足のワラジで闘う西村修。ダンディな“無我の哲人”が、葉巻の嗜(たしな)み方を伝授してくれた! *** ホテルのバーで好きな酒を選び、好きな葉巻をくゆらす。それが私にとって至福の時間です。 初めて葉巻を体験したのは1997年、ドイツのCWAという団体の巡業に参加していたとき。私の誕生日にデューク・ザ・ダンプスターというレスラーが [全文を読む]

[新人戦]初出場・倉敷翠松、MF西村が逆転劇締めくくる決勝ゴール

ゲキサカ / 2017年03月19日00時43分

中国大会初出場の倉敷翠松高は0-2から追いつくと、後半終了間際にMF西村修人(新3年)がチームを中国大会初勝利へ導く決勝点を決める。 MF戸田啓太(新3年)の左CKをファーサイドのCB山本航大主将(新3年)が頭で折り返す。これを中央へ飛び込んだ西村がスライディングシュートで押し込んだ。チームの逆転劇を締めくくる劇的ゴール。背番号11は満面の笑みで走り出すと [全文を読む]

[新人戦]中国大会が開幕、前回準優勝の瀬戸内、初出場の倉敷翠松、プレミア勢の米子北などが初戦突破

ゲキサカ / 2017年03月18日21時46分

中国大会初出場の倉敷翠松高(岡山2)は後半終了間際にMF西村修人が決勝点を奪って鳥取城北高(鳥取2)に3-2で逆転勝ちした。 今年、プレミアリーグWESTに参戦する米子北高(鳥取1)は広島観音高(広島3)に1-0で勝利。立正大淞南高(島根1)は豊浦高(山口3)に4-0で快勝し、岡山学芸館高(岡山1)は大社高(島根2)に2-1で競り勝った。その他、境高(鳥取 [全文を読む]

高田延彦の安倍・安保法制批判ツイッターが話題! 元スポーツ選手には珍しい反権力姿勢

リテラ / 2015年07月13日08時00分

アントニオ猪木を筆頭に、馳浩、大仁田厚、グレート・サスケ、神取忍、西村修など、政治家に転身した元プロレスラーも数多い。だが、その多くが自民党だったり、保守的な色合いが濃いのが特徴だった。リングの上の勇ましさとは裏腹に権力に媚びる姿勢ばかりが目立っていた。 [全文を読む]

魔界少女拳の新感覚エンタメショー「魔界錬闘会」2015年シリーズが豪快に開幕!

okmusic UP's / 2015年02月05日17時00分

【その他の画像】魔界少女拳毎回、役者・ミュージシャン・プロレスラーといった様々な顔ぶれが並ぶショーで、この日の出演者の中には、AKIRA、西村修などプロレス業界でも名だたる選手が出演ということもあり、チケットは早々に完売。急遽立ち見席を追加するなどし、会場は観客で溢れかえっていた。 今回、このショーに7弦&8弦ギタリストのISAOと地獄カルテットの小林信 [全文を読む]

魔界少女拳、新年一発目の「魔界錬闘会」は多方面からのゲストが主演

okmusic UP's / 2015年01月03日12時00分

今回のゲストとして、音楽界からは7弦&8弦ギタリストのISAOをはじめ、地獄カルテットとしても有名なギタリストの小林信一、演劇界からは舞台「戦国BASARA」にも出演した松村龍之介、そして格闘技界からはWRESTLE-1のAKIRAや西村修という多方面からの出演が決定。 2015年一発目は、1月31日(土)18:00から新木場1stRINGにて開演。今後 [全文を読む]

大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部と大阪府枚方土木事務所が包括連携協定

PR TIMES / 2014年10月10日20時27分

協定締結式には、大阪府枚方土木事務所から小寺康裕所長、礒村勉事務次長、西村修一技術次長、神田祥司参事兼地域支援・企画課長が出席、本学からは、川村幸治副学長、藤川博史大阪国際学園地域連携室長、世戸俊男地域協働センター長、村田康博地域連携室次長が出席した。 締結に先立ち、小寺所長が、「これまでの右肩上がりの社会経済を前提にしていては立ち行かない時代を迎え、様 [全文を読む]

ドリー&テリー兄弟「“ザ・ファンクス”22年ぶり復活リングまでのスピニング・トー・ホールド人生」

アサ芸プラス / 2013年11月06日09時59分

今回の復活試合(対渕正信・西村修戦)はドリーのエルボー・スマッシュと、テリーのサウスポーのパンチ、スピニング・トー・ホールドが見られればそれでOKっていう感じだったんじゃないでしょうか」 前出・ターザン氏も、 「今の40~50代は当時、青春時代の真っ盛り。誰もがプロレスに熱狂していた時代です。この年代は過去に生きる傾向がありますから、ドリー&テリーは強烈に [全文を読む]

ジョーンズ ラング ラサール 三菱地所レジデンスの高層マンションをアジアの投資家に販売「ザ・パークハウス 新宿タワー」―商談会をシンガポールで実施―

PR TIMES / 2012年11月28日14時25分

三菱地所レジデンス 街開発事業部 販売グループ統括 西村修一氏は、「『ザ・パークハウス 新宿タワー』は、新宿駅から徒歩15分という交通至便な立地に位置する、1LDK~3LDKの多様なプランに高品質な仕様設備を装備した20階建て免震タワーマンションです。当開発敷地内には、スーパーや医療施設があり、充実した生活環境となっています。」と述べています。 JLL国 [全文を読む]

フォーカス