安藤和津 奥田瑛二に関するニュース

安藤和津 母の介護支えた奥田瑛二の印象的なエピソード語る

NEWSポストセブン / 2015年01月12日07時00分

1979年1月、奥田瑛二と結婚した安藤和津(66才)は、元法務相・犬養健氏と料亭「をぎ乃」の経営者である母・荻野昌子氏の間に生まれた。母は自立した人物だったものの、奥田・安藤夫妻が母と同じマンションに引っ越してから多いときには日に20回以上もかかってくる電話や過剰な干渉を受けることとなる。 さらにはピアノの先生に未払いの月謝を催促され、先生の顔に向かって札 [全文を読む]

安藤和津 夫・奥田瑛二との結婚を勧めた母親との関係を語る

NEWSポストセブン / 2015年01月09日07時00分

エッセイストで俳優・奥田瑛二(64才)の妻である安藤和津さん(66)の父は、内閣総理大臣・犬養毅の息子で法務大臣も務めたことのある犬養健氏(享年64)。母は料亭「をぎ乃」の経営者・荻野昌子さん。父は母よりも27才年上で妻子がいた。安藤さんが中学1年生の時、父が心臓病で他界したが、葬儀で安藤さんと母は親族席に座れなかった。だが、母は「ふん、それが何だっていう [全文を読む]

安藤サクラ 妊娠7カ月の結婚記念日に“極寒ロケ”の女優根性

WEB女性自身 / 2017年03月22日12時00分

安藤の父は俳優の奥田瑛二(66)、母は女優でエッセイストの安藤和津(69)。いっぽうの柄本も、父は俳優の柄本明(68)、母は女優の角替和江(62)と、 芸能一家同士の結婚 が話題を呼んだ。 「付き合い始めた頃、柄本さんが義父の奥田瑛二さんに挨拶にいくと『交際は認めるが、結婚は3年待て』と言われたそうです。その3年の間に柄本さんは俳優として名を上げました。そ [全文を読む]

母の在宅介護で苦労した安藤和津 国や職場の支援必要性語る

NEWSポストセブン / 2015年12月09日16時00分

エッセイストの安藤和津(67才)は、母が1998年に脳腫瘍と認知症と診断され、2006年に亡くなるまでの間、壮絶な介護の日々が続いた。 「夜は15分おきに起こされ、2時間おきにおむつを交換。母は大柄で70kg以上あったので、トイレの介護では支えきれずに肩を脱臼したことも。長引く介護生活でうつになってしまい、喜怒哀楽がなくなり、面白いテレビを見ても笑えない。 [全文を読む]

介護の総合ポータルサイト『オアシスナビ×ハートページ』 “良い介護とは何か?”をテーマに安藤桃子監督独占インタビューを配信

@Press / 2014年12月09日14時30分

お父様は奥田瑛二さん、お母様は安藤和津さん、実妹に安藤サクラさんという芸能一家の中で、家族の介護を経験。そのリアルな経験から発想を得た小説『0.5ミリ』を出版、映画化されました。 『0.5ミリ』は、原作および監督・脚本は安藤桃子さん、エグゼクティブ・プロデューサーは奥田瑛二さん、フードスタイリストは安藤和津さん。そして主演は安藤サクラさんと、まさに家族総出 [全文を読む]

お見事! 安藤サクラの「オレオレ詐欺」への神対応

アサ芸プラス / 2014年11月12日09時59分

監督は姉の安藤桃子で、父の奥田瑛二がエグゼクティブプロデューサー、母の安藤和津がフードスタイリストを務めるなど、「奥田家総出の制作」と話題になった。 「これだけ“何か”を作れる芸能一家も珍しいですよ。それに、サクラさんの義父母である柄本明さん、角替和枝さんも出演してますからね。本当に『家族総出』です。しかも、それぞれが各分野で活躍し、才能を認め合っています [全文を読む]

川島なお美「墓守フレンズ」の輪 急逝で何も決まっておらず

NEWSポストセブン / 2015年12月16日16時00分

「寺院の中にある墓地の一角には、与謝野馨・元官房長官や経営コンサルタントの堀紘一さん、作曲家の三枝成彰さん、森本敏・元防衛大臣、それに俳優の奥田瑛二さんと安藤和津さんのご夫妻が墓を買っています。そこに奥田さんと交流のある川島さん夫妻もお墓を購入することを検討していたんです」(寺院の関係者) 川島を加えた「墓友」のメンバーは、共著『私の死生観』(角川one [全文を読む]

50代から女性の心を満たす、生き方、暮らしマガジン 『ときめき』 本日発売!!

PR TIMES / 2014年11月17日11時20分

■「私たち夫に手を焼いています」巻頭対談 ベニシアさん×安藤和津さん 「亭主元気で留守がいい」は名言。子どもたちが独立して、夫婦二人きりで過ごす時間が増えた「ときめき世代」。俳優であり、映画監督である奥田瑛二氏を支えながら自らも活躍される安藤和津さんと、カメラマンである夫と仕事もプライベートも共にするベニシアさんに、夫への不満や、今こそ伝えたいことを語り [全文を読む]

安藤サクラが「和製女デ・ニーロ」と呼ばれるワケ

アサ芸プラス / 2014年11月13日09時59分

同作には父の奥田瑛二、母でエッセイストの安藤和津が参加した。 一家総出のうえに、サクラの夫で俳優の柄本佑の親である柄本明・角替和枝夫妻も出演している奥田ファミリー映画だ。 「3時間を超える長尺の映画だが、中だるみ知らずの快作。津川雅彦、坂田利夫らが演じる老人たちに接近、言葉巧みに取り入り、押しかけ介護士として働くサクラが抜群にいい。桃子監督は自他ともに認め [全文を読む]

奥田瑛二 かつての肉食系俳優が思い描く現在の夢とは?

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時59分

俳優の奥田瑛二(64)とエッセイストの妻・安藤和津の間に生まれた長女の安藤桃子が現在妊娠6カ月で、奥田にとっては初孫を妊娠中であることが明らかになった。 奥田夫妻と次女で女優の安藤サクラは「また家族が増える」と手放しで喜んでいるという。 今やロマンスグレーでならす奥田はかつてモテモテの超肉食系、目があっただけで妊娠するとまで言われるほどの男っぷりでブイブイ [全文を読む]

フォーカス