西郷隆盛 坂本龍馬に関するニュース

鈴木亮平、2018年大河ドラマ「西郷どん」主演に決定

モデルプレス / 2016年11月02日12時20分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。鈴木は主人公の西郷隆盛を演じる。 ◆鈴木亮平の起用理由について<制作統括の櫻井賢氏> 鈴木の起用理由について制作統括の櫻井賢氏は、「舞台や映画、様々な役を体当たりで演じているのを見て、(鈴木は)“まだまだ化けるぞ”と改めてお迎えして実感しています」と期待を寄せ、「何よりも西郷隆盛[全文を読む]

電子書籍『西郷隆盛』(1~8巻)がKindleストアにて配信開始!! 維新の巨星・西郷隆盛を歴史漫画の巨人・横山まさみちが描く! 西郷隆盛、坂本龍馬、大久保利通ら、明治維新を彩った英雄たちが鮮烈な筆致でよみがえる。

@Press / 2014年01月21日13時45分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井 仁)は、横山まさみち画、林房雄作『西郷隆盛』(1~8巻)を2014年1月20日よりKindleストアにて配信開始したことを発表します。<書籍概要1>■『西郷隆盛』(1巻)著者:横山まさみち価格:100円◆Kindleストアリンク: http://amzn.to/1msey6F<内容紹介>明治維 [全文を読む]

鈴木亮平主演の大河「西郷どん」でまさかの“ボーイズラブ”?「お楽しみにして…」

モデルプレス / 2016年11月02日13時59分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。鈴木は主人公の西郷隆盛を演じる。脚本は同局の連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当し、この日は鈴木、林氏、中園氏が会見に出席した。 ◆大河でボーイズラブ? 会見中、林氏が原作で“ボーイズラブ”を描いていることを示唆。 これを受け、制作統括の櫻井賢氏は会見後の囲み [全文を読む]

龍馬?土方?生まれた日でわかる、あなたに合う「幕末志士」彼氏タイプ【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年11月20日10時15分

◆2、11、20、29日生まれのあなたは「西郷隆盛」タイプがお似合いあなたは心根が優しく感受性も鋭い人。かまってちゃんなので、相手にされないとすねることも。アイデアが豊富で芸術的センスもあるので、趣味志向の異なる相手はパスしたいはず。そんなあなたのパートナーには、素直な生き方を理解し側にいてくれるような、そして仕事は任せて安心な「西郷隆盛」タイプがお似合い [全文を読む]

大河ドラマに先駆けて!あの「西郷どん」愛用の日本刀が食卓で活躍します!

@Press / 2017年05月18日20時15分

ホビーメーカー株式会社壽屋(本社:東京都立川市曙町/代表:清水一行)は、「日本刀」をモチーフにしたお箸シリーズ「侍箸TM」の新作として、2018年の大河ドラマ化で話題の西郷隆盛愛用の日本刀「伊勢千子村正」型のお箸と、日本刀の鍔(つば)『鉄地波千鳥図八角型』型のコースターを、同じく幕末に活躍した坂本竜馬『唐獅子牡丹鍔』モデルと同時に2017年9月に発売します [全文を読む]

瑛太、初共演の鈴木亮平を「電車のホームで見かけた」時のエピソードに報道陣笑い

モデルプレス / 2017年03月27日13時20分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。 主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当する。 この日、瑛太のほか、鈴木、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅(ドランクドラゴン)、風間杜夫、平田満、松坂慶子がキャストとして選ばれ会見に出席。 ◆瑛太、鈴木亮平をホームで… [全文を読む]

鈴木亮平主演2018年大河ドラマ「西郷どん」のキャストに瑛太ら<8人発表>

モデルプレス / 2017年03月27日12時33分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。 主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当する。 ◆追加キャストに瑛太ら この日、瑛太のほか、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅(ドランクドラゴン)、風間杜夫、平田満、松坂慶子がキャストとして選ばれ会見に出席。 宮崎あおいが [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】次期大河『西郷どん』は「征韓論」をどう扱う? 安倍政権「“明治維新の映画”支援検討」は吉凶どちらに出るか

TechinsightJapan / 2017年01月16日06時00分

『直虎』は戦国時代を描いたものだが、2018年の大河ドラマに決定している『西郷どん』は明治維新の立役者・西郷隆盛が主人公だけに政府が映画支援を考えている時代と同じだ。 報道によると、政府は1868年の明治維新から150年の節目となる2018年の記念事業として「明治維新の映画やテレビ番組の制作支援」の検討に入った。「明治の精神に学び、日本の強みを再認識する」 [全文を読む]

18年大河『西郷どん』にキムタクは無理?目に余る”ジャニーズの迷走”

デイリーニュースオンライン / 2016年10月31日10時05分

“西郷どん”こと西郷隆盛は「がっしりした体つき」で「男臭い」がイメージがある。そうしたことから主演候補には、鈴木亮平(33)や山田孝之(33)、過去に西郷隆盛を演じた宇梶剛士(54)といった名前も浮上している。当初は、堤真一(52)が抜擢されたと伝えられたが、所属事務所はこれを否定した。 そんな中、なぜか名前が挙がっているのが木村拓哉(43)だ。一部報道で [全文を読む]

坂本・西郷・土方と一夜をともにするなら!?抱かれてもいい偉人ランキング

しらべぇ / 2015年10月02日06時00分

本記事では、坂本龍馬、西郷隆盛、土方歳三、幕末を生きた3人の男性について、世の女性の皆さんが誰になら「抱かれてもいい」と感じているかのランキングを発表しよう。男性のみなさんも、ぜひ「自分なら誰に抱かれるか...」を考えてもらいたい。※ここからは、架空の女子会風にお送りします。※女子会参加者◯マユミ(27歳・経験人数8人)◯ヤスエ(26歳・経験人数3人)◯ナ [全文を読む]

フォーカス