小倉優子 こりん星に関するニュース

逃れられない呪縛か、はたまた緻密な戦略か...実質、こりん星トークを再開させた小倉優子の目論見とは

メンズサイゾー / 2014年11月10日19時40分

8日深夜放送のバラエティ『坂上目線』(テレビ東京系)に、"ゆうこりん"こと小倉優子(31)が出演した。9月に出演した『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、お馴染みの"こりん星"キャラの限界について、改めて赤裸々に吐露し、「今後はもうこりん星のことはきっぱり忘れてください」と懇願した彼女だったが、今回再びそのネタを振られ、当時の言葉づかいを披露する姿は、 [全文を読む]

【ウラ芸能】小倉優子、キャラ迷走の代償

NewsCafe / 2015年08月17日15時00分

デスク「タレントの小倉優子(31)がCMで『こりん星、なかったと思ってますよね? だから作っちゃいました』って言ってて、びっくりして二度見しちゃった」記者「スマホのアプリのCMですね。宣伝になるとシャクなので内容説明はやめますが、世間の失笑を買っているところ…というか、関係者以外全員が、え?って感じですよね」デスク「うん。『こりん星はなかった』って言ったの [全文を読む]

小倉優子、夫との不仲説にコメント “こりん星”キャラ秘話を明かす

モデルプレス / 2015年07月28日11時47分

【モデルプレス】タレントの小倉優子が、夫との不仲説にコメントをした。28日、都内で行われたアプリの新TVCM発表会に出席。小倉は、4年目となる結婚生活について「旦那さんが忙しいんですけど、以前そういうことを言っちゃったら“離婚”みたいに言われちゃったことがあって反省しました。不仲ではなく大丈夫ですので」と不仲説を一蹴し、順調な関係をアピールした。 同アプリ [全文を読む]

小倉優子、“ウソキャラ”演じた過去の苦悩を激白

モデルプレス / 2015年05月04日11時59分

【モデルプレス】タレントの小倉優子が、“ウソキャラ”を演じた過去の苦悩を激白する。 過去に“しくじった”ことのある人物が、同じ失敗をしてしまう人を増やさないよう授業を行う反面教師バラエティー「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系、月曜よる8時~)。5月11日放送分では、小倉が“こりん星キャラに押しつぶされちゃった先生”として登壇。ウソのキャラ [全文を読む]

小倉優子の“ゲス夫切り”を世間は全面支持も、残された大問題とは?

アサ芸プラス / 2017年03月14日09時59分

小倉優子が、不貞騒動を起こした夫でカリスマ美容師の菊地勲氏と離婚。別居中であった菊地氏とは昨年末から話し合いが進み、慰謝料なし、子供2人の親権を小倉が持つことなどで合意したという。 第2子である次男は生後4カ月ということで生まれて間もないことなどを考えると、シングルマザーとしての今後の道はかなりの苦労の連続だろう。しかし、今回の離婚については「別れて正解」 [全文を読む]

小倉優子「こりん星」を黒歴史認定「ストレスで毎晩飲み歩く」日々だった

デイリーニュースオンライン / 2015年05月12日15時50分

タレント・小倉優子(31)が、5月11日放送のバラエティ『しくじり先生 俺みたいになるな!』(テレビ朝日)に出演し、19歳から28歳まで10年間演じてきた“こりん星”に押しつぶされた過去を告白したことが、ネット上で話題になっている。 かつて、小倉は「こりん星から来たりんごももか姫」であるという“こりん星キャラ”で、各種トーク番組などに出演し、人気を得ていた [全文を読む]

小倉優子「よく改札で泣いていた」過去の苦悩明かす

モデルプレス / 2017年05月08日12時21分

小倉優子/モデルプレス=5月8日】タレントの小倉優子が7日、日本テレビ系「チカラウタ」(毎週土曜よる5時~)に出演。“こりん星キャラ”で人気を博していた時代の苦悩を明かした。◆「こりん星なんて言っている自分と仲良くなりたいと思う人なんていない」孤独だった過去明かす 大学進学に合わせ、地元から上京した小倉。当時、すでに芸能活動をしていたが学生生活で友達を作 [全文を読む]

小倉優子がプロ妻化 ファンは「こりん星に戻って」と嘆き節か

しらべぇ / 2016年07月24日07時00分

「こりん星からやって来たりんごももか姫」というエッジの効いたキャラで一世を風靡した「ゆうこりん」こと小倉優子。今ではすっかりママタレになり、先月には第二子の妊娠を発表した。そんな彼女が、22日に放送されたフジテレビ系番組『ノンストップ』にて近況を報告、その「プロ妻」っぷりに他の出演者が驚く一幕があった。■夫婦円満の秘訣は徹底した「優しい姿勢」この日、番組で [全文を読む]

アイドルの「卒業」名場面30年史(9)小倉優子、時東ぁみは“キャラ”に悩み抜いた末に…

アサ芸プラス / 2016年03月21日09時59分

近年の代表例は、小倉優子が扮した「こりん星人」になるだろう。どんなにツッコまれても「こりん星はあるんです!」と突っぱねてきたが──、「こりん星は09年でやめたんです。これからは等身大の私でいこうかなと。今までこりん星をありがとうございました」 10年2月のイベントで、そんな決別宣言。人気の「しくじり先生」(テレビ朝日系)でも、こりん星人というウソ設定を10 [全文を読む]

第10回「小倉優子は離婚を機に“ほんわかキャラ”をやめたほうがいい」

WEB女性自身 / 2017年03月14日00時00分

この人って、実はものすごく武闘派で苦労人だ! 元こりん星の「りんごももか姫」こと小倉優子さん(33)を見ていると、ついそんな言葉が口をついて出ます。 元祖不思議系アイドルとして人気者になったゆうこりん。こりん星の姫という設定が印象的ですが、彼女の芸能人としての遍歴は山あり谷あり深い谷あり。苦労と努力の連続のようにみえます。 デビュー当時は「こりん星からいち [全文を読む]

フォーカス