岡田克也 幹事長に関するニュース

国会の審議ストップ 岡田副総理「私の答弁に反発したわけではない」

ニコニコニュース / 2012年02月15日19時49分

高校の授業料無償化の検証を約束した民主・自民・公明党の3党合意に関する岡田克也副総理の答弁をきっかけとして国会が空転した件について、岡田副総理は2012年2月14日午後の会見で、「私の答弁に(自民党が)反発したわけではない。3党合意で約束していたことができていないということで国会の審議が止まった」との認識を示した。 13日の衆院予算委員会で自民党の下村博文 [全文を読む]

案の定、安倍政権がカウンターを...読売が民主党・岡田克也代表の不正献金を報道か

リテラ / 2015年03月02日23時30分

読売新聞が明日の朝刊で、民主党・岡田克也代表の不正献金を大々的に報道するらしいのだ。疑惑の中身は望月環境相、上川法相と同じ補助金を受けている企業からの献金だという。 「2012年頃、補助金を受けた企業から50万円ほどの献金を受けているようです。岡田氏は副総理だった頃で、管轄の企業でもないため、西川氏より悪質性は低いですが、望月環境相、上川法相と同じレベル [全文を読む]

枝野、玄葉、安住が要職 「ブレない岡田民主」で八百長国会

NEWSポストセブン / 2015年01月28日11時00分

民主党新代表に就任した岡田克也氏は、執行部人事で総選挙敗北の責任者である枝野幸男・幹事長を続投させ、玄葉光一郎・選対委員長、安住淳・国対委員長代理など民主党政権を崩壊させたかつての“七奉行”を次々に登用して「民主党は変わらない」ことを見せつけた。 玄葉氏は代表選で岡田陣営の選対本部長、安住氏と代表代行に抜擢された蓮舫氏は推薦人という露骨な論功行賞人事でも [全文を読む]

民主・岡田はカエルコレクター…政治家の意外な素顔

デイリーニュースオンライン / 2015年01月05日11時50分

ほかにも、鳩山邦夫元法務大臣の蝶の採集や岡田克也元外務大臣のカエルグッズコレクションなど、“お堅い職業”というイメージがつきまとう政治家に不似合いな趣味を持つ議員は少なくない。いや、単に有権者に知られていないだけで、政治家だって四六時中政に没頭しているわけではない。一般市民と同じような趣味を持っていると考えるのが一般的だろう。 こうした趣味について、政治 [全文を読む]

野田聖子氏ら自民党解釈改憲慎重派の裏に自民リベラル派大物

NEWSポストセブン / 2014年05月28日16時00分

村上氏は「政府が関連法案を出すなら反対する」と公言する自民党きっての解釈改憲反対派の急先鋒で、3月末には集団的自衛権行使に慎重な公明党の山口那津男・代表、民主党の岡田克也・前副総理、結いの党の小野次郎・幹事長ら東大同期との会談で、「山口さんは頑張っている。野党はもっと声をあげたらどうなのか」と焚きつけて“安倍包囲網”を仕掛けている。 それに呼応するように [全文を読む]

公約破り追及された岡田副総理 「次は投票するな」的回答する

NEWSポストセブン / 2012年06月12日07時00分

同じく、岡田克也・副総理の詐欺師ぶりも許しがたい。鳩山内閣の外相、菅政権では幹事長、野田内閣では副総理と三代の政権を中枢で担いながら、幹事長時代には自民、公明両党と子ども手当や高速道路無料化を撤回する三党合意を結んで「マニフェスト破棄」への方針転換を主導した。 本誌は前号で、岡田氏が総選挙の街頭演説でマニフェストのパンフレットを振りかざし、 「ぜひ読んで [全文を読む]

「消費増税、若者のため」 岡田副総理、ニコ生で「社会保障改革」語る 全文書き起こし<前編>

ニコニコニュース / 2012年03月24日18時40分

岡田克也副総理は2012年3月22日夜、ニコニコ生放送の番組に出演し、消費増税を軸とした「社会保障と税の一体改革」について語った。岡田副総理は番組で、ニコニコ生放送を視聴する多くの20・30代の若者たちに向け、消費増税は「若い世代のためである」と主張。図表が描かれたフリップを用い、身振り手振りを織り交ぜながら、約1時間にわたりその内容を説明した。 以下、岡 [全文を読む]

岡田副総理、行政改革を「消費税引き上げと並行または先行しておこなう」考え示す

ニコニコニュース / 2012年01月17日21時42分

岡田克也副総理兼一体改革担当相は2012年1月17日午後に行われた初の定例記者会見で、消費税引き上げについて国民の納得を得るためには、国家公務員の給与削減、歳費削減、国会議員の定数削減を、「消費税を具体的に上げるタイミングと並行してなされていく、あるいは場合によってはそれが先行するということも当然考えていかなければいけない」との認識を示した。 岡田副総理兼 [全文を読む]

【民進党】大批判のなか船出した”蓮舫代表”の本当の危険性

デイリーニュースオンライン / 2016年09月18日12時05分

民進党の岡田克也前代表(63)が、 「(蓮舫氏の)父親が台湾の人だから何かおかしいかのような発想が一連の騒ぎの中にあるとすると、極めて不健全だと思う。民進党はそういった考え方とは対極にある」 と、擁護したのを始め、ウソや杜撰さへの批判を差別問題にすり替える反論が目立った。この手の人たちの常套手段とはいえ、レイシストのレッテル貼りを避けるため、蓮舫批判も慎重 [全文を読む]

岡田、細野、江田、枝野各氏 蓮舫氏に手も足も出ぬ情けなさ

NEWSポストセブン / 2016年08月30日07時00分

こういうことがちゃんとできる人はリーダーだと私は尊敬しています」と評価してみせる一方で、上司の岡田克也・民進党代表には、「私は岡田代表が大好きです。ただ、1年半一緒にいて、本当につまらない男です」といってのけた。 所属議員たちへの代表選出馬の挨拶回りでも余裕綽々なところを見せた。 蓮舫氏の後ろ楯が野田佳彦・元首相であることは周知の事実だが、中堅議員たちが「 [全文を読む]

<熊本地震で民進党ツイッターが炎上>「中傷ツイートは職員の責任」理論は炎上が加速するだけ

メディアゴン / 2016年04月17日07時30分

@MinshintoNewsさらに、民進党の岡田克也代表は「(このような騒動が)どうして起きたのか検証しなければならない」と発言。加えて、枝野幸男幹事長も「個人の意見を党の公式のツイッターで書き込んだのは問題。事実関係を確認し、厳しく対応したい」と述べた。もちろん、このような矢継ぎ早の火消しも、もう手遅れで、既に国民からの非難や批判は、民進党の一存ではコン [全文を読む]

共産党が仕掛ける「国民連合政府」と維新の党分裂騒動

東京ブレイキングニュース / 2015年10月22日18時12分

でも生活の党の小沢一郎代表や社民党の吉田忠智党首は、「それ、いいやん!買うわっ!」と前のめりですが、民主党の岡田克也代表や維新の党の松野頼久代表なんて、「どうしようかなあ、買おうかなあ。とりあえず、ちょっとそこに置いといて」くらいの感じですね。ですから、「熱い」といっても温度にムラがあるわけです。 一方で維新の党の分裂騒動は温度にムラはありません。東京で [全文を読む]

話題の自民批判アイドル「制服向上委員会」について民主党・枝野幹事長が思わぬ反応!?

東京ブレイキングニュース / 2015年06月29日19時30分

でもなぜここに平野博文元官房長官が入るの? こういう場合には第一に入れるべきと誰もが思う菅直人元首相の名前は、どうして入っていないの? そもそも「野田、枝野、平野、岡田」という順番の基準は何だろう? ということで、4人の中でもっとも政治的キャリアが長いのにも拘わらず、「末席」扱いの岡田克也代表にその感想を聞いてみたい。いつもながら、深い意味は全くありません [全文を読む]

民主党新代表に岡田代表代行を選出

NewsCafe / 2015年01月18日16時00分

民主党は18日、臨時党大会を開き、細野豪志元幹事長(43)、岡田克也代表代行(61)、長妻昭元厚生労働相(54)による代表選を実施した。細野元幹事長と岡田代表代行による決選投票の結果、同党新代表は岡田代表代行に決定した。 [全文を読む]

民主党代表選 内ゲバ的な非難の応酬で国民は呆れるしかない

NEWSポストセブン / 2015年01月16日07時00分

1月18日に投開票となる民主党代表選は、岡田克也代表代行、長妻昭元厚生労働相、細野豪志元幹事長の三つ巴の戦いとなったが、「ブレない」を掲げた岡田氏は代表選の告示後早々に、暴露戦術に出た。 「細野氏は私に『衆院だけでも維新と合併すべきだ』と強く提案したのは何だったのか」 日本記者クラブ主催の討論会(1月8日)で突然、昨年の衆院解散直前、細野豪志・元幹事長から [全文を読む]

存在感を示せるか?民主党

NewsCafe / 2015年01月08日12時00分

党内でもっとも安定感があるとされるのが岡田克也代表代行です。これまでにも党代表、党幹事長を歴任し、民主党政権時代には外務大臣や副総理を経験しています。ただ、岡田氏はこれまでも「党の顔」になっていたことから、一般の有権者からは馴染みがあると同時に、「古い顔」でもあります。これから心機一転、巻き返しのイメージとは違うように感じます。 それに反して「新しい顔」 [全文を読む]

民主党議員 小沢一郎氏に復党お願いしないと党が死ぬと懸念

NEWSポストセブン / 2013年07月02日16時00分

参院選後には代表経験のある前原誠司さんや岡田克也さんの再登板がささやかれているが、彼らは逆風に弱い。賞味期限切れは承知の上で、復党をお願いするくらいでないとこの党は本当に死んでしまう」 驚くことにその考えは党の中枢にも広がっている。 「参院選では与党に過半数を取らせない体制をつくらなければならない。生活の党との協力は簡単ではないかもしれないが、可能性はある [全文を読む]

総選挙で消費増税を阻止するために有効な落選運動の3ステップ

NEWSポストセブン / 2012年12月05日07時00分

野田佳彦首相は、「(増税の)実施前に国民の信を問う」といって消費増税法を成立させ、岡田克也・副総理は、消費増税はマニフェスト違反だと批判されると、「けしからんというなら、次の総選挙でそういう投票行動をしてもらえばいい」――そう開き直った。それに審判を下すのが総選挙で一番に問われる争点である。 消費増税法が成立したとはいえ、増税の実施前には閣議決定が必要なた [全文を読む]

社会保障政策で落選させるべき議員は小沢一郎、安住淳他3人

NEWSポストセブン / 2012年09月12日16時00分

岡田克也氏、石原伸晃氏、井上義久氏】 子ども手当廃止の3党合意を結んだ当事者。公明党は小泉政権当時の年金改革を「100年安心年金プラン」と宣伝してきた手前、最低保障年金創設に反対し、公明党主導でつくった児童手当より手厚い民主党の「子ども手当」も廃止に追い込んだ。 自民党はその公明党と連立を組んで麻生政権では全世帯に1人1万2000円(*注)の「定額給付 [全文を読む]

不支持率6割超の野田首相 9月の民主代表選で再選濃厚の見方

NEWSポストセブン / 2012年08月18日16時00分

民主党では有力候補と見られていた岡田克也・副総理、前原誠司・政調会長らが早くも野田支持を打ち出して世論調査での不支持率が6割を超える野田首相の再選が濃厚と見られている。「ここで総理になっても選挙に負けて退陣する運命。有力候補は火中の栗を拾うより、選挙敗北後の連立交渉や政界再編でよいポジションを得ることを考えている」(民主党閣僚経験者) 一方、自民党でも支 [全文を読む]

フォーカス