阿久津幸彦のニュース

熊本の被災者・支援団体・行政等の“つなぎ役”を支援

PR TIMES / 2017年04月07日14時51分

JPF地域事業部長 阿久津幸彦は、「KVOADとJPFが連携して地域の「連携促進団体」を支援することで、震災から1年経つ熊本において刻々と変化する被災地のニーズと支援のもれを的確に把握し、地元主体のきめ細かな復興が実現するようともに歩んでいきたいと思います」と述べています。 [全文を読む]

熊本で復興支援に従事する団体(非営利)に活動費助成 3月17日に熊本市内で説明会 助成申請は4月3日〆切

PR TIMES / 2017年03月14日12時47分

JPFはこれまでの国内外における支援経験を生かし、また過去に復興支援に携わってきた方々の力を結集し、熊本の地元団体が過去の災害からの知見や経験をいかして今後復興の主体となっていけるよう支援していきます」と、JPF地域事業部 阿久津幸彦部長は述べています。【助成概要】●助成対象となる事業期間:2017年6月1日~11月30日●対象となる団体・グループ:熊本地 [全文を読む]

ジャパン・プラットフォーム 熊本地震被災者支援方針を緊急対応から、「地域力強化」へ

PR TIMES / 2016年09月29日09時44分

海外における支援と国内での支援経験を存分に生かし、熊本地震対応はもちろん、今後の大きな国内災害を見据えた地域力の強化を目指し、引き続き皆様からのご寄付を最大限活用していきます」と、JPF国内事業部長 阿久津幸彦は述べています。 [全文を読む]

10月13日開催 ジャパン・プラットフォーム企業向けセミナー2016「今だから求められる福島支援とは~避難指示解除/子ども/産業/企業連携~」

PR TIMES / 2016年09月28日09時23分

ぜひ企業とJPFが協力して福島支援を強化することができるよう、奮ってご参加いただきたくお願い申し上げます」と、JPF国内事業部部長の阿久津幸彦は述べています。※1:2016年8 月30日 復興庁発表(2016年7月12日現在)※2:2016年6月30日 復興庁発表(2016年3月31日現在)10月13日開催 JPF企業向けセミナー2016「今だから求められ [全文を読む]

「熊本地震 次に求められることは?~JPFの被災者支援方針:緊急対応から人材育成へ~」

PR TIMES / 2016年09月10日11時05分

また、災害時において、企業、メディア、NGOの連携が益々重要になってきている中、当日は、熊本地震対応はもちろん、今後の大きな国内災害を見据え、登壇者や参加者が情報共有できる場となれば幸いです」と、JPF国内事業部長 阿久津幸彦は述べています。9月28日開催 ジャパン・プラットフォーム活動報告会「熊本地震 次に求められることは?~JPFの被災者支援方針:緊急 [全文を読む]

緊急人道支援の国際NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)『国際NGOと福島の談話タイム -忘れない、福島こころのケア続けるプロジェクト-』開催

PR TIMES / 2016年02月29日19時30分

震災から6年目を迎えるこの時期、桜の咲き始める東京で、福島で今起きていることについて一緒に考える機会となれば幸いです」とJPF国内事業部部長の阿久津幸彦は述べています。*1:平成28年2月26日発表 *2:平成27年12月25日発表 ともに復興庁「忘れない、福島こころのケア続けるプロジェクト」難しい環境下での子育てに悩む母親たち、引きこもりがちでコミュニテ [全文を読む]

フォーカス