足利直義のニュース

乱のデパート室町時代から新たな展開! 新書『観応の擾乱』に発売前から期待が高すぎて止まらない

おたぽる / 2017年06月08日21時00分

ながらく自分を支えてきた弟・足利直義と家臣・高師直との対立である。文の直義に対し武の師直。体制が安定に向かえば、それぞれに抱える手下の都合もあって対立は当然。 結果、どちらにつくか、そして、どちらを切るかを決心せざるを得なくなる尊氏の苦悩。さらには、直義の養子になってた尊氏の庶子・直冬(ようは妾の子)の愛憎などが絡み合う……それら昼ドラのごとき泥沼が戦乱を [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

1338年に征夷大将軍に任ぜられ、後醍醐天皇の南朝と抗争を続けつつ、身内の足利直義と高師直が対立を深めていった時期です。 楠木正成の嫡男、小楠公こと楠木正行が父の遺志を継いで南朝方として四條畷の戦いに臨み、敗れて自害したのが1348年。22歳でした。 「戦国時代の三大武将」の40歳はどうだったのか ◎織田信長(1534年-1582年6月21日) 織田信長公 [全文を読む]

【世界遺産】ふだんは見ることもできない、非公開の京都の寺院に泊まる旅5軒

TABIZINE / 2017年02月12日12時00分

【1日目】 13:30 チェックイン 15:00 仏殿にて坐禅体験 15:45 方丈にて写経体験 17:00 夕食(普茶料理解説) 【2日目】 7:00 仏前にて坐禅・読経体験 8:00 朝食 9:30 自由散策 11:30 チェックアウト <施設> トイレ/有・洗面所/有・風呂/有・シャワー/有 冷暖房/有、ベッド/無(和式布団を利用) 、無料WiFi [全文を読む]

尊氏はこんなにムチャクチャだった。学校で教えてくれない南北朝時代

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日08時00分

足利直義はさすがに驚き、土岐を死刑にした。これを聞いた武士たちは大いに恐れ入って、「上皇に出会ってさえ馬から下りなければならないのであれば、両御所(尊氏、直義)に出会ったときは地面に這いつくばらねばいけないのだろうか」とささやき合ったという。 (p 175) 上皇よりも尊氏などの方が偉いと思っている無知ぶりである。「神皇正統記」を戦いの合間に写しては読ん [全文を読む]

頼朝、尊氏、信玄 肖像画が別人だった理由を教科書会社解説

NEWSポストセブン / 2014年11月23日07時00分

ところがこの肖像画の人物は今では歴史学者の研究によって、頼朝ではなく足利尊氏の弟の足利直義(ただよし)とする説が有力になりました」 東京書籍の小学生向け『新しい社会 6上』では、この肖像画に代わり鎌倉の鶴岡八幡宮に伝えられた「伝源頼朝坐像」を源頼朝として掲載している。その姿はだいぶふっくらし、我々の慣れ親しんだ頼朝とは全くの別人だ。 別人と判明した人物は源 [全文を読む]

aura あなたは誰を導く星になる――? 「明星の華~太平記異聞~」 女性向け無料恋愛シミュレーションゲーム Mobage・mixiにて配信開始!

PR TIMES / 2014年03月12日13時51分

<キャラクター>【謎に満ちた天才軍略家】楠木正成【鎌倉を攻め落とした男】新田義貞【鎌倉武士の誇りを貫く】北条仲時【鎌倉幕府最後の執権】北条守時【栄光と悲劇の皇子】護良親王【元祖バサラ大名】佐々木道誉【足利幕府の副将軍】足利直義【南北朝時代最強の武将】北畠顕家【悪と色のインテリ執事】高師直【随筆『徒然草』の作者】吉田兼好<ゲーム画面><『明星の華~太平記異聞 [全文を読む]

aura あなたは誰を導く星になる――? 「明星の華~太平記異聞~」 女性向け無料恋愛シミュレーションゲーム GREE版アプリにて配信開始!

PR TIMES / 2014年02月28日12時55分

<キャラクター>【謎に満ちた天才軍略家】楠木正成【鎌倉を攻め落とした男】新田義貞【鎌倉武士の誇りを貫く】北条仲時【鎌倉幕府最後の執権】北条守時【栄光と悲劇の皇子】護良親王【元祖バサラ大名】佐々木道誉【足利幕府の副将軍】足利直義【南北朝時代最強の武将】北畠顕家【悪と色のインテリ執事】高師直【随筆『徒然草』の作者】吉田兼好<ゲーム画面><『明星の華~太平記異聞 [全文を読む]

フォーカス