黒川清のニュース

国会事故調「信じられない、理解不可能」 政府の議事録未作成を批判

ニコニコニュース / 2012年01月30日22時44分

国会が設置した東京電力福島第1原発事故調査委員会(委員長・黒川清元日本学術会議会長)の第3回委員会が2012年1月30日、福島県双葉町民らの避難先である埼玉県加須市で開催された。井戸川克隆双葉町長は、黒川委員長ら国会事故調に対し「隠蔽や捏造には厳正な態度で究明をお願いする」と要請。また、原子力災害対策本部など東日本大震災に係る10組織で、政府の会議の議事録 [全文を読む]

日本の製薬会社のブランド力を高めるために

Forbes JAPAN / 2016年03月30日10時31分

「GHITのような取り組みは、世界での日本の存在感を強めることにつながります」第一次安倍晋三内閣、福田康夫内閣で内閣特別顧問を務めた黒川清GHIT会長も、こう強調する。「長期的な視野に立てば、将来的に日本と日本企業にとって大きなメリットがあります」新薬の開発は長期にわたるのが一般的で、企業の負担は大きい。薬価が低くなりがちな感染症薬であっても、開発自体に膨 [全文を読む]

ランス・アームストロング財団および米国がん協会が、日本で患者エンパワーメントプロジェクトを開始

JCN Newswire / 2012年09月11日11時16分

」とHGPI会長の黒川清は述べました。「我々ひとりひとりが、これらの施策の必要性について認識し、何をすべきかを考え、行動を起こすことが大切です。」2008年には、全国的ながん対策計画の準備や実施を行っていた国は、世界で50か国以下でした。また、全国的ながん対策アジェンダのある国でも、物理面、感情面、実践面でのがん患者のニーズの点では、医療制度に大きな不足や [全文を読む]

斑目委員長 電力会社となあなあの“御用学者”と大前氏指摘

NEWSポストセブン / 2012年07月26日07時00分

国会の原発事故調査委員会(黒川清委員長)の最終報告は、原発事故は人災だったとして、「日本人の国民性」が事故を拡大させたと指摘した。元原子炉設計者である大前研一氏は、人災などの指摘は的外れであり、何重もの安全技術で守られていたはずの原発が今回のような事故に至ったのかという技術的・根本的な検証こそが事故調査の第一義ではないかと疑問を呈する。 * * * 工学的 [全文を読む]

大前研一氏 原発事故で未だ1人も処罰されぬ国は世界にない

NEWSポストセブン / 2012年07月23日16時00分

原発事故は人災だった――国会の事故調査委員会(黒川清委員長)の最終報告では、事故発生後の政府・東電の危機対応の問題点に注目が集まった。だが、より本質的な事故原因についての技術的な検証はほとんどなされず、その代わりに「日本人の国民性」が事故を拡大させたとする国際世論を惹起するに至った。 元原子炉設計者である大前研一氏が、今月発売予定の新刊『原発再稼働「最後の [全文を読む]

「なぜ公開しないのか、意味不明だ」 枝野経産相、東電にTV会議録画映像の公開を要請

ニコニコニュース / 2012年03月16日23時59分

テレビ会議システムによる録画の存在は昨年5月時点でニコニコ動画の取材でも明らかになっていたが、一般公開はされておらず、14日の国会の事故調査委員会(黒川清委員長)の会合内でのみ初めてその一部内容が公になった。同委員会によると、昨年3月15日に菅直人首相(当時)が東京・内幸町の東京電力の本店を訪れ、東京電力側に対して演説した映像だという。 枝野大臣は官房長 [全文を読む]

ノーベル賞・田中耕一さん、原発事故調で発言「未来への提言も任務」

ニコニコニュース / 2012年01月31日19時32分

国会が設置した東京電力福島第1原発事故調査委員会(委員長・黒川清元日本学術会議会長)の第3回委員会が2012年1月30日、福島県双葉町民らの避難先である埼玉県加須市で開催されたが、その終盤、同委員でノーベル賞受賞者の田中耕一氏が発言する一幕があった。 「一言すみません。みなさんが一番気にされていることはお子さん、あるいはお孫さんの健康だと思うのですが、みな [全文を読む]

フォーカス