高杉敬二のニュース

元アンジュルム・めいめい、憧れの本田美奈子.役で“物語が始まる”

Smartザテレビジョン / 2017年02月17日06時30分

2月16日に都内で製作記者発表が行われ、田村の他、野沢トオル(作・演出・出演)、高杉敬二(総合監修)、城戸裕次、高崎俊吾、小西優司、千葉誠太郎が登壇した。5月17日(水)~5月21日(日)に東京・CBGKシブゲキ!!で行われる「minako-太陽になった歌姫-」は、'05年に急性骨髄性白血病で逝去した本田美奈子.さんの生き方を通して描く、愛と夢と希望の物語 [全文を読む]

元アンジュルム田村芽実、涙の決意 早見優ら期待の再出発

モデルプレス / 2017年02月16日17時24分

本田さんを発掘し、その生涯を見守り続けた人物、高杉敬二氏が総合監修、野沢トオル氏が脚本・演出を務める。 ◆田村芽実が活動復帰 舞台女優を目指してアンジュルムを卒業後、同作で活動を再開する田村は、「約9ヶ月ぶりの公の場ということで、今ここに立たせていただけることをとてもうれしく思っています」と挨拶。続けて、「本当に緊張しています。卒業後初のお仕事ということも [全文を読む]

元アンジュルム・田村芽実、本田美奈子.の生涯を描く舞台で主演に

GirlsNews / 2017年02月20日07時27分

2005年に急性骨髄性白血病で逝去した本田美奈子.さんの一生を綴る本作は、かつて本田さんが所属していた事務所社長の高杉敬二さんが総合監修を務め、脚本・演出を野沢トオルさんが手がける。 本作で活動を再開する田村芽実さんは、約9ヶ月ぶりに公の場に立ち、「アンジュルム卒業後の初舞台で、憧れの本田美奈子.さんの役をいただいので、プレッシャーが強いです」と緊張を露 [全文を読む]

元アンジュルム田村芽実、活動再開で主演 本田美奈子.さんの軌跡を初舞台化

モデルプレス / 2017年01月24日10時34分

彼女を発掘し、その生涯を見守り続けた人物、高杉敬二氏の総合監修、野沢トオル氏の脚本・演出により2017年5月、ついに舞台上演が決定。そして、舞台女優を目指し昨年5月の武道館での公演を以って同グループを卒業した田村が、満を持しての活動再開となる。 ◆本田美奈子.さんの大ファンを公言 幼少期より本田さんの大ファンであったという田村にとっては、女優として大変意味 [全文を読む]

風間俊介、10年愛の結婚相手はV6・三宅健の元カノだった!?

サイゾーウーマン / 2013年07月23日09時00分

さらに「週刊女性」では、今回の風間との結婚について話を聞こうと芸能事務所・BMIの社長を務める河村の父・高杉敬二氏を直撃。当初は「いやいや、ウチに聞いても全然ダメなの。全部ジャニーズさんのほうに聞いてください。そういう約束だから」と話していたものの、お相手の風間については「もちろん会っていますよ。素晴らしい青年です。素晴らしい青年だから結婚するんですよ。 [全文を読む]

76年の木之内みどりと岡田奈々(3)“奇跡の50代”と冠されるのはその精神力

アサ芸プラス / 2013年07月17日10時00分

社長だった高杉敬二は、事件以上に奈々の毅然とした態度に衝撃を受けた。 「会見を開いて自分できちんと説明すると言ったのは奈々だったから。ナイフを握って、多量の出血があったというようなことも冷静に話していた」 この会見はテレビを通じて筆者も観た。包帯姿も生々しいのに、心の動揺を一分たりとも見せない──あるいは、あの瞬間に岡田奈々は「真空保存」されたのではないか [全文を読む]

76年の木之内みどりと岡田奈々(2)世間を騒がせた恋の逃避行

アサ芸プラス / 2013年07月17日10時00分

発掘したのは、アイドル文化に一時代を築いた「ボンド企画」の総帥・高杉敬二である。江川ひろしという男性アイドルが岐阜でショーを開催し、担当マネジャーが高熱で倒れたため高杉が代わりに同行──、 「その公演を観に来ていたのが奈々で、一瞬で撃ち抜かれたね。どれだけ人がいても、あのキラキラした大きな瞳の輝きはこっちに飛び込んできたよ」 その日がセーラー服だったため [全文を読む]

フォーカス