佐藤栄作 岸信介に関するニュース

鳩山・安倍…戦後の歴代総理大臣 33人中13人が親戚だった

NEWSポストセブン / 2016年07月12日11時00分

安倍家と麻生家の両家を軸に系図を辿ると、吉田茂、鳩山一郎をはじめ、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、三木武夫、鈴木善幸、宮沢喜一、細川護煕、橋本龍太郎、鳩山由紀夫と、戦後の総理大臣のうち13人が繋がり、まさに日本政界のエスタブリッシュメント(支配階級)を構成する閨閥が構成されている。 この閨閥は皇室ともつながり、住友財閥、森コンツェルン(昭和電工)、日産コンツ [全文を読む]

大前研一氏 菅官房長官の「粛々に」発言の意味を解説する

NEWSポストセブン / 2015年06月26日16時01分

ところが、この“事実”を安倍首相の大叔父である当時の佐藤栄作首相も、その後の自民党政権も、外務省も一切、国民に説明していない。自民党の悪しき外交慣習として、文書に残っていないか、残っていたとしても隠している。 だから沖縄で米軍基地反対運動が続くわけだが、アメリカにしてみれば、なぜそんなことで騒ぐのか理解できないというのが本音だろう。 わかりやすい例は、オ [全文を読む]

安倍一強の最大の敵は、民進党ではなく小池百合子

文春オンライン / 2017年03月10日17時00分

偶然にも、明治改元50年は寺内正毅、90年は岸信介、100年は大叔父・佐藤栄作が首相だった。いずれも安倍と同じ長州、山口の出身である。 付言すれば、来年10月に訪れるであろう「明治ブーム」は、皮肉にも同年末に想定される今上天皇の譲位と相前後する。明治改元150年と平成の終わり――その運命的な重なりを意識しながら、安倍は来秋、総裁3期目の門出を迎えることを企 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(5)法案成立のため敵の懐にも足を運び

アサ芸プラス / 2016年06月29日05時55分

田中は当時、建設大臣であった佐藤栄作にも頼みこんだ。吉田学校の先輩である佐藤栄作は、大きな眼をぎらりと光らせ、「わかった。君のために、ひと肌脱ごう」 と力を貸してくれた。 ついに、ガソリン税法は、53年7月、参議院本会議で可決され、同月23日公布となった。 大蔵省側のメンバーは、戦後初めて立法府に敗れて歯ぎしりした。〈田中め‥‥〉 田中は、喜びに燃えてい [全文を読む]

安倍首相の根深い学歴コンプレックスを父親の番記者と大学の恩師が暴露! 何の勉強もせず保守主義を叫んで...

リテラ / 2015年12月02日20時00分

祖父の岸は東大法学部時代に、後に東大名誉教授となる法学者の大家・我妻栄と首席を争った秀才で、大叔父の佐藤栄作、父方の祖父寛、父の晋太郎も東大法学部出身だ〉 安倍首相と同じく成蹊小からエスカレートで大学までいた兄の寛信も、成蹊大学卒業後、東大大学院に進んでいる。 だが、幼少期から勉強が好きでも得意でもなかった安倍首相は、父・晋太郎に「東大へ行け」と尻を叩かれ [全文を読む]

安倍首相が心酔するおじいちゃん・岸信介の戦争犯罪! アヘン取引でブラックマネーを集め戦争を遂行

リテラ / 2015年08月16日12時00分

元首相の佐藤栄作は実弟だ。兄弟の父は岸家の人だが長州藩士に連なる佐藤家の娘と結婚したため、佐藤家の分家の形で佐藤姓を名乗った。中学生のときに岸が父の実家である岸家に養子入りして、「岸信介」が誕生する。 地元の高等小学校を卒業した後、名門岡山中学から山口中学に転校し、いずれも首席を続けた。東京帝国大学入学後も、後に民法学の大家となる我妻栄と首席を分け合う秀才 [全文を読む]

岸信介、池田勇人、中曽根康弘 3人の宰相が権力誇示した館

NEWSポストセブン / 2012年09月11日07時00分

連日デモ隊に包囲された岸は、首相官邸で実弟の佐藤栄作と死を覚悟したというほど追いつめられた。新安保条約の批准書交換日からほどなくして岸内閣は総辞職。安全保障を米国に委ね、経済に注力することでその後の高度経済成長の礎を築いたのは、この時の岸の「決断」によるところが大きい。 1970年に御殿場に居を移したが、ひそかに憲法改正と首相復帰を望んだという。現在は東山 [全文を読む]

池田勇人マンガ「疾風の勇人」突如終了 「圧力」憶測をモーニング編集部に聞く

J-CASTニュース / 2017年05月30日11時56分

本作でも登場人物はかなり脚色されており、たとえば池田勇人はどぎつい広島弁を話し、親友の佐藤栄作とはしばしば殴り合いのケンカを繰り広げる一方、権力者やGHQなどにも屈しない、熱血の快男児として描かれている。フリースタイル社刊行の「このマンガを読め!」2017年版では、第2位にランクイン。新聞や雑誌でもたびたび取り上げられ、4月21日に最新5巻が発売された際に [全文を読む]

悩ましい「脳の老化」進行を防ぐ2つの方法とは

サライ.jp / 2017年05月20日21時00分

放っておけば岸信介や佐藤栄作(ぜひGoogleで画像検索してみてほしい)級のブルドッグ顔になってしまう、いや、もうなっていると、慌ててジョギングを始めたが、続かないのが情けない。これらは目に見える老化だ。自覚症状もある。だが、見えない老化もある。身体の中、とくに脳の老化は目に見えず、自覚も難しい。これだけ高齢者が増え、現実に認知症など「脳の老化」が問題にな [全文を読む]

<成蹊大卒の安倍首相>内閣総理大臣に学歴は関係あるのか?

メディアゴン / 2017年02月06日07時30分

大叔父は佐藤栄作内閣総理大臣(東京帝国大学法学部卒)。華麗な政治家一族である。このなかで、安倍首相はなぜ成蹊学園にすすみ、そのままエスカレーター式に成蹊大学に進学したのか。筆者も同じ世代だが、安倍首相の大学受験は一期校、二期校の時代であった。東京に住む成績上位層の若者にとって、狙う一期校は東大、一橋大、東京工大などであり、二期校は選択肢がなく、私立の早稲田 [全文を読む]

フォーカス