宮崎あおい 篤姫に関するニュース

北川景子、篤姫役の演技不安で「宮崎あおいに処刑?」 顔立ち変化に“吉田羊化”を指摘する声も

おたぽる / 2017年04月20日09時00分

これを受けてネット上では、「北川じゃ実力不足じゃないか?」「宮崎あおいちゃんをキャスティングして欲しかった」などと、不安や不満の声が広まっている。 篤姫は江戸時代後期から明治時代を生きた実在の人物で、江戸幕府第13代将軍徳川家定の御台所(正室として大奥一の立場)になったことで知られている。激動の時代を生きたこと、そして大奥で波乱に満ちた境遇にあったことで映 [全文を読む]

徳川家定は後継ぎ問題に悩まされうつ病になったと勝海舟解説

NEWSポストセブン / 2013年05月26日07時00分

宮崎あおい主演の大河ドラマ「篤姫」で、堺雅人が演じた第13代将軍家定は「うつけ」ではないという新解釈でドラマが展開された。今までの通説と異なるこの解釈は、非現実的なものだったのか。みずから歴史番組の構成と司会を務める編集者・ライターの安田清人氏が、徳川家定の「うつけ」評価について考察する。 * * * 平成20年のNHK大河ドラマ〈篤姫〉は、主人公篤姫の夫 [全文を読む]

大河のヒロインが映す時代3~21世紀「女性の時代の到来」

WEB女性自身 / 2017年01月14日17時00分

先入観がないだけに、実際の篤姫の写真とはイメージが全然違う宮崎あおいにも、違和感を抱かずにすみましたから」 幕末と現代の閉塞感が重なり、その中でたくましく生きる篤姫の姿に好感がもてたことも大きかったのだろう。その後も、徳川2代将軍・秀忠の正室となる江(『江』・ 11年)、新島襄の妻・八重(『八重の桜』・ 13年)、さらに吉田松陰の妹・杉文(『花燃ゆ』・ 1 [全文を読む]

いよいよ放送!宮崎あおい主演「眩(くらら)〜北斎の娘」はカンヌ行きも決定

ザテレビジョン / 2017年09月17日19時15分

何をするよりも絵を描くことが好きなお栄を宮崎あおいが演じ、父・北斎(長塚京三)の影として働きながら、やがて独自の画風を身に付けていく姿を描く。 北斎といえば、アメリカ「LIFE」誌が企画した「この1000年間に重要な功績を残した世界の人物100人」に選出された、唯一の日本人でもある。この夏、ロンドンの大英博物館で開かれた北斎展「Hokusai Beyon [全文を読む]

柴咲コウ、大河主演決定も女性主人公に不満続出!? “オンナ大河“が不安視されるワケ

メンズサイゾー / 2015年08月27日17時05分

しかしここ数年に限っていえば、2008年に放送された宮崎あおい(29)主演の『篤姫』、2011年の上野樹里(29)の『江~姫たちの戦国~』、2013年の綾瀬はるか(30)の『八重の桜』、そして井上の『花燃ゆ』があり、女性主人公の作品は増加傾向にある。 これらの作品の平均視聴率を比較すると、『篤姫』が24.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、ここ [全文を読む]

カーネーション主役交代 尾野真千子が老け役演じられぬ理由

NEWSポストセブン / 2012年02月25日16時00分

作家で五感生活研究所の山下柚実氏によれば、尾野真千子交代の理由は、「篤姫」演じた宮崎あおいと比較するとよくわかるという。以下は、山下氏の視点である。 * * * NHK連読テレビ小説「カーネーション」。絶好調の時は25%を記録した視聴率も、低下してきたとささやかれる今日この頃。 特に2月に入ってからは、ドラマをめぐって賛否両論の声が飛び交っています。直接の [全文を読む]

宮崎あおい、“べらんめえ”絵師で新境地! 4K映像で描く葛飾北斎と娘のドラマ

週刊女性PRIME / 2017年09月17日12時00分

主人公のお栄に宮崎あおい、北斎を長塚京三がそれぞれ演じる。 「北斎のドラマを作りたいと思っていたのですが、北斎は天才。天才を主人公にすると、見ている側が感情移入しにくいという問題がありました」 と、『植木等とのぼせもん』『あさが来た』『篤姫』などを手がけた佐野元彦プロデューサー。 「北斎の娘の目線からなら描ける、と思っていたら、まさに葛飾応為の生涯を書いた [全文を読む]

宮崎あおい、長塚京三と『篤姫』以来の共演「親父殿すげ~な~」

マイナビニュース / 2017年09月13日10時00分

9月18日にNHK総合で放送するドラマ『眩~北斎の娘~』(19:30~20:43)の試写会が12日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の宮崎あおいをはじめ、長塚京三、三宅弘城、脚本家の大森美香が出席した。 直木賞作家・朝井まかての小説『眩』を、脚本家の大森美香が脚色を施した同ドラマ。天才絵師・葛飾北斎を影で支えつつ、晩年には独自の画風にたどり着いた北斎の娘・お [全文を読む]

宮崎あおい、北斎の娘役で老けメイクに感激「素敵だなと思える年の取り方したい」

映画.com / 2017年09月12日17時00分

[映画.com ニュース]女優の宮崎あおいが主演するNHKの特集ドラマ「眩(くらら) 北斎の娘」の試写会と会見が9月12日、東京・渋谷区の同局で行われた。 葛飾北斎の三女として父を支えながら、独自の画風を見いだしたお栄(葛飾応為)の半生を演じた宮崎。お栄は勝ち気で気風のいい江戸っ子気質の女性で、「絵を描くことも、言葉遣いも着物の着方も初めてで新鮮なことがた [全文を読む]

宮崎あおい、「篤姫」以来9年ぶり共演の長塚京三に「すげえなあ」

CinemaCafe.net / 2017年09月12日15時32分

直木賞作家・朝井まかての小説「眩」を4Kドラマ化した「眩(くらら)~北斎の娘~」の試写会が9月12日(火)、NHK局内にて行われ、出演する宮崎あおい、長塚京三、三宅弘城と脚本家の大森美香が会見に出席した。 大河ドラマ「篤姫」以来、9年ぶりの共演となる宮崎さんと長塚さん。宮崎さんは、「『篤姫』でご一緒したときは、父親でもチャーミングで愛らしい印象でしたが、今 [全文を読む]

宮崎あおい、“老け顔メーク”に感心「貴重な経験」

ORICON NEWS / 2017年09月12日15時30分

女優の宮崎あおい(31)が12日、都内で行われたNHK特集ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』(18日放送 後7:30※総合テレビ)試写会後会見に出席した。直木賞作家・朝井まかて氏による小説『眩』を4Kドラマ化。江戸の天才絵師として知られる葛飾北斎の三女・お栄(宮崎)の半生を描く同作で、晩年のお栄として“老け顔”メークに挑戦。「本当に上手で貴重な経験をさせて [全文を読む]

「あの子と一緒は嫌!」堀北真希の引退で思い出される、宮崎あおいとの確執

日刊サイゾー / 2017年03月03日09時00分

そんな中、2日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、宮崎あおいが岡田准一と結婚するのではないかと報じている。 実は、そんな堀北と宮崎の2人が、過去の撮影現場でバチバチのバトルを繰り広げていたことがある。 「2008年に放送された、宮崎主演のNHK大河ドラマ『篤姫』でのこと。堀北は宮崎のライバル役を演じたのですが、当時の週刊誌では、2人の確執ぶりが、たびたび報 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

篤姫を演じた宮崎あおいは大スターとなり、徳川家定役の堺雅人も、その演技力が高く評価された。■2005年のパラダイムシフト俗に、先の『冬ソナ』の大ヒットを受け、テレビの視聴者の構造が女性主導に変わった現象を「2005年のテレビ界のパラダイムシフト」と呼ぶ。現に映画界でも、05年に邦画の興行収入が洋画を逆転。そこから邦画主導の時代になるが、それも映画の観客が女 [全文を読む]

知人殺された宮崎あおい、消えた上野樹里、独立騒動の井上真央……大河女優のジンクスに柴咲コウ戦慄!?

日刊サイゾー / 2016年05月27日20時30分

宮崎あおいは『篤姫』出演中に、当時の夫・高岡奏輔が兄貴分と慕っていたヤクザのKがリンチに遭い死亡。Kが2人の結婚式でスピーチしていたことなどが報じられ、宮崎自身にも黒い交際のウワサが付きまとう結果に。さらに、『江~姫たちの戦国~』で主演を務めた上野樹里は、この出演を最後に3年にわたる謎の休業へ。同作への酷評を受け、メンタル面に支障をきたしたなどと臆測を呼ん [全文を読む]

直木賞作家・宮尾登美子の追悼番組がNHKで放送決定

Smartザテレビジョン / 2015年01月21日17時57分

また、前述の「義経」と「篤姫」に出演した松坂慶子や、「篤姫」で主演を務めた宮崎あおいがインタビュー出演する。 1月22日(木)昼5時から放送の「世界・わが心の旅『中国 53年目の朱夏』」(NHK BSプレミアム)では、19歳の時に夫と娘と共に満州へ渡った宮尾さんが、53年ぶりに中国を訪れる旅の中で、当時の体験を振り返っていく。 [全文を読む]

宮崎あおい、北斎の娘の跡をたどり大英博物館へ

ザテレビジョン / 2017年09月12日19時31分

NHK総合で9月18日(月)に放送される特集ドラマ「眩~北斎の娘~」(夜7:30-8:45)の完成試写会が行われ、主演の宮崎あおいをはじめ、長塚京三、三宅弘城が登壇。作品の見どころの他、共演者の印象などを語った。 同作は、江戸の天才絵師・北斎(長塚)の娘・お栄(宮崎)の半生を描いたヒューマンドラマ。何をするよりも絵を描くことが好きなお栄は、嫁ぎ先から父であ [全文を読む]

宮崎あおい「とても幸せな1カ月でした」 葛飾北斎の娘役で“老けメーク”にも挑戦

エンタメOVO / 2017年09月12日17時08分

特集ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」の試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の宮崎あおい、長塚京三、三宅弘城、脚本の大森美香氏が登壇した。 本作は、天才絵師・葛飾北斎を陰で支えながら、晩年に独自の画風に辿り着いた北斎の娘「お栄」の半生を描いた物語。 お栄役の宮崎は、絵師を演じる中でたくさんの“初めて”を経験したといい「物を作る、お芝居をするというのが純 [全文を読む]

“丁寧な暮らし系女子”アピールに余念がない宮崎あおい、男性共演者を次々に魅了する理由

messy / 2017年04月27日23時00分

好きな顔の女優を聞かれた綾野は、「会ったことのある中でトータル的に本当に素敵だなと思ったのは宮崎あおいさん(31)」と発言。笑顔も醸し出すオーラも素敵で、心配りもできると絶賛をしていた。 子役時代から実に30年近いキャリアを持つ宮崎は、日本の映画監督にとっては一時期まさにミューズで、数々の主演映画が制作されてきた。NHK朝ドラも大河も主演を経験し、今や大御 [全文を読む]

深津絵里に宮崎あおい“そばかす”は美女の証?

日刊大衆 / 2017年01月22日22時00分

私生活ではテキーラ7杯でも酔わない酒豪として知られている彼女、ほどよい(?)お酒が、美肌の秘訣なのかも!? 2005年、映画『NANA-ナナ-』でブレイク、2008年にはNHKの大河ドラマ『篤姫』で主演を務めた宮崎あおい(31)にもそばかすがあります。このそばかすは、かれんな雰囲気の彼女にピッタリ。最近ではこれまで演じたことのないような役にも果敢にチャレン [全文を読む]

大島優子に宮崎あおい、子役で活躍していた有名女優たち

日刊大衆 / 2016年09月26日13時30分

女優の宮崎あおい(30)は子役としての映画デビューは13歳頃で、1999年公開の大林宣彦監督作品『あの、夏の日』だが、母親の“思い出に残るように”という思いから、4歳のときにCMや雑誌などに登場している。その他、ドラマや映画にも出演していたらしいが、名前のつかないような役が多かったそうだ。『篤姫』でNHKの大河ドラマの主演を歴代最年少で務めて以降、大物女 [全文を読む]

フォーカス