花咲徳栄 作新学院に関するニュース

【プロ野球】毎年恒例の人気企画! 野球太郎が開催した「極私的ドラフト」で9球団重複指名の新記録が!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月14日17時05分

各テーブルの声に耳をすますと「寺島」、「今井(達也、作新学院高)」、「高橋(昂也、花咲徳栄)、「佐々木(千隼、桜美林大)」といった名前がチラホラと聞こえてくる。 田中正義を外すのは想定内。ここからが本当の勝負だ。 8球団の入札が出そろう。 ここでもある選手に偏った。寺島成輝(履正社高)だ。寺島にオリックス、DeNA、ソフトバンク、日本ハムが競合した。 中 [全文を読む]

【2016ドラフト】田中正義はソフトバンク、佐々木千隼はロッテが5球団の抽選の末、交渉権獲得。楽天は藤平尚真の交渉権獲得。

インフォシーク / 2016年10月20日15時00分

【10巡目指名】 オリックス 選択終了 東北楽天 西口直人(投手・甲賀医療専門学校) 横浜DeNA 選択終了 日本ハム 選択終了 【9巡目指名】 日本ハム 今井順之助(内野手・中京) 横浜DeNA 佐野恵太(内野手・明大) 東北楽天 高梨雄平(投手・JX-ENEOS) オリックス 根本薫(投手・霞ケ浦) 【8巡目指名】 オリックス 澤田圭佑(投手・立大) [全文を読む]

球児たちの明暗を分けた酷暑と“7勝0敗”の非情な格差とは

週プレNEWS / 2016年08月24日16時00分

3回戦でも試合数の差がある組み合わせの5試合(秀岳館対いなべ総合、東邦対聖光学院、花咲徳栄対作新学院、広島新庄対木更津総合、日南学園対北海)が、すべて試合数の少ないほうが勝っている。ベスト16以上では、実に7勝0敗だったのだ。組み合わせの妙が甲子園の面白さだが、これだけ顕著に差が出ると、酷暑の影響を考えざるをえなくなる。 投手には投球イニングや投球数だけで [全文を読む]

「夏の甲子園とは何だったのか......」準優勝校・北海から「選出なし」高校野球日本代表選出のあまりに残酷な現実路線に不満続出

Business Journal / 2016年08月22日08時00分

その一方で、期待されながらも夏の甲子園で早々に姿を消した横浜・藤平尚真投手、履正社・寺島成輝投手、花咲徳栄・高橋昂也投手の「高校BIG3」は順当に代表入りを果たしている。 無論、選ばれた選手たちに一切の罪はない。 だが、まるで夏の甲子園が始まる前から予め決まっていたようなメンバー構成に「夏の甲子園とは何だったのか」と思わざるを得ないし、高校野球ファンから [全文を読む]

「春の選抜」は延長15回で引き分けにしたことで再試合の数が増えている?

アサ芸プラス / 2017年03月28日17時58分

これが15回に短縮された途端に、03年準々決勝の東洋大姫路(兵庫)対花咲徳栄(埼玉)の2対2で、再試合は東洋大姫路6対5花咲徳栄、06年2回戦の早稲田実(東京)対関西(岡山)の7対7で再試合は早稲田実4対3関西、08年3回戦の平安(現・龍谷大平安=京都)対鹿児島工の3対3で再試合は平安1対0鹿児島工、14年2回戦の桐生第一(群馬)対広島新庄の1対1で再試合 [全文を読む]

関東王者・作新学院が挑む偉業

ベースボールキング / 2017年01月28日12時30分

寺島成輝(履正社→ヤクルト)、藤平尚真(横浜→楽天)、高橋昂也(花咲徳栄→広島)のいわゆる“高校BIG3”が大きな注目を集めていた分、前評判はさほど高くなかったが、大会を通して大きく成長した右腕は西武からドラフト1位で指名を受けてプロの世界へと羽ばたいた。 春夏連覇を果たした1962年以来、実に54年ぶりの全国制覇を成し遂げた作新。その勢いは新チームになっ [全文を読む]

【高校野球】《高校球児スピードスター列伝》甲子園・歴代最速男たちの成長の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2016年08月27日16時05分

U-18アジア選手権に臨む高校日本代表では、藤平尚真(横浜)、寺島成輝(履正社)、高橋昂也(花咲徳栄)といった“BIG3”を抑え、エースナンバーである背番号18をつけることが決まった。 大会前にはそれほど注目されていなかった今井。中学時代も無名の存在で、高校入学時の球速130キロだった、と報じられている。3年間で22キロアップを果たしたわけだ。 では、高校 [全文を読む]

「守備は即戦力」から目指すルーキー最多安打

ベースボールキング / 2017年05月28日11時00分

この2人の大卒右腕を筆頭に、高卒では夏の甲子園優勝投手・今井達也(作新学院→西武)や寺島成輝(履正社→ヤクルト)、藤平尚真(横浜→楽天)に高橋昂也(花咲徳栄→広島)の“高校BIG4”といった投手たちが注目を集めたドラフトであった。 ところが、あれから7カ月が経った現在...。上述した選手たちのなかで一軍デビューを果たしているのはロッテの佐々木千隼のみ。「 [全文を読む]

慶応、横浜…センバツ出場を逃した高校は?

ベースボールキング / 2017年01月27日16時00分

ちなみに、昨季は関東大会でベスト8に入った花咲徳栄(埼玉)が選出されたため、東京都大会準優勝の二松学舎大付(東京)がセンバツを逃した。 近畿は、秋の明治神宮大会で履正社(大阪)が同大会を制したため、従来の6枠1つ増え7枠となった。ベスト4以上が確実に出場でき、残り3つの枠をベスト8の中から4校で争った。今回、近畿大会8強の中から出場を決めたのは報徳学園(兵 [全文を読む]

スポーツ紙では書けない!「ドラフト指名選手」ガチンコ評価

日刊大衆 / 2016年11月18日10時30分

高校生でも、即戦力です」(前同) 残りの藤平尚真(横浜)と高橋昴也(花咲徳栄)に関しては、どうなのか。「藤平君は、とにかくパワフル。横浜高校で3年間鍛えられた経験値も大きい。ただ、心配なのは力任せになりがちなところ。とはいえ、伸びしろは十分。高橋君はコンスタントに140キロを超えるし、フォークという決め球もある。去年、中日に入った小笠原慎之介より上ですね。 [全文を読む]

フォーカス