高城幸司のニュース

運より努力! 「社内営業」がチャンスを広げる(高城幸司)

J-CAST会社ウォッチ / 2017年06月08日08時00分

「社内営業」という言葉に、いいイメージを持つ人はあまりいないかもしれません。でも、仕事をするうえで重要な活動であると筆者は考えます。それは、社内営業は自分に成長の機会を与えてくれる可能性が高いからです。先手必勝! 20代からの社内営業そもそも、ビジネスパーソンの成長を促すものは、社内研修などの教育よりも現場における経験と言われています。とくにビジネスリーダ [全文を読む]

「ぼちぼちでんなぁ」の一言が、「将来価値」を高める!(高城幸司)

J-CAST会社ウォッチ / 2017年05月16日11時00分

いまさらですが、社員の人事評価は「成果主義」を標榜する時代になりました。その先鞭となったのが富士通。1998年に「目標管理評価制度」を導入しました。ただ、3年で全面的な見直しを余儀なくされたのです。管理職になれないワケがある富士通が「目標管理評価制度」の見直しに着手したのは、次のようなことが原因でした。開発担当は失敗を恐れてヒット商品が出せない、ルート営業 [全文を読む]

社内政治から逃げるな!仕事の成功や出世の極意、味方を増やすロビー活動

Business Journal / 2015年02月08日06時00分

そこで今回は、リクルート時代には営業職として6年間連続トップセールスに輝き、現在は人事戦略コンサルティング会社セレブレイン代表取締役を務め、昨年10月には『「課長」から始める 社内政治の教科書』(ダイヤモンド社)を上梓した高城幸司氏に、「社内政治の極意と具体的なテクニック」「企業内でよく出くわす人間関係にまつわるトラブルやその対処法」「優秀な部下を自身の [全文を読む]

『進め!電波少年』T部長から学ぶ「仕事で無茶ぶりをする技術」

AOLニュース / 2014年04月16日22時20分

決断に時間を与えれば与えるほど、後ろ向きな答えが出るのも当然でしょう」 こう説明するのは書籍『無茶振りの技術』の著者・高城幸司氏です。ここで、土屋氏を思い出してみましょう。「今すぐ無人島に行って○○をしてきてほしい」という無茶な企画であっても、その場で「やるかどうか」を決断させてきました。 なかなか難しい無人島行きの仕事ですが、「明日までに返事してね」とな [全文を読む]

リクルートのトップセールスマンが語る「会社で最も怖い存在」とは?

AOLニュース / 2014年01月27日12時11分

「この世の中で後輩ほど怖い存在はないと思う」 こう語るのは、書籍『「自分らしさ」を見失わずに働く方法』の著者であり、かつてはリクルートで6期連続トップセールスになるなど幅広く活躍する高城幸司氏。 後輩とは、組織という食物連鎖のピラミッド上では一番弱い立場にいる人。だからこそ、会社組織の中で注意深く周りの人を観察しているものなのです。もし、自分に悩み事がで [全文を読む]

最大93%オフ! 学研電子ストア3周年記念キャンペーン第2弾「3日間限定100円均一セール」開催! 対象書籍は約300点!

PR TIMES / 2013年11月29日11時52分

1,600円が100円になるものもあり、なんと最大93%オフ!ぜひこの機会をおみのがしなく!■3日間限定100円均一セール 対象商品(一部抜粋)◇書籍・暮らしの絵本『贈り方のマナーとコツ』 岩下宣子 監修/伊藤美樹 著(通常価格 1,000円)・くうちゃんえほん『はみがき シュッシュッ☆ぼうしを ぽん』 鈴木博子 作・絵/はねたあゆみ 作/上野直大 絵(通 [全文を読む]

落合氏から交代の中日・高木監督 前任者否定で失敗の典型例

NEWSポストセブン / 2013年10月03日16時00分

人事コンサルティング企業「セレブレイン」の高城幸司社長は、こういう場合、「見栄」や「体裁」が失敗の原因であるとする。 「俺ならできるという見栄や、前任者との違いを強調したいあまり、無理矢理体制を変えようとする。企業でよくあるのが、トップの交代でいきなり社屋を建て替えたり、勝算のないまま新規事業に乗り出したりすることです。急に別な方向に舵を切ることは、周囲 [全文を読む]

【期間限定100円】Kindleストアにて勝間和代原作のマンガなどビジネス関連の電子書籍5タイトルを、特別価格100円で販売開始!

PR TIMES / 2013年09月02日13時37分

■100円セール対象商品 『決算書は必ず裏を読め!』(勝間和代 著/柏葉比呂樹 イラスト) 通常価格857円→特別価格100円 http://amzn.to/19RsfVO 『課長のためのビジネス演技力養成講座』(吉田順 著) 通常価格571円→特別価格100円 http://amzn.to/14Iw6nC 『「質問力」で、仕事は9割うまくいく』(秋庭道 [全文を読む]

注目の『○○が9割』系ビジネス本ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月15日11時50分

【3位】『できる人は上司に“モテ”る 仕事は上司との関係が9割!』(高城幸司/マガジンハウス) 上司攻略で仕事はうまくいく。大恐慌時代のキーワードは「モテ部下」。できる人の「行動コンセプト」は、明確×前向き×謙虚。これからは「上司を選べない」から「上司を選ばない」自分へ。どんな上司とでもうまくつき合いながら自分の仕事力を高めていく方法を紹介。 【4位】『 [全文を読む]

喋らない若手社員 自分に直結しない話は上司でも聞き流す

NEWSポストセブン / 2013年06月22日07時00分

そうした訓練ばかりだったので、自ら直面する現実問題に対応できない」 『仕事の9割は世間話』(日本経済新聞出版社)の著者で、人事コンサルティング企業「セレブレイン」の高城幸司社長が続ける。 「彼らに共通しているのは真面目なこと。大学でもサボることなく、きちんと授業を受けています。理由は50社受けても1社も受からないというような就活の大変さを知っているから。早 [全文を読む]

フォーカス