王貞治 長嶋茂雄に関するニュース

【プロ野球】80歳を迎えた長嶋茂雄の功績を10年刻みで振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年02月20日16時00分

26本塁打、105打点(それぞれ王貞治に次ぐ2位)の好成績で3度目のMVPも受賞した。 プライベートでは同年1月26日に長男、長嶋一茂が誕生している。 [30代長嶋茂雄の戦績] 首位打者(1966年、1971年)、打点王(1968〜1970年)、シーズンMVP(1966年、1968年、1971年)、日本シリーズMVP(1969年、1970年)、リーグ優勝( [全文を読む]

レジェンドたちが伝えたい野球への愛。ON対談初の書籍化『ONの”メッセージ”』発売!

PR TIMES / 2015年09月18日12時43分

~NHK『サンデースポーツ』司会:星野仙一 「長嶋茂雄×王貞治 対談」 完全版~ 初の書籍化 NHK「サンデースポーツ」マンスリーキャスターを務めた星野仙一氏の呼び掛けで実現した、長嶋茂雄氏×王貞治氏の対談。 本年4月に放送され話題を呼んだ対談の完全版が書籍に!『ONの”メッセージ”』10月1日(木)ぴあ株式会社より発売 報道関係者各位 御中 【伝達事項】 [全文を読む]

野村克也氏 「ONと同じ時代に生きてつくづく不幸だった」

NEWSポストセブン / 2012年10月31日07時00分

長嶋茂雄と王貞治、両氏との因縁や名勝負を軸に、プロ野球がたどってきた歴史をひもときながら、独自の野球観を語るファン必読の好著である。「長嶋茂雄氏の攻略法は最後まで分からなかった」と語る野村氏。ではもう1人のライバル・王貞治氏の攻略法は? * * * 私は、打者を考える時(すべての打者は変化球への対応をテーマとしている)、大きく4タイプに分類する。ストレート [全文を読む]

プロ野球史上最高のスターは長嶋茂雄!現役で2位に輝いたのは…

しらべぇ / 2017年02月22日21時00分

長嶋茂雄・王貞治・落合博満・野村克也・福本豊・清原和博・野茂英雄・松坂大輔イチロー・松井秀喜・小笠原道大・新庄剛志・ダルビッシュ有・中田翔・大谷翔平結果、1位に輝いたのはやはり長嶋茂雄(164票)。2位には日本が世界に誇るヒットメーカー・イチロー(119票)がランクインし、3位は世界のホームラン王・王貞治(80票)だった。この3人は他を圧倒しており、日本プ [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

昭和天皇が観戦する中、長嶋はチームメイトの王貞治と共にホームランを放った。ON(オーエヌ)砲第1号である。さらに9回裏、村山実投手からサヨナラ本塁打。劇的な幕切れに、国民が熱狂した。 かくして、プロ野球の人気は大学野球を凌駕。以後、長きにわたり、巨人戦のナイター中継は日本テレビのドル箱になる。■ヴァラエティの進化 さて、話をヴァラエティに戻そう。 1965 [全文を読む]

名シーン、名セリフだらけ! 昭和・平成の日本シリーズ伝説の瞬間

週プレNEWS / 2016年10月19日15時00分

プロ野球が国民的娯楽だった時代、長嶋茂雄、王貞治をはじめとするスターや、渋い技が光るいぶし銀の職人プレーヤーたちが日本一の座をかけて激しい闘いを繰り広げた。 中でも日本シリーズ史上屈指の名場面とされるのが、王貞治(巨人)が山田久志(阪急)から放った逆転サヨナラ3ランのシーンだ。 昭和40年代のプロ野球は、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄と、一本足打法の王による [全文を読む]

【プロ野球】来季は前途多難!? 巨人・高橋監督では”優勝できない”ワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年12月21日07時00分

長嶋茂雄、王貞治、原辰徳など「巨人一筋のスター選手」が監督就任の不文律であるジャイアンツらしく、高橋は正しく「スター性」で監督になった。 阪神・金本監督とDeNA・ラミレス監督は「現役実績」が買われたパターン。出身としては外様だが、ともに2000本安打の達成者であり、現役ラストイヤーを過ごした古巣での就任、という点も一致している。両者とも指揮官能力は未知 [全文を読む]

V9戦士の躍動がよみがえる。永久保存版「読売巨人軍公認 栄光のV9正史」1965-1973 全1,241試合 報道記録完全予約限定商品、予約販売受付開始!

@Press / 2015年11月19日15時00分

長嶋茂雄、王貞治を中心としたV9戦士の躍動、ライバルとの勝負の狭間で交錯する歓喜と苦闘、プレッシャーの中で常勝を願うファンとの強い絆……。時代をけん引し、日本中を熱狂させたV9の金字塔は、日々のドラマが積み重なった壮大なドキュメンタリーとして、当時の時代のまま、いま、よみがえります。『読売巨人軍公認 栄光のV9正史』は、完全予約限定商品です。一般書店では販 [全文を読む]

30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日15時00分

王貞治(巨人/引退時40歳) 【1980年】129試合/打率.236/30本/84打点 日本球界のレジェンド中のレジェンド・王貞治は引き際も伝説的だ。前年の1979年、打率.285/33本/81打点の好成績を残しながら、1962年以来17年連続で獲得し続けていた打撃タイトルを逃した王。不惑を迎える1980年も30本塁打をかっ飛ばしたが、打率が低迷し、「王 [全文を読む]

野村克也が自身の原点から“野村イズム”の誕生を語る

Smartザテレビジョン / 2015年10月28日23時10分

王貞治や長嶋茂雄のように、決して天才肌ではなかったという野村。そんな彼が8年連続のホームラン王、戦後初の三冠王など数々の偉業を成し遂げた秘訣(ひけつ)を明かす。そして監督としても弱小球団を次々と再生し自身を日本屈指の名将にのし上げた、弱者が強者に勝つための“野村イズム”を語る。 また、剛腕・江夏豊をリリーフ投手のパイオニアとして再生させた知られざる舞台裏 [全文を読む]

[神津伸子]【代打の切り札 勝利を呼ぶ男】~「野球は人生そのもの」江藤省三物語 7~

Japan In-depth / 2015年07月30日07時00分

ミーティングには、当たり前だが、長嶋茂雄、王貞治、金田正一という、とんでもない豪華メンバーも同席していた。が、緊張している間はない。川上の話の数々は、今の指導にも使えることが沢山あった。例えば、正力松太郎の言葉を引用しながら「大リーグに追いつき、追い越せ」「野球は理屈ではない。理屈を越えたところにある」「野球は理論ではない、実践である」「壁にぶち当たったら [全文を読む]

巨人V9戦士の年俸はあまりに安かった 堀内恒夫は26勝しても1800万円

ソーシャルトレンドニュース / 2015年07月21日17時24分

王貞治、長嶋茂雄のONコンビが目立つが、投手は堀内恒夫、高橋一三の2枚看板がチームを支えていた。事実、V9時代の65年から73年にかけて、堀内はチーム1位の129勝、高橋は2位の102勝を挙げ、2人で全勝利数の3分の1を稼いでいた。 高橋が“左のエース”と呼ばれたように、“巨人のエース”は堀内と認識されていた。実際、堀内はV9時代にON以外で唯一、セ・リー [全文を読む]

高校野球100年記念シンポ「新たな夏、プレーボール。」

PR TIMES / 2015年07月07日15時07分

8月5日 長嶋茂雄さん、王貞治さんもビデオで登場 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、日本高等学校野球連盟と共同で、8月5日に大阪市でシンポジウム「新たな夏、プレーボール。」を開催いたします。両者が主催する全国高等学校野球選手権大会が今年で100年を迎えることを記念する催しで、かつて甲子園をわかせた方々によるパネルディスカッションなどがありま [全文を読む]

長嶋茂雄と王貞治…国民的英雄が“真実”を語り合う

Smartザテレビジョン / 2015年04月10日22時31分

NHK総合で、プロ野球界のみならず日本の永遠のヒーローの2人、長嶋茂雄氏と王貞治氏の対談を放送することが決定した。 NHK総合で4月19日(日)夜9時50分から「サンデースポーツ」内で放送し、4月29日(水)朝10時05分(予定)から「長嶋茂雄×王貞治~“ON”が語る真実~」(仮)と題し、完全版を同じくNHK総合で放送する。 共に巨人のV9時代を中心選手と [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「球団創設80周年特別展~タイガースのレジェンドたち~」

PR TIMES / 2015年03月19日18時10分

<展示品>バース選手(バット)、掛布雅之選手(バット)、岡田彰布(バット)など◎T-G伝説のライバルたち・村山実vs長嶋茂雄、江夏豊vs王貞治、掛布雅之vs江川卓、岡田彰布vs原辰徳など、巨人戦を彩ったライバル対決を特集します。[画像2: http://prtimes.jp/i/5180/365/resize/d5180-365-804943-2.jpg [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「球団創設80周年特別展~タイガースのレジェンドたち~」

@Press / 2015年03月19日17時45分

<展示品> バース選手(バット)、掛布雅之選手(バット)、岡田彰布(バット)など ◎T-G伝説のライバルたち ・村山実vs長嶋茂雄、江夏豊vs王貞治、掛布雅之vs江川卓、岡田彰布vs原辰徳など、巨人戦を彩ったライバル対決を特集します。 <展示品> 村山実投手(ユニフォーム)、掛布雅之選手(300号HR記念メダル)、岡田彰布選手(1980年新人王記念ライタ [全文を読む]

長嶋茂雄氏 王貞治氏との関係や天覧試合等V9の思い出を語る

NEWSポストセブン / 2014年12月22日11時00分

昨年、国民栄誉賞を受賞した“日本プロ野球の象徴”、長嶋茂雄氏が12月22日発売の週刊ポスト(2015年1月1・9日号)で、王貞治氏や川上哲治監督など、V9時代について5ページにわたり、熱弁をふるっている。 病魔に倒れてから10年が経ち、懸命なリハビリで驚異的な快復を見せる長嶋氏は、日本プロ野球史上に輝く金字塔「V9」について回顧。かつて王貞治氏は長嶋氏を「 [全文を読む]

長嶋茂雄氏 伝説のフリチン素振りの音はバチンではなかった

NEWSポストセブン / 2014年09月07日16時00分

ON(王貞治・長嶋茂雄)がこれだけやるんだから、僕らもやらなくちゃいけないという気持ちにさせられました。ただチョーさんに困ったのは、僕らが麻雀をやっているところにバットを片手にフラフラとやってきて、後ろから覗き込んで、「何も書いてないのが3枚あるね」とか「おっ、テンパイだな」とか本当のことをいう。あれには参りましたよ。 ※週刊ポスト2014年9月12日号 [全文を読む]

トーハン オリジナルムック 「写真で見る日本プロ野球の歴史」ベースボール・マガジン社より発売 ~未公開写真を多数収録した永久保存版~

DreamNews / 2014年08月21日15時00分

「セ・リーグ編」「パ・リーグ編」の2分冊で、長嶋茂雄、王貞治をはじめとする球史を彩るスター選手の雄姿、伝説的なシーンの数々が秘蔵写真で甦るファン垂涎の書。球団別年代記も掲載し、資料性にも優れています。なお、本企画における取引先書店支援策の一環で、セ・パ2種類のオリジナルクリアファイルを店頭用拡材として提供。さらに売上還元をモットーに、一定条件の下でインセン [全文を読む]

日本プロ野球名球会35周年記念誌 「球極~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」発売

PR TIMES / 2014年07月29日17時22分

王貞治氏(名球会理事長)と山本浩二氏(名球会副理事長)のインタビュー、長嶋茂雄氏(名球会理事)の寄稿文、そして名球会プレーヤー全63名の伝説を当時の貴重な写真とともに掲載しています。名球会プレーヤーが達成した数々の大記録、ライバルたちとの手に汗握る名勝負の陰には、ファン垂涎のエピソードが隠れています。「長嶋茂雄は、平松政次のカミソリシュートを攻略するため、 [全文を読む]

フォーカス