高松次郎のニュース

MOMATで現代美術家・高松次郎回顧展。トラフ会場構成

FASHION HEADLINE / 2014年11月16日20時00分

東京国立近代美術館は、現代美術家・高松次郎の回顧展「高松次郎ミステリーズ」を開催する。期間は12月2日から3月1日まで。 高松の作品は時期によって素材や表現方法が大きく変わり、彼の作風や意図をわかりにくいものとしていた。そこで、今回は3人のキュレーターが初期、中期、後期の作品をそれぞれ担当。美術誌などに残された言葉を引用しながら、高松という人物像とその作品 [全文を読む]

エッシャー、名和晃平、森村泰昌らのトリックアートが集結!「不思議なアート トリック トリック ハッ!とトリック」展

FASHION HEADLINE / 2016年06月08日17時00分

会場では、エッシャーの《物見の塔》や名和晃平の《PixCell[Shoe#6(L)]》、森村泰昌の《肖像(ヴァン・ゴッホ)》をはじめ、高松次郎の《影No.294》、福田繁雄の《Shigeo Fukuda Exhibition》、福田美蘭の《見返り美人 鏡面群像図》、上田薫の《なま玉子J》、深堀隆介の《金魚酒 命名 紬》など、約80点の作品を展示。戦後の美 [全文を読む]

「女性を最も美しく見せるドレス」を作る日本人デザイナーTadashi Shojiのバックステージ

TABIZINE / 2017年03月13日16時00分

芸術を愛し、前衛芸術家高松次郎氏に師事する。 1973年に、アメリカ・ロサンゼルスに渡り、エルトン・ジョン、スティービー・ワンダー、ニール・ダイアモンド、ジャクソンズ、コモドアーズそしてアースウィンドアンドファイヤー等のステージ衣裳を手がけるハリウッドのコスチュームデザイナー、ビル・ウィットンの下で働き、ここでの経験によってファッション界の大きなパワーに影 [全文を読む]

展覧会『囚われ、脱獄、囚われ、脱獄』が都内6会場でスタート

NeoL / 2016年03月18日02時41分

会期:2016年3月19日 – 4月17日 会場:駒込倉庫、KAYOKOYUKI、CAPSULE、SUNDAY、青山|目黒、statements (会期・開場時間は会場ごとに異なりますのでお気をつけください) オフィシャルページ:http://toradatsu.teamblog.jp 参加作家: 青木陵子 / 青山根子 / 青崎伸孝 / 荒木悠 / 万 [全文を読む]

NICOLE RICHIE (ニコール リッチ―)がTHE 2014 BABY 2 BABY GALA にてTADASHI SHOJIのドレス着用

DreamNews / 2014年11月14日18時00分

芸術家高松次郎氏に師事する。73年に渡米。エルトン・ジョン、スティービー・ワンダー等のステージ衣装を手がける.デザイナービル・ウィットンの下で働く。2006年には全米のファッション業界でも最も世評が高く、名誉ある賞、DALLAS FASHION AWARD ( DFA )受賞。2008年にはTreasures of Los Angelesに表彰される。20 [全文を読む]

稀代の芸術家・赤瀬川原平が遺したモノ ― 最期まで世間を翻弄したトリックスター

tocana / 2014年10月29日10時00分

団体名もメンバーの高松次郎、赤瀬川源平、中西夏之から頭文字を取ってつなげ横文字にしただけであった。 ■面白がる精神が招いた悲劇・喜劇... また、個展の案内状に、詳細にスケッチされた千円札を片面だけ印刷したものを現金書留で送付したことなどで警視庁の摘発を受けたこともある。この千円札は無審査出品で知られる読売アンデパンダン展に、200倍の詳細なスケッチとして [全文を読む]

ドレスブランド TADASHI SHOJI 2015年 春夏コレクション SPRING 2015 をニューヨークファッションウィークで発表

DreamNews / 2014年09月11日17時00分

芸術家高松次郎氏に師事する。73年に渡米。エルトン・ジョン、スティービー・ワンダー等のステージ衣装を手がける、デザイナービル・ウィットンの下で働く。2006年に全米のファッション業界でも最も世評が高く名誉ある賞、DALLAS FASHION AWARD ( DFA )受賞。2008年にTreasures of Los Angelesに表彰される。2012年 [全文を読む]

逸脱した磯崎新展、ワタリウムで開催

FASHION HEADLINE / 2014年08月30日21時00分

2・3階は「12の建築外的思考」「12のコラボレーション」とテーマを設け、磯崎が曲線定規として使用していたマリリン・モンローのプロポーションのトレース画や、これまでにコラボレーションしてきた岡本太郎、高松次郎、イサム・ノグチらとの作品などが公開される。4階には、「12の栖」「12の旅(東洋篇 オリエント)」「12の旅(西洋篇 オクシデント」という三つのテー [全文を読む]

フォーカス