野村謙のニュース

2017年2月1日DVD発売!! アメリカからやってきた人気モータースポーツ“FORMULA DRIFT JAPAN(フォーミュラ・ドリフト・ジャパン)”の2016年シーズン総集編DVD!!

DreamNews / 2017年01月31日13時00分

世界中で盛りあがりを見せた“FORMULA DRIFT JAPAN”2016シーズンがこのDVD1枚に凝縮されています!【価格】 1,000円(税込) 【収録内容】 [本編] ・Rd.1 鈴鹿ツインサーキット 3月12,13日 ・Rd.2 エビスサーキット 西コース 5月12,22日 ・Rd.3 岡山国際サーキット 8月20,21日 ・Rd.4 奥伊吹モー [全文を読む]

ガルパン痛車が“地元・茨城県”でD1GP初勝利!

Walkerplus / 2016年06月27日07時42分

午前中に行われた、午後の追走トーナメントの組み合わせを決める「単走決勝」では、最年長で人気の野村謙と、軽量マシンであるユーノス・ロードスターを操る岩井照宣が活躍!特に岩井は自身初となる単走優勝を果たした。いっぽう、斉藤大吾を止める最有力候補、昨年のディフェンディング・チャンピオンである川畑真人は単走11位に沈んだ。 午後の追走トーナメントは、波乱の展開。 [全文を読む]

スーパースターのむけん、待望の復活!【D1GP第2戦】

clicccar / 2016年04月28日20時33分

“のむけん”こと野村謙選手は、押しも押されもしないD1GPトップ選手のひとりでしたが、4、5年前からマシンのポテンシャルが後れをとり、低迷が始まりました。 その後86にマシンチェンジするもののまともに走らず、昨年はふたたびスカイライン(ただしトヨタの2JZエンジン搭載)にもどしました。 しかし、これまたマシンの熟成が進まず、本人の練習不足もあって、けっき [全文を読む]

世界屈指のラリーレーサー ケン・ブロックとD1GPドライバー川畑真人による 世紀のドリフト合戦!勝者は・・・? 約8,500名を前に、土屋アンナさんが生歌を披露!

PR TIMES / 2014年07月07日19時02分

開催概要|KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE日時 :2014年7月6日(日) 10:00~18:00会場 :中部国際空港セントレア臨時駐車場・特設会場出演者 :KEN BLOCK今村陽一、上野高広、内海彰乃、川畑真人、熊久保信重、佐久間達也、末永直登、手塚強、時田雅義、野村謙、日比野哲也、松川和也加賀晃(FMXライダー)、釘村孝太( [全文を読む]

世界屈指のラリードライバー“ケン・ブロック”の来日を記念し、[Alexandros]とTOTALFATのライブが決定

okmusic UP's / 2014年06月06日13時00分

■「Monster Energy presents KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE with D1GP」開催日時:7月6日(日) 時間:10:00~18:00 会場:中部国際空港セントレア臨時駐車場・特設会場 主催:KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE実行委員会 協力:D1コーポレーション 参戦ドライバー: [全文を読む]

Monster Energy presents KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE with D1GP

PR TIMES / 2014年06月05日15時23分

■イベント開催概要名称 :Monster Energy presents KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE with D1GP開催日時:2014年7月6日(日) 時間:10:00~18:00会場 :中部国際空港セントレア臨時駐車場・特設会場主催:KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE実行委員会協力:D1コーポレ [全文を読む]

「公益社団法人 助けあいジャパン」 理事変更・東京事務所移転のお知らせ

PR TIMES / 2014年05月12日11時02分

【現状の理事体制】2011 年 8 月 29 日~2014 年 5 月 11 日会長 佐藤尚之(52 歳)副会長 石川淳哉(51 歳)代表理事 野田祐機(31 歳)(理事平均年齢 44 歳)【今後の理事体制】2014 年 5 月 12 日~代表理事 野田祐機(31 歳)・・・再任、復興・防災事業統括専務理事 野村謙次(37 歳)・・・新任、岩手県、宮城県、 [全文を読む]

​海外サイトが選んだ「日本の有名な野球選手」がスゴい! 板東英二から正岡子規まで

AOLニュース / 2013年08月23日14時42分

さらに、なぜかD1ドライバーの野村謙氏の名前まで。Wikipediaによると確かに元野球少年ではあったようだが、何がどう転んで「有名野球選手」くくりに入れられてしまったのかは謎だ。 極めつけは、まさかまさかのMasaoka Shiki(正岡子規)降臨! しかも画像が石碑(渋すぎ)!! 確かに、アメリカ発祥のベースボールを自らプレーし、また野球を題材とした [全文を読む]

フォーカス