関口一郎のニュース

スタバ、コメダをしのぐ茨城の個人カフェ

プレジデントオンライン / 2017年05月11日09時15分

開業当初、喫茶店店主(マスター)のバイブルと言われた『月刊 喫茶店経営』(柴田書店)を愛読していた鈴木氏は、同誌に載った銀座の名店「カフェ・ド・ランブル」(1948年創業)店主・関口一郎氏(御年100歳を超えた業界最長老)の記事で「自家焙煎」を知り、興味を持つ。それ以来、コーヒー豆の栽培から焙煎まで独自に学び続け、海外のコーヒー生産地に足を運んで店の味を [全文を読む]

ATELIER MUJI『新生活のスイッチ -僕たちが出会った新生活』展 開催のお知らせ

PR TIMES / 2017年03月17日15時29分

インタビューゲスト永木卓・恭子・律(ガラス作家・家族)、江口宏志(本好き・蒸留家見習い)、志賀直邦(銀座たくみ 代表取締役社長)、関口一郎(カフェ・ド・ランブル 店主)、松村壮太郎(日本刀研師)、山本千織(料理人 chioben)、Eunice Luk(アーティスト)インタビュアーL PACK. エルパック小田桐奨と中嶋哲矢によるユニット。アート、デザイン [全文を読む]

最高のコーヒーを味わってますか? 『珈琲ぴあ』本日発売

PR TIMES / 2016年09月28日13時01分

[画像1: http://prtimes.jp/i/11710/271/resize/d11710-271-951834-0.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/11710/271/resize/d11710-271-740870-1.jpg ]<CONTENTS>コーヒーを愛する人々コーヒー好きの著名人に聞く Coffee Lo [全文を読む]

1つのものにこだわる日本人は愚か?それとも匠の精神?中国ネットは「日本人のことを高く評価したい」「この種の匠の精神は尊敬に値する」と高評価

Record China / 2016年07月24日19時00分

記事は、カフェ・ド・ランブルの店主である関口一郎さんが、コーヒーしか売らずコーヒー一筋で40歳から60年以上店を続けてきたことを紹介。ほかにも、過去には葛飾北斎も浮世絵に一生を捧げたことを挙げ、愚かなまでに執拗に1つのことを追求するのが日本の匠の精神だと主張した。 これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 「日本人は愚かだ。世 [全文を読む]

ノーベル賞コース 川越高校系譜抄

クオリティ埼玉 / 2015年10月08日16時24分

ちなみに埼玉県政界でも、副知事の塩川氏、また前副知事橋本氏、古くは土屋知事時代の関口一郎氏も同校出身。関口氏は10年前の叙勲の挨拶の中で、自ら「私は名門川越高校を卒業し・・・」とまで述べた。 県西部地区の市長もほとんどが川越高校卒だ。地元川越の川合氏、入間市の田中氏、所沢市の藤本氏、坂戸市の石川氏などキラ星の如く並んでいる。元衆議院議員で副大臣までつとめ [全文を読む]

大卒後28歳で徴兵された元陸軍兵 東京大空襲の経験振り返る

NEWSポストセブン / 2013年10月02日07時00分

証言者:関口一郎(99) 元陸軍東部第1900部隊兵長 大正3年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東芝研究所を経て28歳で徴兵。東部第1900部隊に配属。高射砲部隊兵器修理班兵長として終戦を迎えた。 * * * 東京の本郷連隊区から召集令状が届けられたのは昭和17年の初夏だった。覚悟はしていたが、まるで死刑宣告を受けたような気分だった。 配属された高射砲 [全文を読む]

フォーカス