黒木華 真田丸に関するニュース

黒木華、2度目の大河に「最後まで生きていられる…」「ちゃんと食べ物食べられるかな…」

モデルプレス / 2017年03月27日14時06分

黒木華/モデルプレス=3月27日】女優の黒木華が27日、2018年大河ドラマで鈴木亮平が主演する「西郷どん」(せごどん)のヒロイン選ばれ、会見に登場。同作は、「本の旅人」で連載中の林真理子氏 の「西郷どん!」が原作。男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。 主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン [全文を読む]

『真田丸』はなぜ、黒木華を殺したか──脚本を左右する俳優の“出演”事情とは?

おたぽる / 2016年05月03日12時00分

人気大河ドラマ『真田丸』(NHK)において、堺雅人演じる真田信繁の初恋の相手である梅を演じた黒木華が早くも死亡してしまった。これが、同じく信繁の幼なじみであるきり役を演じる長澤まさみの“差し金”ではないかと話題となっている。 「不仲説などがささやかれていますが、さすがに脚本まで変えられるということはないでしょう。黒木華は4月から始まったドラマ『重版出来!』 [全文を読む]

今夜の予習!恋愛・結婚が運命を変える大河ドラマ『真田丸』

しらべぇ / 2016年04月10日19時00分

■戦と人質が「出会い」のきっかけに先週放送された「第一次上田合戦」で、真田信繁の側室で黒木華が演じる「お梅」が徳川軍に討たれて死亡(史実にはこの合戦で亡くなった記録はない)。お梅が残したひとり娘とともにふたたび独身に戻った信繁は、豊臣家への人質として大阪に向かうことになる。ここで、後に関ヶ原の戦いで西軍を率いた石田三成やその盟友の大谷吉継と出会うわけだが、 [全文を読む]

戦国武将ファンの男性にアタックするなら!いま熱い戦国ドラマって?

ANGIE / 2016年02月09日07時01分

■女子が楽しむならここに注目! 堺雅人や大泉洋といった個性的な俳優陣にももちろん注目ですが、幸村の初恋の相手・梅(黒木華)と幼なじみ・きり(長澤まさみ)の女同士の対決も注目。また戦いばかりではなく真田家の家族愛などもたっぷり描かれているので、女性も楽しめること間違いなしですよ。 共通の話題が距離を縮める この2作はどちらもとても分かりやすく、歴史が苦手と [全文を読む]

【WOWOW】土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」の製作が決定!

PR TIMES / 2016年02月07日10時03分

猫好きのあなたに朗報!宮沢りえ主演「連続ドラマW グーグーだって猫である」の放送から約1年…続編は6月放送予定 宮沢りえ×犬童一心監督が再びタッグを組み大島弓子の世界感をお届け! そして、長塚圭史、黒木華、田中泯と豪華キャスト陣も再集結!! [画像: http://prtimes.jp/i/1355/3073/resize/d1355-3073-87291 [全文を読む]

堺雅人主演大河、竹内結子・中川大志ら追加キャスト発表

モデルプレス / 2015年09月24日12時11分

主演の堺のほか、大泉洋、木村佳乃、草刈正雄、高畑淳子、草笛光子、寺島進、中原丈雄、藤井隆、平岳大、段田安則、遠藤憲一、吉田羊、藤岡弘、、高嶋政伸、斉藤由貴、近藤正臣、内野聖陽、長澤まさみ、黒木華、西村雅彦、藤本隆宏の出演がすでに発表されている。 「真田丸」は2016年1月10日スタート。(modelpress編集部) [全文を読む]

堺雅人「花燃ゆ」視聴率にコメント

モデルプレス / 2015年07月10日13時36分

さらに会見には欠席となったが長澤まさみ(きり役)、黒木華(梅役)、西村雅彦(室賀正武役)、藤本隆宏(堀田作兵衛役)の出演も発表された。 ◆真田幸村の活躍を三谷幸喜脚本で描く 大河ドラマ第55作「真田丸」は、三谷幸喜が脚本を手がける「大坂の陣」で劣勢が明らかな中、追い込まれた大坂城に駆け付け、抜群のリーダーシップを発揮し、胸のすくような活躍をした真田幸村の物 [全文を読む]

堺雅人主演大河、“永遠のライバル”内野聖陽&“堅実な兄”大泉洋と描く「愛とサバイバルの物語」

モデルプレス / 2015年07月10日13時01分

さらに、この日の会見には欠席となったが長澤まさみ(きり役)、黒木華(梅役)、西村雅彦(室賀正武役)、藤本隆宏(堀田作兵衛役)の出演も発表された。 なお、撮影は9月初旬に地方ロケからスタートする予定で、初回から堺、大泉、内野が登場。信繁の青年期からの生涯を描いていく。「真田丸」は2016年1月スタート。(modelpress編集部) [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

6位(1票)■『重版出来!』(TBS系)「古風な役柄がピカイチの黒木華さんが現代劇でもあの可愛らしさ!低迷する出版業界が枠組みを取っ払って番組に協力した背景も好感。」小学館の人気コミックを名人・野木亜紀子サンが珠玉の脚色。黒木華サンがハマり役でしたね。オダジョーもいつものスカした役じゃなくて好感が持てました(笑)。小学館だけじゃなく、ライバルの講談社や、ロ [全文を読む]

黒木華ってなんて読む?ドラマ好評も悲しい結果に…

しらべぇ / 2016年05月06日07時00分

(画像は『真田丸』公式サイトのスクリーンショット)TBSで毎週火曜日に放送中のドラマ『重版出来!』主演で話題の俳優、黒木華。『真田丸』(NHK)にも出演し、真田信繁の最初の妻という重要な役を担っていた。俳優として順調にキャリアと知名度を上げている彼女だが、意外なところでも注目を集めやすい人でもある。それは名前の読み方が変わっている、というもの。■半数以上が [全文を読む]

フォーカス