宮里藍 獲得賞金に関するニュース

宮里藍「しっかりとスタートしたい」

ParOn.(パーオン) / 2015年03月19日09時45分

JTBCファウンダーズカップ初日を明日に控え、プロアマ戦に宮里藍、上原彩子、野村敏京が出場。宮里美香と横峯さくらはコースの練習場で調整を行った。 ホンダLPGAタイランドに出場してから3週ぶりの試合となる宮里藍は、先週の水曜から現地入りして調整を続けた。「特に何かを修正したことはなく、すごくいい調子で来ているので、その調子を維持するように練習していました。 [全文を読む]

賞金よりポイント!? 今週の大会に出場する宮里藍の狙いとは?

ParOn.(パーオン) / 2014年10月28日18時00分

賞金ランキング89位(11万5659ドル)の宮里藍が、今週のフボンLPGA台湾選手権にスポンサー推薦で出場する。予選落ちのない大会は賞金シード獲得を目指す彼女にとってラッキーな大会に思えるが、実は「予選落ちのない試合に推薦で出場した選手の獲得賞金は賞金ランキングに加算されない」という、米女子ツアー独自のルールがある。 ではなぜ、宮里は同大会に出場するのだろ [全文を読む]

イ ボミ 流れを変えた絶妙アプローチで勝利呼び込む

ParOn.(パーオン) / 2014年08月17日17時52分

文・高桑均参考:生涯獲得賞金3億円突破ランキング1位 アン ソンジュ 55試合2位 宮里藍 57試合3位 イ ボミ 86試合4位 上田桃子 88試合5位 横峯さくら 98試合 [全文を読む]

宮里藍は12位、リディア・コが逆転で今季2勝目!

ParOn.(パーオン) / 2014年07月21日07時53分

宮里藍が68で回り、通算9アンダーの12位タイに入った。5位スタートのリディア・コ(ニュージーランド)が6つ伸ばし、通算15アンダーで逆転優勝。 初日から首位を守ったローラ・ディアスが、前半で二つスコアを落として脱落すると、首位に2打差の5位からスタートしたリディア・コが、前半3バーディ、後半も3バーディのノーボギー、6つ伸ばして通算15アンダーで逆転優勝 [全文を読む]

宮里藍は、日本の女子ゴルフをどう変えたか プレーヤーの枠を超えて残した巨大な功績

東洋経済オンライン / 2017年05月31日08時00分

2000年代前半から日本ゴルフ界を牽引し続けた宮里藍選手の引退表明会見が、5月29日、都内のホテルで開かれた。彼女の引退で、一つの時代が終わる。そう言っても過言ではないだろう。ホテルの会場に詰めかけた記者やカメラマンなどの報道陣は、300人を超えていた。「モチベーションの維持が難しくなったのが一番の決め手」。45分にわたる会見で、宮里は突然にも感じられた引 [全文を読む]

2015年賞金女王のイ・ボミが米LPGAツアーに参戦!「ホンダLPGAタイランド」とメジャー初戦「ANAインスピレーション」への出場を決めたイ・ボミにWOWOWが独占取材!

PR TIMES / 2016年02月18日09時40分

日本からも宮里藍や宮里美香、横峯さくらなど多数の選手の出場が予定されている中、2015年日本ツアー賞金女王のイ・ボミも第4戦「ホンダLPGAタイランド」へ参戦することが決定した。昨年は日本で7勝を挙げ、獲得賞金は2億円を突破。男女含めた日本ツアー史上最高額で賞金女王に輝くなど日本中に大旋風を巻き起こしたイ・ボミ。今年は112年ぶりにゴルフが正式種目に復活す [全文を読む]

美女ゴルファー・香妻琴乃 成績不振の裏にあったライバルたちの苛烈な“包囲網”

アサ芸プラス / 2015年05月04日09時56分

JALなんて、女子ゴルファーでは過去には宮里藍ぐらい。ベンツにしても、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のオフィシャル・パートナーを務めるビッグネームです」 女子ゴルフ界の新ヒロイン・香妻への異例の待遇は、それだけではなかった。「3月6日から沖縄で行われた開幕戦『ダイキンオーキッドレディス』の前夜祭で主催側が指名するフォトセッションに香妻が登場したんです。 [全文を読む]

結婚して海外に挑む横峯さくらに「俺も妻も賛成」とパパ告白

NEWSポストセブン / 2014年12月05日07時00分

宮里藍は97位)。 「行くからには1、2勝はしてもらいたいね」 ついに“娘離れ”を迎える良郎氏は寂しそうに笑う。米国の地で満開の桜を咲かせてほしい。 ※週刊ポスト2014年12月12日号 [全文を読む]

ParOn.的「女子ツアー対抗戦」日本vsアジア、強かったのはどっちだ? vol.3

ParOn.(パーオン) / 2013年12月12日12時00分

そして、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでは、宮里藍を押さえたイ ナリがツアー初優勝。2008年から日本ツアーに参戦し、6年目にしての悲願達成となり、またmeiji カップでは、日本ツアー参戦5年目のナ ダエが初優勝。韓国勢の層の厚さをまざまざと見せつけた。 “じぇじぇじぇ”な記録が途絶えたのは、NEC軽井沢72ゴルフトーナメント。成田美寿々がツアー [全文を読む]

フォーカス