野村雅之のニュース

「1年目からバリバリ試合に出るつもり」浦和加入内定の作陽MF伊藤涼太郎が会見

ゲキサカ / 2015年10月05日15時20分

作陽の松野英雄校長、同校サッカー部の野村雅之監督、浦和の宮崎義正スカウト部長、山田暢久スカウトとともに会見に臨んだ伊藤は、「小さい頃からの夢が一つ叶ってうれしいですけど、まだ一つ叶っただけ。僕は強気でいって、1年目からバリバリ試合に出るつもりです。本気で1年目から試合に出たいと思っているので、応援よろしくお願いします」と決意を語った。 また、山田スカウト [全文を読む]

[総体]選手権で「やばい」ゴール決めた作陽の10番・伊藤涼太郎、最終学年迎えたエースの成長、責任感

ゲキサカ / 2015年05月26日07時00分

作陽の野村雅之監督は、最終学年を迎えたエースの成長を「責任感」という言葉で表現する。「もともとテクニックがあり、トリッキーなプレーも見せていたけれど、チーム全体の状況を考えて、リスクを考えた上で、決定的な仕事ができるようになった」ことで、背番号10にふさわしいプレーが増えた。今年3月のサニックス杯のU-17日本代表に選出されるなど、Jクラブのアカデミーの [全文を読む]

[選手権]流経柏が作陽との死闘制す…2-0から逆転許すも後半ATに追いつきPK戦勝利

ゲキサカ / 2014年12月31日17時50分

さらに前半28分には「ケガをしていてフル出場は難しい」(野村雅之監督)というFW浜野雄太(3年)を投入し、一気に流れを引き寄せた。 1-2で折り返した後半4分、MF伊藤涼太郎(2年)の左CKからゴール前にこぼれたボールを山下が倒れ込みながら左足でシュート。決定的な場面だったが、ボールはクロスバーの上を越える。流通経済大柏も同7分、後半開始から途中出場したM [全文を読む]

[選手権]ユース取材ライター陣による「選手権展望」vol.4

ゲキサカ / 2014年12月28日07時00分

主力MF相澤祥太をスーパーサブとして起用し、後半にギアを上げるのが現在の流経大柏の勝ちパターンだが、作陽を率いるのは高校サッカー界きっての策士・野村雅之監督で、対策を練らないわけがない。ハーフタイムの立て直しも多く、前半が不調でも後半に立て直すことが珍しくない。流経大柏が前半に「これはいける」と踏んだら、むしろ危ないだろう。作陽には注目の2年生MF伊藤涼太 [全文を読む]

[MOM1176]作陽FW美馬翔太(3年)_献身性光る主砲、今大会チーム全得点たたき出す

ゲキサカ / 2014年11月02日09時03分

野村雅之監督が「とにかく献身的。精度が高くない部分もあるけど、それを補うだけのチームへの献身性がある」と語る持ち味を、この日も遺憾なく発揮した。開始直後から前線を幅広く動き回り、攻撃では前線でのポストワークやスペースへのラン、守備では素早い切り替えやプレスバックを忠実に遂行。前半に何度かあった追加点のチャンスを逃し、「あれを決められないのが課題」と反省も [全文を読む]

[選手権予選]2年ぶり全国へ、後半押し込まれるも作陽が岡山学芸館退ける:岡山

ゲキサカ / 2014年11月01日22時59分

野村雅之監督が「後半は、ずっとペースを握られた」と振り返った通り、作陽は相手の攻勢に耐える時間が長かったものの、2年ぶりの出場に向けて一歩前進した。 野村監督が「イメージ通りだった」と振り返った前半の作陽は、攻守の切り替えの早さで相手を上回り、ボールを支配して優勢に進める。14分(40分ハーフ)には、相手守備陣の寄せが一瞬、遅くなった隙を突いて、FW美馬翔 [全文を読む]

フォーカス