阿南惟幾のニュース

役所広司や原田眞人監督、玉音放送を聞いた観客の賛辞に感激

Movie Walker / 2015年09月14日17時35分

主人公の陸軍大臣・阿南惟幾役の役所は「ぼくも若い青年将校たちの所作をみて、瞳のなかに宿る、国を思う気持ちが、役とは別にものすごく感動しました。全く戦争を知らない自分でも感動しましたし、阿南役を作るうえで大切なものでした」と感無量の表情を見せた。 原田監督も松坂桃李ら若手俳優陣について「ものすごく勉強していた。だから阿南とのバランスを安心して見ていられまし [全文を読む]

本木雅弘、出演映画を「皇室関係者に観てもらいたい」と要望発言 波紋呼ぶ恐れも

Business Journal / 2015年08月23日17時00分

8月8日公開の映画『日本のいちばん長い日』(松竹、アスミック・エース)は、役所広司演じる陸軍大臣・阿南惟幾を中心に、日本を終戦に導いた当時の首脳陣たちの苦悩を描いた物語で、公開から5日間で観客動員数25万人を突破。予想以上の大ヒットを受け、すでに公開時の210スクリーンから急きょ、15日から45も追加されるなど大いに盛り上がっているが、芸能記者の間で話題 [全文を読む]

高まる恐竜熱!『ジュラシック・ワールド』が首位!

Movie Walker / 2015年08月11日10時00分

夏休み恒例の人気シリーズ『劇場版 仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE』は6位、役所広司が阿南惟幾陸軍大臣を、本木雅弘が昭和天皇を演じた『日本のいちばん長い日』は10位という結果に。先週のランキングから半数以上の作品が入れ替わるなど、夏休み映画が大きな盛り上がりを見せた。【トライワークス】 [全文を読む]

役所広司、演じた阿南大臣の子息の評価に安堵の表情

Movie Walker / 2015年08月08日14時11分

役所は陸軍大臣・阿南惟幾を演じたが、舞台挨拶では、阿南大臣の実子・阿南惟正からの手紙も代読された。それには「役所広司さんが公私共にきっちりと演じてくれました」と感謝の内容と平和への熱い思いが綴られていた。 役所は「日本の未来を信じて戦争で戦った方々と、戦争に終止符を打つことに尽力をされた方々が、いまの日本を見て、満足してくださってるかどうかはわからないです [全文を読む]

松坂桃李、本木雅弘は「まさに天皇陛下でした」と絶賛

Movie Walker / 2015年08月07日07時30分

本作の主人公は、畑中の上司である陸軍大臣・阿南惟幾で、役所広司が演じた。役所との共演シーンが多かった松坂は「ただただ、かぶりつくように役所さんを見ていました」とうれしそうに話す。「役所さんは、存在するだけで説得力を出される。今回、役所さんたちと共演させてもらう機会をいただけたのは、非常に大きな経験となりました」。松坂は、本木雅弘演じる昭和天皇のなりきりぶり [全文を読む]

役所広司と原田眞人監督、昭和天皇と戦争について熱弁

Movie Walker / 2015年08月03日22時40分

役所は陸軍大臣・阿南惟幾役を演じ、本木雅弘が昭和天皇役に扮した。 外国人記者から、劇中の日本政府の優柔不断さについて尋ねられた原田監督は「いまの安倍政権を見てもわかるように、国民性ですね。国立競技場(の問題)を見ていてもそうですし、いまも起きていることです」と、まずは安倍政権についてチクリと刺す。 続いて「ただ、この時代、戦争に関しては、最後まで戦わないと [全文を読む]

田原総一朗が東條英機邸で見たモノは?小林よしのりと『日本のいちばん長い日』トーク

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月01日12時00分

(※太平洋戦争終結時の阿南惟幾陸軍大臣のこと。本作のメインキャラクターであり、役所広司が演じた)それに対して田原氏から「終戦後、世の中で日本軍は悪だというイメージがまん延し、ドラマや映画でも“陸軍=悪”として粗暴な人でなしに描かれるなど、大衆が持つ、軍に対する印象が単純化された。でも、実際はそうとも言い切れない。やっと従来のイメージを壊す作品が出て来始めた [全文を読む]

映画『日本のいちばん長い日』田原総一朗VS小林よしのりが語る「リーダーたちの決断」

AOLニュース / 2015年07月29日07時00分

当時は軍部大臣現役武官制という制度があり、現役の軍の大臣を内閣に入れなければいけなく、その大臣が辞めるといったら総辞職しなければならなかった」と当時の背景を語り、田原は、「(本作の主人公である)阿南惟幾大臣は、戦争をやめないという将校たちの気持ちも分かり、同時に天皇の気持ちも分かっていた」と話すと、小林も「そう!あのときの代表が阿南大臣でよかった。阿南さん [全文を読む]

役所広司主演・昭和天皇役に本木雅弘 映画「日本のいちばん長い日」公開目前! 文藝春秋「戦後70年フェア」開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月23日17時30分

さらに、主役・阿南惟幾役には、原田作品に多数出演してきた役所広司、昭和天皇役に本木雅弘、内閣総理大臣役に山崎努、内閣書記官長役を堤真一が演じるなど、役者陣も豪華な顔ぶれとなっている。今夏最大の注目作と言えそうだ。 ⇒映画「日本のいちばん長い日」公式サイト http://nihon-ichi.jp/index.html 映画「日本のいちばん長い日」公開に先駆 [全文を読む]

8月15日までの24時間、戦争終結のために戦った漢達!映画『日本のいちばん長い日』予告編解禁

AOLニュース / 2015年06月19日12時00分

解禁となった予告映像では、戦争継続を主張する血気たぎる陸軍将校たちの情熱を気負いながらも、天皇の身を案じ、平和的な解決を望む想いとの間に揺れ苦悩する阿南惟幾陸相(役所広司)の姿から始まる。 美しく咲く桜をぼんやりと眺めるのは時の首相、鈴木貫太郎(山﨑努)。「本土決戦となれば、桜はもう咲かないな...」とつぶやきながら、自らの内閣で必ず戦争を終わらせようと [全文を読む]

役所&本木&松坂&堤、豪華共演の戦争映画が完成!

Movie Walker / 2015年05月20日15時29分

主人公の陸軍大臣・阿南惟幾役の役所は「岡本喜八監督作で阿南さんを三船敏郎さんがやられていて、プレッシャーがあり、嫌だなと思っていました」と苦笑い。「でも、原田さんなら、新しい阿南大臣を作ってくださるんじゃないかと。原田監督から言われると断れないので、喜んでやりました」。 昭和天皇役の本木は、「元々オファーされた方ではなく、急遽、私に矢が向いてきたアクシデ [全文を読む]

日本史上、最大の決断!役所×本木×堤ら豪華キャスト参戦 映画『日本のいちばん長い日』

AOLニュース / 2015年04月10日12時00分

色調を抑えた暗いトーンの映像に現れるのは、決断に苦悩する役所広司演じる主人公、陸軍大臣・阿南惟幾(あなみ・これちか)、山﨑努演じる時の首相・鈴木貫太郎、鈴木首相をサポートする迫水久常内閣書記官長に堤真一、終戦に反対しクーデターを決起する青年将校・畑中に松坂桃李。そして7年ぶりにスクリーン復帰となった、昭和天皇演じる本木雅弘。太平洋戦争をテーマにした映画 [全文を読む]

実録・1万2000ページで読み解く「昭和天皇」激動の87年生涯-“劇的な復興”篇-

アサ芸プラス / 2014年11月14日09時56分

当時は鈴木貫太郎内閣総理大臣や阿南惟幾陸軍大臣を含め、政府や軍部は徹底的に戦う機運にあふれていた。立憲君主制では天皇に決定権はない。この「君臨すれども統治せず」という枠組みを破ったのは、二・二六事件と終戦の時の2回であると昭和天皇ご自身も断言している。高森明勅氏が解説する。 「戦後復興の基盤は、戦争の終わらせ方にあります。第一次世界大戦以後、総力戦に敗れ [全文を読む]

フォーカス