豊臣秀吉 徳川家康に関するニュース

静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている!

GOTRIP! / 2015年08月08日06時17分

織田信長、豊臣秀吉、にはじまった乱世の世を抜群の才覚で登りつめ、最終的な天下太平を勝ち取ったのは日本人であるならば誰もが知る周知の事実です。 そんな久能山東照宮ですが、表参道の石段は1159段もあるため登るのはとても大変ですが、その大変さからも存分に出世パワーを感じることができます。 ・久能山東照宮には、ガンダムのプラモデルが奉納されている 久能山東照宮が [全文を読む]

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

これは豊臣秀吉が築いた京都の街を囲む壮大な土塁「御土居」です。総延長約23キロもあり外からは容易に街に入ることが出来ない状態でした。秀吉が御土居を築いた目的は、「防衛のため」「寺社勢力の京都への影響力を削ぐため」など様々な説があるようです。しかし、その目的については未だにはっきりしたことはわかっていません。ただ現在でも京都には所々御土居の遺構が残っていて、 [全文を読む]

惟政と徳川家康の会談が舞台に!演劇「二人の英雄」2月19日に韓国で開演

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年01月26日15時52分

葛藤していた豊臣秀吉(1536~1598)と和解して1590年関東に移し、250万席大名となった。秀吉死後には彼の遺言を聴取した五大老であるにもかかわらず、東軍の代表になって秀吉の息子秀頼の西軍と対決した。1600年に関ヶ原の戦で勝利し、1603年には大将軍となった。1614年は大阪冬・夏の陣で勝利。豊臣家を滅ぼさせ、徳川武臣政権265年の基礎を固めた。― [全文を読む]

なぜ真田信繁は敗れ、家康は徳川幕府300年の礎を築けたのか

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日02時20分

一拠点に固執しない 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康たち、いわゆる戦国時代の三英傑が天下を取れたのはなぜか、その理由は多くの歴史家に研究されてきました。 その性格、家臣団をまとめる経営術、軍略の巧みさなど、いろいろな理由はあります。でも、全国各地の戦国大名や領主たちと見比べて、なぜ彼ら三英傑が天下を取って、その他の大名や領主たちは天下を取れないのか、という視 [全文を読む]

『徳川家康公遺訓』がKindleストア、楽天Koboにて配信開始! 家康が残した天下統一の人生哲学! あなたの人生を変える、我慢と忍耐の究極の教え!

DreamNews / 2014年08月12日18時00分

<書籍概要>■徳川家康公遺訓著者:日本歴史遺産研究会◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/XYNfcv◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:http://bit.ly/1pLOxk0◆ゴマブックスリンク:http://www.goma-books.com/archives/20066 <内容紹介>家康が残した人生の教えに耳を傾けよう! [全文を読む]

【真田丸】数万の軍勢すら敵わなかった「女たちの交渉能力」

しらべぇ / 2016年12月04日10時00分

そしてそうしたことは、織田信長も豊臣秀吉も理解していた。彼らに関わった女は、みんな一定の政治的権限を確保していた。だからこそ、彼女たちの名前がちゃんと記録にも残る。それと真逆なのが、武田信玄だ。彼の場合は実母、正室、継室、側室を含めて女性たちの本名が未だ分かっていない。たとえば武田勝頼の母である「諏訪御料人」の本名は、あれだけドラマチックな人生を送ったにも [全文を読む]

「ケチの大君」徳川家康が嫌いな人はどれだけ存在する?

しらべぇ / 2016年09月05日05時30分

確かに、織田信長や豊臣秀吉に比べると格好良さや壮大さに劣ってしまう。そうした点が気になり、家康に好感を持てないという現代人もいるようだ。■「家康嫌い」は存在する!ここで、しらべぇ編集部ではこのような調査を取ってみた。ずばり「徳川家康が嫌いか?」である。家康が嫌いと回答した人は、全体の13.7%。これを多いと取るか少ないと取るかは各人の見解によるが、少なくと [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

第24回「滅亡」では、豊臣秀吉による惣無事令(私戦の禁止)に違反して攻められた北条氏が滅亡する物語が描かれる。群雄が割拠し、下克上も絶えなかった戦国時代。江戸幕府が開かれ、いちおうの平和が戻るまで、数多くの大名家が攻め滅ぼされ、歴史の表舞台から消えた。しかし、その後はどうなっているのだろうか?代表的なケースをいくつかご紹介しよう。(1)北条家→河内狭山藩1 [全文を読む]

「侍箸」に続く『武士の食卓』シリーズ第一弾!武士の魂・日本刀の鍔モチーフのコースター発売決定!

@Press / 2016年06月16日13時15分

種類は全4種で、織田信長は熱田神宮での戦勝祈願にちなんだ「永楽銭据紋銀象眼」を、豊臣秀吉は、天皇より賜ったとされる豊臣家家紋桐紋が入った「桐紋透大鐔」を、初代征夷大将軍にして三英傑の一人徳川家康は愛刀「雪輪 四方剣透鉄鐔」を、ドラマで話題の真田幸村は、自身の旗印や家紋にも使った「六文銭」をモチーフに、それぞれ細部までこだわり再現しました。 【商品概要】 [全文を読む]

「理想の社長」対決!秀吉と家康、カリスマ上司はどちら?

しらべぇ / 2016年04月04日05時30分

信長亡き後の日本を率いた二巨頭、豊臣秀吉と徳川家康もまた、人気のある歴史人物である。■「上昇」と「安定」の対決豊臣秀吉は名もなき貧農の生まれながら、己の才覚だけで出世を重ねついに天下を取った男。まさに日本史上最大のサクセス・ストーリーの体現者で、また強大な財力を背にしていたことから「上昇・拡大志向の政治家」と見なされる向きがある。一方、徳川家康は2世紀半存 [全文を読む]

フォーカス