三谷幸喜 真田丸に関するニュース

真田丸『最終回』解説。死して400年後も視聴者を翻弄した真田の生き様

まぐまぐニュース! / 2016年12月18日22時00分

その時点で決まっていたのは、タイトルが『真田丸』、脚本が三谷幸喜さん、主演が堺雅人さん、というくらいの事。丸島さんと局に呼ばれて、プロデューサーさんや主だったスタッフさんたちとのブレーンストーミングに臨んだあと、渋谷までの道すがら「ずいぶん厳しい箝口令を敷かれたものですね」などと、丸島さんと話していたのが、つい昨日のことのようにも、遠い昔のようにも感じられ [全文を読む]

真田丸『第43話』裏解説。「籠城」作戦は本当に愚策といえるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月30日22時00分

#真田丸 — 碧也ぴんく (@pinkjyoudai) 2016年10月30日 #真田丸 脚本の重層的な巧みさはさすが三谷幸喜である。大阪方といっても茶々、大蔵卿一派、織田有楽斎、後藤又兵衛、左衛門佐、その他牢人武将。見事に重層的多面的にバラバラなのだ。こんなん戦争やれるわけないですやん(笑) それを上手く誤魔化して話を進めているあたりさすが三谷脚本である [全文を読む]

『真田丸』第6話をマニアック解説。氏政は息子に社長を譲った会長?

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日13時00分

#真田丸 — たえこ (@taenosuke) 2016, 2月 14 “@acrobunch: 徳川方がこういうワイプのオチで終わるホームコメディにしか見えない #真田丸 pic.twitter.com/ARfVEIZGLt” ちょっと笑ったw — 根津 (@n_e_z_u) 2016, 2月 14 姉ちゃんが本能寺後の混乱で行方不明になって、後日発見さ [全文を読む]

真田丸『第34話』裏解説。なぜ上杉景勝は家康に反旗を翻したのか?

まぐまぐニュース! / 2016年08月28日22時00分

お近くにご用事の際には是非お立ち寄りください!! 今週の『真田丸』SNS反応【編集部まとめ】 丁寧に「敗者はなぜ敗者なのか」を見せる三谷幸喜さん…かっこいいけど、この三成さんが支えようとする豊臣家では戦のない世を続かせるシステムは作れないのだと。#真田丸 — ぬえ (@yosinotennin) 2016年8月28日 「声が小さくて聞こえませんなあ~」って [全文を読む]

『真田丸』第4話をマニアック解説。幸村の父は元・足軽大将だった!

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日13時00分

今回は、キャストの個性に合わせて絶妙に脚本を描き分ける「アテ書き」の名手、三谷幸喜さんの凄さと、真田幸村の父・昌幸のエピソードについてです。 今週のワンポイント(1月 31 日) 今回のワンポイントはキャスト。別に三谷さんをヨイショしたからといって、仕事が回ってくるわけで はないので、ヨイショするつもりはないのだけれど、実際に自分が感じていることなので、正 [全文を読む]

『真田丸』第7話をマニアック解説。清洲会議は重役会議ではなかった?

まぐまぐニュース! / 2016年02月21日13時00分

今回は、三谷幸喜さんの小説、そして映画でも大きな話題を呼んだ「清洲会議」についてです。織田家の家臣が集まったこの会議、実際の様子はどうだったのでしょうか…? 今週のワンポイント(2月21日) 今週のワンポイントは清洲会議。三谷さんが、なかなか楽しい映画を作ってましたね。僕も、家内と映画館で大笑いしながら楽しんだ。ただ、実際の清洲会議は、織田家の家臣がみんな [全文を読む]

真田丸『第27話』裏解説。信長の野望より壮大な秀吉の「朝鮮出兵」

まぐまぐニュース! / 2016年07月10日12時00分

文人として描かれている秀次に耐えられなかったのも無理はない — 地雷魚『越天の空』7/9 新潮社より発売 (@Jiraygyo) 2016年7月10日 病気以外何でももらうかんなーコラァ!三谷幸喜はジョジョ読んでる疑惑。(良きこと)#真田丸 pic.twitter.com/K64fiegfmQ — アルファ (@CafeCoral) 2016年7月10日 [全文を読む]

堺雅人主演「真田丸」最終回の視聴率発表

モデルプレス / 2016年12月19日11時04分

◆脚本は三谷幸喜 大河ドラマ第55作「真田丸」 大河ドラマ第55作「真田丸」は、三谷幸喜氏が脚本を手がける「大坂の陣」で劣勢が明らかな中、追い込まれた大坂城に駆け付け、抜群のリーダーシップを発揮し、胸のすくような活躍をした真田幸村の物語。戦国のスーパースターの幸村の波瀾万丈の生涯を三谷氏が勇気と愛に満ちた物語としてオリジナルで描いた。(modelpres [全文を読む]

「真田丸跡地でない」と判明した神社の宮司の意外な反応

NEWSポストセブン / 2016年03月03日16時00分

三谷幸喜・脚本で話題の『真田丸』の主人公・真田幸村(堺雅人)の終焉の地である大阪に、早くも観光客が集まっているのだ。 三光神社の境内には、軍配を振りかざす真田幸村像がそびえ立ち、「真田丸跡」と書かれた顔ハメ看板や真っ赤なのぼりが並ぶ。 ところが、である。最新の調査によるとこの神社は「真田丸跡地ではない」というのだ。調査した城郭研究家の千田嘉博・奈良大学学 [全文を読む]

ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

でも、脚本を書いている三谷幸喜さんはそんな評価をガラッとくつがえして、魅力たっぷりの石田三成像を作ってくれました。普段はクールで口数も少なく、理路整然と振る舞っていますが、何かの拍子にい熱い心が抑えられずに吹き出すシーンが垣間見られます。そのあたりに注意してみてもおもしろいかもしれませんね。■『真田丸』の衣装も見ることができる「MEET三成展」ところで、石 [全文を読む]

フォーカス