前川清 藤圭子に関するニュース

和田アキ子「アカン…」前川清との“ガチ恋話”で赤面

日刊大衆 / 2017年03月10日12時05分

3月3日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、歌手の前川清(68)が出演。48年前の和田アキ子との“禁断愛”や、故藤圭子さんとの結婚、離婚について語った。 番組は「ホンネでハシゴ酒」をテーマに、酒を酌み交わしながら司会のダウンタウンの松本人志(53)、浜田雅功(53)、進行役の坂上忍(49)とゲストがトークするというもの。今回は坂上のピンチヒッター [全文を読む]

64才映画初主演の前川清 監督から容赦ないダメ出し受けた

NEWSポストセブン / 2012年11月03日07時00分

歌手として一線を走り続ける前川清(64才)が、映画『旅の贈りもの 明日へ』(公開中)で初主演を果たした。歌手デビュー44年を迎えた前川が、64才にして映画初主演とは、さぞや思い入れが強かったに違いない。そう思って尋ねると、前川からは意外なことに、こんな答えが返ってきた。 「日本の映画って“作りものでしょ?”って思っちゃうから、ぼくは感情移入できないんです。 [全文を読む]

前川清「宇多田ヒカルの義父」になる可能性もあった!?

日刊大衆 / 2017年03月17日16時05分

3月11日放送の『サワコの朝』(TBS系)に歌手の前川清(68)が出演し、元妻の故藤圭子について語った。 前川は「内山田洋とクール・ファイブ」時代の『長崎は今日も雨だった』『東京砂漠』『そして、神戸』や、ソロの『男と女の破片』など、数々のヒット曲を持つ昭和歌謡を代表する存在。はじめは歌についていろいろ聞いていた阿川佐和子(63)だったが、番組後半に「古い話 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(8)前川清との結婚でアイドル人気を失う

アサ芸プラス / 2013年09月26日10時00分

彼女のアイドル的な人気を前川清との結婚で失ったこともあるが、問題はそこからのケアをどうするかが事務所としての見せどころ」 長らくレコード業界に関わった榎本は、マネジメントの最大の仕事は「タレントの価値」を守ることだと言う。作詞家が本業である石坂には、そこまでのケアはできなかった。時には石坂が見つけてきた売れそうもない新人のため、大スターの圭子が「バーター」 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(3)ヘリで営業先を移動したことも

アサ芸プラス / 2013年09月11日10時00分

「やっぱり前川清との結婚と離婚はダメージがあったよ。前川の事務所の和久井保代表が『今の時代で言えばジャニーズとAKB48の結婚だろ』と言っていたけど、そのくらい藤圭子はアイドルだったんだな」 いくらかレコード売上げに陰りが見えたとはいえ、前述のように営業などを含めた人気は変わらない。川岸は圭子とともにヘリコプターで営業先を移動したことも何度かあった。 さ [全文を読む]

田中みな実、オリラジ藤森との恋愛エピソード語る 出会いと別れの直球質問も

モデルプレス / 2017年03月02日16時05分

前川清も登場 ほか、今回の放送には歌手の前川清も出演。和田はトーク開始早々から「(恋愛感情として)昔、大好きだったの」とアクセル全開で、40年以上前の前川との“禁断の恋”について赤裸々に語る。 さらに、当時23歳だった前川と20歳の藤圭子との結婚話も。前川からは、わずか1年だった藤との結婚生活や、離婚の原因など衝撃のエピソードが次々と明かされる。(mo [全文を読む]

紅白本番中に司会に曲変更させられた橋幸夫、その真相を直撃

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

バンドも入っているわけで、ぶっつけ本番で曲を変えるわけないでしょう」 翌1971年はメインボーカル・前川清の急病で「内山田洋とクール・ファイブ」が出場を辞退。代役でフォーリーブスが出場した。本番では前川抜きのクール・ファイブがゲストとして登場。当時、前川の妻だった藤圭子がクール・ファイブをバックに『港の別れ唄』を歌った。 「晩年は暗い話題の多かった藤圭子さ [全文を読む]

宇多田ヒカル、5年ぶりの新曲に込めた”亡き母”への愛

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日13時05分

間を置かずにリリースされたファーストアルバムとセカンドアルバムが、オリコンチャートで計37週連続1位を獲得するほど、“昭和の歌姫”として人気を博し、1971年に、人気歌手・前川清と結婚し1年後に離婚。その8年後、突然歌手引退を発表、1982年には音楽プロデューサーの宇多田照實と再婚し、 後に“平成の歌姫”と絶賛される宇多田ヒカルが誕生した。 「宇多田は本 [全文を読む]

前川清と藤圭子 舞台でネタにされるその関係とは

アサ芸プラス / 2014年04月25日09時59分

現在、福岡で舞台に出演している歌手の前川清。「武田鉄矢・前川清特別公演」(4月6日~29日)と銘打たれているだけに、第1部は「鷹と雀のものがたり」という笑いありの時代劇、第2部は「前川清と海援隊+1オン・ステージ」という歌謡ショーが繰り広げられている。だが、その舞台に前川の長男が出演していることは意外と知られていない。 芸能関係者が語る。 「第2部の『海援 [全文を読む]

藤圭子「あたしの胸がときめいてしまったら、それで終わり」

NEWSポストセブン / 2013年11月12日07時00分

貧しさと父の暴力に苦しんだ少女時代に始まり、「自分と似ている」と感じた作詞家石坂まさをとの複雑な関係、「時代の歌姫」となっていく経緯、前川清との結婚・離婚、その後の失敗続きの男関係、そして歌への思いと引退の真相(そこが白眉である)に至るまで、内容は多岐に渡る。率直な語りから浮かび上がってくるのは、藤圭子の純粋さである。 〈心の入らない言葉をしゃべるのって [全文を読む]

フォーカス