谷亮子 参院選に関するニュース

自民党に鞍替え報道の谷亮子に、アノ大物女性議員が猛反発! 嫌われすぎて「ヤワラアレルギー」を訴える人も

tocana / 2016年06月21日18時30分

そんななか、しれっと与党に鞍替えしようとしていたのが“ヤワラちゃん”こと柔道五輪金メダリストの谷亮子氏だ。谷氏は小沢一郎氏率いる「生活の党と山本太郎となかまたち」に所属していたが、同党に見切りをつけ、参院選では自民党の比例区で出馬すると「週刊文春」で報じられた。 同誌によると、自民党にパイプを持つ谷氏の後援会長が以前から自民党に売り込んでいたという。谷氏 [全文を読む]

東京都知事選に新たな大本命!? 「小沢を捨てて森に寄る」谷亮子氏に出馬の構えか

日刊サイゾー / 2016年06月28日23時30分

名前が挙がったのはシンクロの小谷実可子氏やマラソンの有森裕子氏、そして参院選への出馬を見送った元柔道金メダリストの谷亮子議員だという。 「中でも、本命は谷さん。あるテレビプロデューサーから聞いたんですが、今回、参院選に出馬しないならとスポーツキャスターの依頼をしたら、断わられたらしいんですよ。これは何か動きがあるってことですね」と記者。 谷氏は2010年 [全文を読む]

“ヤワラちゃん“谷亮子は自民党から鞍替え出馬が有力...でも男性秘書との不倫の噂は大丈夫なのか?

リテラ / 2016年06月20日23時30分

生活の党と山本太郎となかまたちからの不出馬を表明した参議院議員の"ヤワラちゃん"こと谷亮子氏。予想通り、先週発売の「週刊文春」(文藝春秋)6月23日号で、自民党からの鞍替え出馬が報じられた。 小沢ガールズの筆頭として2010年の参院選で民主党から出馬した谷氏だが、蜜月関係から一転、その後は小沢一郎氏との確執が伝えられてきた。その不仲から今回の参院選も不出馬 [全文を読む]

オリンピック代表選手から国会議員へ、首相経験者も

政治山 / 2016年08月12日11時50分

5大会すべてでメダル獲得した谷亮子氏、二足のわらじは批判も多く 「最高で金、最低でも金」「田村で金、谷でも金」の名言でも有名な谷亮子・前参議院議員は、柔道女子48kg級でシドニー五輪(2000年)、アテネ五輪(2004年)と連続で有言実行の金メダルを獲得。「ママでも金」を目指して臨んだ北京五輪(2008年)では銅メダルに終わりましたが、夏季五輪はバルセロ [全文を読む]

オリンピック代表選手から国会議員へ、首相経験者も

政治山 / 2016年08月12日11時50分

5大会すべてでメダル獲得した谷亮子氏、二足のわらじは批判も多く 「最高で金、最低でも金」「田村で金、谷でも金」の名言でも有名な谷亮子・前参議院議員は、柔道女子48kg級でシドニー五輪(2000年)、アテネ五輪(2004年)と連続で有言実行の金メダルを獲得。「ママでも金」を目指して臨んだ北京五輪(2008年)では銅メダルに終わりましたが、夏季五輪はバルセロ [全文を読む]

“文春神話”がストップ!? 谷亮子の自民党くら替え「大外し」舞台裏

日刊サイゾー / 2016年06月26日11時00分

16日発売号では「生活の党と山本太郎となかまたち」の谷亮子参院議員が、22日公示の参院選に自民党からくら替え出馬すると報じたのだが、実現しなかった。 同誌には谷本人のコメントも掲載され、「近日中にも発表」とまで書かれていたが……。 週刊誌記者は「どうしても自民党に入りたい谷サイドに、完全に踊らされてしまいましたね。谷の後援会幹部が自民党と接触を持っていた [全文を読む]

「都知事選に名乗り」「参院選出馬」…谷亮子の動向に一般市民は「どっちも嫌!」

アサ芸プラス / 2016年06月16日17時58分

谷亮子参議院議員です。東京オリンピック・パラリンピックに向けてということなのでしょう。7月の参院選では、所属する生活の党からの出馬を見送ることを小沢一郎共同代表に伝えています」(スポーツ紙記者) 世界的にも知られた顔である谷が、都知事選に向けて動き出したのかと思いきや、6月16日発売の「週刊文春」はこう報じている。「谷は参院選に出馬。しかも自民党からだと [全文を読む]

メダル逃した福見に「私が出てたら」谷亮子の上から発言に波紋

NEWSポストセブン / 2012年08月11日07時00分

メダル確実といわれていたロンドン五輪女子柔道48キロ級の福見友子(27才)が5位になったことについて、谷亮子参院議員(36才)がスポーツ紙の取材にこう答えた。 「心技体の“心”の部分が、うまくコントロールできていなかったように感じた。1回戦で格下の相手と戦っても、的を絞れないというか、淡々と試合をしてしまっている面があった」 参院選初当選3か月後の2010 [全文を読む]

五輪村から都知事候補 小谷実可子や有森裕子、谷亮子ら

NEWSポストセブン / 2016年06月22日07時00分

女性アスリートではシンクロナイズドスイミングの小谷実可子氏、マラソンの有森裕子氏、今回の参院選に自民党からの鞍替え出馬が濃厚な柔道の谷亮子氏も「都知事選出馬に意欲」と見られている。しかし、そうした名前を聞かされた自民党重鎮は、「都知事選は東京五輪の聖火ランナー選びじゃねェよ」と苦笑いとともに一蹴した。 「いずれも当て馬。アスリート出身の有力な都知事候補は [全文を読む]

三原じゅん子にヤワラちゃん…「問題あり!」な出馬で大物女性議員が落選危機の崖っぷち

週プレNEWS / 2016年06月16日06時00分

そうなれば社民は解党の危機です」 そして最後は、なんと“柔ちゃん”こと谷亮子参院議員だ。実は谷候補、まだ立候補が決まっていない。 小沢一郎氏と行動を共にし、生活の党と山本太郎となかまたち副代表になった谷議員だが「弱小の生活の党から出馬しても当選はおぼつかない。そのため、民進からの出馬を模索していた」(前出・有馬氏)という。 しかし、小沢氏は柔ちゃんと抱き合 [全文を読む]

参議院不要論を多面的に考える

政治山 / 2015年10月21日16時30分

五輪メダリストの参議院議員は、現職でも橋本聖子氏(自民)や谷亮子氏(生活)がいます。知名度だけでなく、爽やかなスポーツ界で大成した人物は好感度も高く、比例票の掘り起こしのために、各党とも喉から手が出るほど欲しい人材です。 もちろん、有名人だからNGというわけではありませんが、じっくりと政策課題に取り組む院であるはずが、衆議院以上に大衆受けが求められる選挙 [全文を読む]

眞鍋かをり「7月参院選で電撃出馬の(秘)プラン」

アサ芸プラス / 2013年05月08日10時00分

同じく角栄を師とする小沢一郎さんと似ていますね」 小沢氏といえば、これまでも三宅雪子、田中美絵子、谷亮子など、政治家としての力量を不問にし、「集票能力」を重視した候補を立てた経緯がある。石破氏が知名度の高い眞鍋擁立を考えていることは説得力がある。しかし、ある芸能記者は眞鍋に付きまとうスキャンダラスなイメージをこう振り返った。 「03年に写真週刊誌『FLAS [全文を読む]

参院選・東京 丸川珠代氏、舛添要一氏、山本太郎氏らに注目

NEWSポストセブン / 2013年01月05日16時00分

●野上忠興(政治ジャーナリスト)と週刊ポスト取材班 ※週刊ポスト2013年1月18日号 【関連ニュース】AKB前田の13万9892票は静岡市長、さいたま市長を超えた夏の参院選で過半数獲得すれば安倍内閣に長期政権の道拓ける谷亮子議員 参院から衆院へ鞍替え出馬のウルトラC案急浮上政党乱立選挙 7~8割もの投票が「死に票」になる恐れあり民主党より遥かに経済わか [全文を読む]

中畑清「舌好調」24連打(3)五輪や参院選でもギャグ爆発

アサ芸プラス / 2012年02月23日10時59分

五輪の予選リーグ中には、谷亮子の柔道の決勝に、夫の谷佳知(39)を連れて応援に行った。が、 「決勝直前に中畑が『ちょっと一服しよう』と谷をタバコに誘い、その間に試合開始。谷は妻がポイントを取る瞬間を見逃してしまった」(前出・野球ライター) さらに、中畑には珍しく、現地で出会った女性に入れ込んだという話もある。 「ボランティアで代表チームの世話をしていた現地 [全文を読む]

浅田真央の今後、ユーチューバー・政治家・女優等に期待の声

NEWSポストセブン / 2017年04月20日07時00分

「柔道の谷亮子選手が引退後の10年に参院選に出馬して35万票を得たように、スポーツ選手は大量得票が期待できる。浅田なら谷以上の得票数が見込める。次の総選挙をにらみ、すでに調査を始めている党もあるようだ。もし政界進出となれば、浅田が引退を迷っているときにアドバイスをしたといわれる日本スケート連盟会長で参院議員の橋本聖子氏の所属する自民党が最有力でしょう。『 [全文を読む]

都知事選 出馬を否定した桜井俊氏に期待する声根強い

NEWSポストセブン / 2016年06月16日07時00分

後任選びに難航していて、ニュースキャスターの安藤優子さんや、谷亮子さん、丸川珠代さん、蓮舫さんといった名前もあがっていますが、どれも現実的ではありません」(都議会関係者) そんななか、意外な“ビッグネーム”が急浮上した。『週刊ポスト』(6月13日発売号)で「嵐・櫻井翔(34才)のパパ」説が報じられたのだ。 “櫻井クンのパパ”こと、桜井俊氏(62才)は197 [全文を読む]

選挙の当落を左右する!? 味わい深き「疑問票」の世界

ニューズウィーク日本版 / 2016年06月14日19時04分

結果としては落選してしまったが、もし『ドラえもん』と書かれた投票用紙が投票箱に入っていたら、このホリエモン候補への票ということで扱えるのだろうか? もし『やわらちゃん』と書かれた投票用紙があったら、それは谷亮子候補への票だと考えていいのだろうか? これをくだらない仮定だと、一笑に付す方々もいるかもしれない。だが、その一票を有効とするかどうかで、選挙の結果が [全文を読む]

【ウラ芸能】高樹沙耶、政界ねらう真意は…

NewsCafe / 2016年05月10日15時00分

デスク「GWも終わって、マスコミ界は夏の参院選に注目する時期になってきたね」記者「かつては女優、高樹沙耶として知られ、今は本名の益戸育江(52)として地味にナチュラリストとして活動する彼女を新党改革が比例区から出馬させることになりました」デスク「現職でそれなりに実績もある自民党の三原じゅん子(51)は、比例から神奈川選挙区に鞍替えし、トップ当選の勢いだって [全文を読む]

夜も金メダル!? “超肉食系”谷亮子議員の「別居&不倫疑惑」に柔道界が驚かないワケ

日刊サイゾー / 2015年03月17日09時00分

「週刊現代」(講談社)で、“ヤワラちゃん”こと谷亮子参議院議員と、夫のオリックス・バファローズの谷佳知選手の別居&不倫疑惑が報じられた。 同誌によれば、谷議員が暮らす都内の2億円豪邸に、神戸に単身赴任している夫の姿はなく、代わりに30代のイケメンが出入りし、谷議員と共に5歳になる次男の幼稚園の送り迎えをしているという。 しかも、その光景は仲むつまじい親子そ [全文を読む]

谷亮子、ダルビッシュ有似の秘書と不倫報道! 否認するも“ご機嫌”だったワケとは?

サイゾーウーマン / 2015年03月12日12時45分

オリンピックで二大会連続金メダルを獲得した“ヤワラちゃん”こと谷亮子参院議員に、“不倫疑惑”が巻き起こっている。かつて、年下の男性秘書とのただならぬ関係を報じられた谷だが、今回も同じくダルビッシュ有似のイケメン秘書との疑惑を「週刊現代」(講談社)に報じられ、また12日発売の「女性セブン」(小学館)にも同様の記事が掲載された。谷の不倫は決定的なのだろうか? [全文を読む]

フォーカス