宇多田照實 藤圭子に関するニュース

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(10)1時間で5曲を録音の駆け足スケジュールも

アサ芸プラス / 2013年10月03日09時59分

藤圭子は終わった‥‥」 やがて夫となる宇多田照實と知り合い、帰国の途につくとともにカムバックを果たす。そこには藤圭子の名はなく、一時的ではあるが「藤圭似子」と改名。 榎本は、最初の芸名がどう生まれたかを知っている。 「事務所のオーナーだった工藤宏さんから『藤』の字を、その妹さんの佳子さんから『圭子』の字を拝借して命名。そんな安易なネーミングだったことを、彼 [全文を読む]

藤圭子実兄・藤三郎の身内が明かす醜悪暴露バトル内幕「宇多田サイドの弁護士から口封じも……」

アサ芸プラス / 2013年10月29日10時00分

四十九日を過ぎても収まらないのが、藤圭子の衝撃死直後から勃発した骨肉バトルだ。宇多田家側に“忌み嫌われている”ような扱いを受けている藤圭子の実兄・三郎氏(63)の身内を直撃した。 藤圭子が自殺した直後から、不穏な空気が漂っていた。藤と離婚した元夫の立場の照實氏がなぜか遺体の身元引受人で、実兄の三郎氏が遺体の面会を求めても、断られたという。そのやりきれない悔 [全文を読む]

藤圭子、宇多田照實氏と“離婚7回”の理由

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

さらに翌年には7度目の離婚に踏み切った藤圭子と宇多田照實氏は25年の夫婦生活を完全に終えた。 振り返れば、ヒカルのブレイクによって全国民に注目されたファミリーが、その強い絆を見せつけたのは00年7月21日のこと。 「紹介します、藤圭子!」 札幌・真駒内アイスアリーナで開かれたヒカルのステージで、舞台裏にいた母親を呼び出し「夢は夜ひらく」をデュエット。唯一の [全文を読む]

宇多田ヒカル“異例の移籍”カギを握る「3人の恩人」の存在

WEB女性自身 / 2017年03月03日06時00分

「メジャーデビューする前、宇多田は、母親で歌手の藤圭子(享年62)と父親の宇多田照實氏(68)と家族バンド『U3』を結成して、英語の楽曲を歌っていたんです。当時、14歳だった彼女の才能を最初に認めたM氏が、「日本語で歌わないの?」と持ちかけ、デビューにつながったのです」(前出・別の音楽関係者) M氏は別の曲の予定だったデビュー曲を『Automatick』 [全文を読む]

藤圭子と沢木耕太郎「宇多田ヒカルは知らない……“愛欲真実”をタブー発掘!」(2)2人の本当の関係は?

アサ芸プラス / 2013年10月28日10時00分

ただ、沢木さんは仕事も順調だったので、全てをリセットし、アメリカで生活する決心がつかなかったのかもしれません」 一方、藤のほうは、のちに結婚する宇多田照實氏(65)とも、このニューヨーク時代に出会っていたという。藤と正子さんがアパートに入居した際にパーティを開いた時である。 「私が呼んだ知り合いの中に、当時は現地でコーディネーターをしていた宇多田さんもいら [全文を読む]

「菊地凛子を主演に……?」故・藤圭子さんの生涯“ドラマ化”争奪戦が勃発中

日刊サイゾー / 2013年09月06日09時00分

前出ディレクターによると「藤さんの半生を描く上で欠かせないのは元夫の宇多田照實氏ですが、この件に関してはこれまで取材も一切受けていませんし、結婚時代のことを探られるのを相当に嫌っている様子。また、藤さんの実兄の三郎さんにすら遺体との面会を許さなかったぐらいで、現在、非常にナーバスになってしまっている」という。 それでも「時間が経過したら、状況も変わってくる [全文を読む]

憔悴の宇多田ヒカルに悲劇の連鎖 藤圭子さんの実兄が「宇多田照實を許さない」と告白

メンズサイゾー / 2013年08月29日17時00分

藤さんの元夫で音楽プロデューサーの宇多田照實氏(65)に対し、藤さんの実兄で元歌手の藤三郎氏(63)が「家族をバラバラにした」「遺体に面会させてもらえない」などと不信感をぶちまけているのだ。 藤さんの突然の死から6日目の27日、海外で訃報を受けたという宇多田は東京・目黒の葬儀場に到着。照實氏とともに母親の遺体と対面し、約40分間の別れの時を過ごした。出棺が [全文を読む]

母・藤圭子の急死で心配される、娘・宇多田ヒカルの今後

日刊サイゾー / 2013年08月24日09時00分

結局、翌年に再び渡米し、宇多田照實氏と結婚、83年に長女を――つまり、のちの宇多田ヒカルを出産しました」 藤が飛び降りたのは、同居していたという知人男性のマンションの13階。ふたりの関係は詳しく分かっていないが、6年前から共に暮らしていたという。しかし、遺体を確認したのは、前夫で音楽プロデューサーの宇多田照實。ふたりは07年に離婚しているが、絶縁状態という [全文を読む]

宇多田ヒカルの母・藤圭子が死去…飛び降り自殺か 業界でささやかれていた精神不安

メンズサイゾー / 2013年08月22日16時25分

その後は前川清との結婚・離婚を経て一時引退し、83年に音楽プロデューサーの宇多田照實氏との間に長女・光(現在の宇多田ヒカル)をもうけるも、長らく表舞台から遠ざかっていた。そんな彼女に再びスポットが当たったのは、宇多田の母親としてだった。 宇多田は93年に「U3」(父・宇多田照實、母・藤圭子、娘・ヒカルのファミリーユニット)として米国でインディーズデビュー [全文を読む]

宇多田ヒカル、5年ぶりの新曲に込めた”亡き母”への愛

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日13時05分

その8年後、突然歌手引退を発表、1982年には音楽プロデューサーの宇多田照實と再婚し、 後に“平成の歌姫”と絶賛される宇多田ヒカルが誕生した。 「宇多田は本当に母親のことを好きだったと聞いています。当時のブログでも、“悲しい記憶が多いのに、母を思う時心に浮かぶのは、笑っている彼女”と綴っている。藤が亡くなったのは8月22日という真夏。今回発表した2曲のタイ [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「藤圭子」“三回忌前に噴出する同居男の正体”

アサ芸プラス / 2015年08月09日17時57分

デビュー当時は僕らマネージャー陣も含めて、タコ部屋生活のような環境でしたから」 圭子は夫・宇多田照實氏と離婚し、娘の宇多田ヒカルとも疎遠になっていた。旧知の新聞記者を呼びつけては一方的にどなり散らすほど、情緒不安定になっていたという。「そんな純ちゃんを1人にしたら、何が起こるかわからない。離婚したとはいえ、元夫が“監視役”として男を同居させていたんだと思い [全文を読む]

「まるで浜崎あゆみ……?」宇多田ヒカルの“年下格差婚”に広がる、戸惑いの声

日刊サイゾー / 2014年02月08日09時00分

「父・宇多田照實も自身のTwitterにおいて『爽やかで陽気、賢いイタリア人青年』と評していますが、先月31日には、宇多田の体調を訊ねるファンのツイートに対し『心が繊細なので気を付けてあげたい』と返しており、再婚が自然なものとして受け入れられるように配慮しているような印象がありますね。今は好青年でも、そのうちヒモになってしまいスピード破局、なんてことにな [全文を読む]

藤圭子 作家・大下英治が今も忘れない「歌舞伎町で食事した夜」

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時58分

新宿・歌舞伎町の台湾料理屋で宇多田照實さんと藤圭子と彼女を世に出した石坂まさをさんと、4人で会ったんだ。2時間ぐらいだったな。その時、デモテープを聴かされたけど、私は魅力を感じなかった。私は怨み歌の藤圭子が好きですから、そういうものではなかったから。本人は、演歌から転換したかったんだと思うけど、私は力を感じなかった。中途半端な歌謡曲って感じで。石坂さんも乗 [全文を読む]

藤圭子さん 暗い曲とは裏腹に都会的で頭のいい人という印象

NEWSポストセブン / 2013年12月16日07時00分

宇多田照實さんと出会い、娘・宇多田ヒカル(30才)を授かる。 宇多田の天性の才能にいち早く気づいたのは、藤さん自身だった。『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』(イースト・プレス刊)を書いた作家・大下英治さんが藤さんに会ったのは1994年のこと。その時、彼女は興奮気味にこう語った。 「娘は天才なのよ。今、ニューヨークで歌の勉強をしているから、見ていてご [全文を読む]

「藤圭子バブル」を絶対に許さない元夫の鼻息

アサ芸プラス / 2013年11月22日10時00分

ノンフィクションの巨人らしい筆致はみごとであるが、元夫の宇多田照實氏のブログにはこんなやり取りがある。 〈沢木耕太郎さんの「流星ひとつ」は読みましたか?〉 ファンの問いかけに照實氏の返答はこうだ。 〈厚かましく本を送ってきました。許諾もしていないし、30年以上前に発売予定だった本。藤圭子は怒っていると思います〉 厚かましく‥‥とは大人の常識を疑うような文 [全文を読む]

宇多田ヒカルのパパが、沢木耕太郎の「藤圭子」本に激怒しているワケ

日刊サイゾー / 2013年11月07日09時00分

ところが、この『流星~』に対し、藤の元夫でヒカルの実父である宇多田照實がかみついている。 11月2日のTwitterで、フォロワーから「沢木耕太郎さんの『流星ひとつ』は読みましたか?」と質問された照實は、「厚かましく本を送って来ました。許諾もしてないし、30年以上前に発行予定だった本。藤圭子は怒っていると思います」と怒りをあらわに。「藤圭子さんが生前に出 [全文を読む]

「遺骨」はいったい誰のもの? 故・藤圭子さんの遺骨の行方を決めるのは?

弁護士ドットコムニュース / 2013年09月17日18時50分

雑誌などの報道によると、藤さんの遺骨は当初、実家の「阿部家」の墓に入ると見られていたが、前夫の音楽プロデューサー・宇多田照實さんが新しくもうける「宇多田家」の墓に納骨される方向で、話が進んでいるのだという。こうした状況に、藤さんの実兄が反発しているというのだ。 このような遺骨をめぐるトラブルは芸能人だけでなく、一般の家族でもしばしば起きている。そもそも遺 [全文を読む]

故藤圭子さん 元夫・照實氏と実兄の間で納骨先をめぐる争い

NEWSポストセブン / 2013年09月05日16時00分

8月29日発売の『週刊文春』で、藤さんの元夫である宇多田照實氏(65才)への怒りをぶちまけたのは藤さんの兄で元歌手の藤三郎氏(63才)だった。藤さんの遺体に面会を申し入れた三郎氏を、照實氏は娘・宇多田ヒカル(30才)の代理人という立場からそれを拒んだというのだ。 三郎氏だけでなく全ての肉親、知人との面会を頑なに拒否し、通夜、葬儀さえ行わないという異常事態 [全文を読む]

「事務所移りたい」日南響子、Twitter爆弾発言の裏にマネジャーとの痴情が?

サイゾーウーマン / 2013年09月03日13時00分

B それだけ元夫・宇多田照實氏は、自分と娘だけで全てを終わらせたかったということなんだろうね。宇多田ヒカルの今後を考えると、あまりいい手段とは思えないけど。A どの現場でも、彼に対する不満を、みな口にしていましたからね。火葬が終わった今、しばらく動きはないことでしょうが。C ASKAについてはどうですか? 東京スポーツ、「週刊文春」(文藝春秋)あたりがガン [全文を読む]

藤圭子さん 米国滞在時、愛車に乗り家族3人で7年間地方旅行

NEWSポストセブン / 2013年08月31日07時00分

1979年、引退を表明し、渡米した藤さんは、米国でコーディネーターをしていたミュージシャンの宇多田照實氏(65才)と出会い、最愛の娘である宇多田ヒカル(30才)を産む。 ヒカルが7才になったころだ。藤さんは、娘にR&Bのリズムを体から染み込ませ、ネイティブな英語を身につけさせようと、一家でニューヨークに移住しようと考えたのだ。それは、日本で生きることに苦労 [全文を読む]

フォーカス