西村朗のニュース

「日本のヴィオラ傑作集」新宿にて10月18日(日)15時開演。伊藤美香のヴィオラ、中川俊郎のピアノ、西耕一の企画により矢代秋雄の幻のヴィオラ・ソナタが上演される。

DreamNews / 2015年09月24日10時00分

演奏は西村朗のヴィオラ協奏曲のソロで絶賛された伊藤美香。鍛えぬかれた耳と柔軟な思考を持つ中川俊郎のピアノでお届けする。企画は音楽評論の西耕一。幻の傑作とされる矢代秋雄(1929-1976)のヴィオラ・ソナタの上演は音楽関係者から注目されている。スリーシェルズはWINDS CAFEと共催で10月18日に「日本のヴィオラ傑作集」を開催する。日本で最初に作られた [全文を読む]

【再発見!日本の現代音楽】 CD「日本の絃楽オーケストラ傑作集」10月22日発売。 珠玉の映画音楽や幻の作品を次世代を担うスペシャリストによる演奏でお届けする。

DreamNews / 2014年09月18日09時30分

今回は芥川也寸志、黛敏郎、松村禎三、水野修孝、池辺晋一郎、西村朗…。日本の現代音楽ファンならば誰もが知る綺羅星の如き作曲家たちの名品が結集。 アジアの血潮を沸き立たせ、悠久の歴史へ思いを馳せる黛《カプリチオ》。ヴィブラフォン、フルート、弦楽による得も言われぬ音響空間が味わえる水野《満月の夜に》。あまりに美しく、あまりに悲しい松村音楽の逸品《明日》。軽快な [全文を読む]

楽譜ってなんだろう?! 『1冊でわかるポケット教養シリーズ 楽譜をまるごと読み解く本』 4月22日発売!

PR TIMES / 2017年04月17日14時13分

著書に『リゲティ、ベリオ、ブーレーズ 前衛の終焉と現代音楽のゆくえ』 『ファンダメンタルな楽曲分析入門』(ともに音楽之友社)、 『光の雅歌 西村朗の音楽』(春秋社、西村朗との共著)、 『日本戦後音楽史 上・下』(平凡社、共著)など。 2008年から2009年にかけてハーヴァード大学研究員。2017年現在、桐朋学園大学教授。 [全文を読む]

国際メディアコンクールでフジテレビがトリプル受賞

Smartザテレビジョン / 2017年04月26日20時48分

■ 「ザ・ノンフィクション『わ・す・れ・な・い 明日に向かって~運命の少年』」【プロデューサー・西村朗氏(フジテレビ情報企画部)】あの大震災から6年がたち、われわれ伝える側もその取り組み方に苦悩する中で、海外の制作者からこのドキュメンタリーを評価してもらえたことは大きな励みになります。被災した方々と向き合い続けたディレクターたちの努力が報われ、とてもうれし [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

同年6月にはサントリーホール委嘱による『触知できない領域~チェロとピアノのための~』、10月にはサントリー芸術財団主催「作曲家の個展2016」において、『管弦楽のための「時の歪み」』、西村朗氏との共作による『ピアノ協奏曲〈クロッシングA・I〉』が立て続けに初演され、いずれも圧倒的な成功を収めた。第13回中島健蔵音楽賞、芸術選奨文部大臣新人賞、第11回京都音 [全文を読む]

2016年10月8日(土)「マキシマム」 ~楽器と電子音響の極限の出逢い~ スリーシェルズ所属の磯部英彬プロデュース開催

DreamNews / 2016年09月21日16時30分

作曲を池辺晋一郎、糀場富美子、西村朗、藤原豊の各氏に指示。在学中に東京音楽大学学長賞受賞。2006年武生作曲賞入選、2010年名古屋文化振興賞受賞。東京音楽大学研究員及びTokyo Ensemnable Factory代表。横山真男 Masao YOKOYAMA 1973年広島生まれ(その後東京、現埼玉) 4歳よりヴァイオリン、10歳よりチェロを始める。早 [全文を読む]

7月13日渋谷にて作曲家・芥川也寸志の弦楽オーケストラ個展開催。大河ドラマ「赤穂浪士のテーマ」や映画「ゼロの焦点」「鬼畜」や芥川の最高傑作とも呼び声の高いトリプティークの演奏も含む。

DreamNews / 2016年06月28日14時30分

また、西村朗氏の「ヴィオラ協奏曲」、水野修孝氏の「ヴィオラ協奏曲」(初演)を、水戸博之氏指揮によるオーケストラ・トリプティークと共演。これまでにヴィオラを兎束俊之、室内楽を河合訓子、浦川宜也、ドミトリー・フェイギンの各氏に師事。星光3 歳よりヴァイオリンをはじめ久保田良作、久保良治、掛谷洋三、三戸康夫、ヴィオラを兎束俊之、河合訓子、百武由紀、惠谷真紀子、室 [全文を読む]

【伊福部昭生誕100年記念CD】 「絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠」 水戸博之指揮、オーケストラ・トリプティーク第3回演奏会 (2015年1月1日・スリーシェルズより発売)

DreamNews / 2014年11月19日09時00分

また、西村朗氏の「ヴィオラ協奏曲」、水野修孝氏の「ヴィオラ協奏曲」(初演)を水戸博之氏指揮によるオーケストラ・トリプティークと共演。これまでにヴィオラを兎束俊之、室内楽を河合訓子、浦川宜也、ドミトリー・フェイギン、ヴァイオリンを鈴木稔、 田尻かをり、大谷康子の各氏に師事。新箏 藤川いずみ(ふじかわいずみ)新箏(にいごと/21絃)ソリストとしてオーケストラ、 [全文を読む]

【日本合唱曲全集】アルバム33タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年10月22日10時00分

発売商品■マザーグースの歌/青島広志作品集 (15 曲収録) MSCL-60440 価格¥2,000+ 税■枯木と太陽の歌/石井歓作品集 (13 曲収録) MSCL-60441 価格¥2,000+ 税■愛の風船/大中恩作品集 2 (15 曲収録) MSCL-60442 価格¥2,000+ 税■落葉松/小林秀雄作品集 (14 曲収録) MSCL-60443 [全文を読む]

【音で味わう日本の美】 伊福部昭生誕100年記念「絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠たち」 9月13日(土)東京・浜離宮朝日ホールにて開催

DreamNews / 2014年08月21日10時00分

別宮貞雄作曲「ヴィオラ協奏曲」を井上道義氏指揮によるオーケストラ・アンサンブル金沢と共演、西村朗作曲「ヴィオラ協奏曲」を水戸博之氏指揮によるオーケストラ・トリプティーク(第二回演奏会)と共演。これまでにヴィオラを兎束俊之、室内楽を河合訓子、浦川宜也、ドミトリー・フェイギン、ヴァイオリンを鈴木稔、田尻かをり、大谷康子の各氏に師事。 箏 藤川いずみ(ふじかわ・ [全文を読む]

フォーカス