岸信介 安倍晋太郎に関するニュース

安倍首相を形成した母・洋子の執念。マザコンを作り上げた一般人に理解できない血脈の濃さとは

週プレNEWS / 2015年04月14日12時40分

その源泉を祖父・岸信介から始まる「名門の血脈」に求めたのが『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』だ。著者の松田賢弥(まつだ・けんや)氏に聞いた。 ―安倍首相といえば、自由民主党初代幹事長にして“昭和の妖怪”の異名を取る岸信介元首相が祖父である「政界のプリンス」。この本を読んで、彼を取り巻く「華麗なる一族」の解像度が一段とアップしました。 [全文を読む]

安倍晋三首相のもうひとつの系譜

プレジデントオンライン / 2017年02月18日11時15分

■現政権とは真逆の地平に立つ政治家 安倍三代――こう書けば、誰もが岸信介氏、安倍晋太郎氏、そして現首相・晋三氏を思い浮かべるだろう。だが、著者でジャーナリストの青木理氏が取り上げる初代は母方の祖父・信介氏ではなく、父方の祖父である寛氏である。やはり政治家で、一般になじみは薄いが戦前から戦後にかけて二期連続で衆議院議員を務めた。 特筆すべきは、彼が筋金入りの [全文を読む]

安倍一族の“愛”が日本を巻き添えにする?

週プレNEWS / 2014年05月29日06時00分

そして祖父は、1960年に新日米安条約を締結した岸信介元首相。「自主憲法制定」への強い意欲や、「東京裁判」の評価を含めた歴史認識の見直しなど、安倍首相の政策や歴史観については、この祖父への強い意識を指摘する声は多い。 しかし、「現実には安倍と岸ではやっていることがまるで逆」と指摘するのは、ジャーナリストの田中良紹氏だ。 「吉田茂や岸信介を『対米従属』という [全文を読む]

母親に弟より愛されたい! 安倍首相の岸信介、改憲への拘りは「マザコン」の現れ!?

リテラ / 2015年04月01日18時00分

祖父・岸信介、父・安倍晋太郎、伯父・西村正雄、異父弟(晋太郎の隠し子とされる人物)、妻・昭恵、そして母親・洋子......。 この6人と安倍首相の関係性を追いかけることで、内田、白井、田中らも指摘していた、安倍首相のメンタリティの正体が実証的に解き明かされていく。 その最大のものが安倍首相の母方の祖父・岸信介への異常なまでの思い入れだ。安倍が憲法改正に突き [全文を読む]

“愛国者”安倍首相がタイム誌の表紙に 日中関係は「明らかに問題」と語るも、対話姿勢強調

NewSphere / 2014年04月18日17時00分

また、同様に政治家であった父の故・安倍晋太郎氏、母方の祖父の故・岸信介元首相、父方の祖父の故・安倍寛氏といった先代達からは、ときに政治家は孤独な決断をしなくてはならないことを学んだと語る。とりわけ、激しい批判に晒されながらも日米安保改定に導いた岸信介元首相の話を挙げ、現在憲法改正について受けている批判に対しても、先代同様断固立ち向かう姿勢であることを訴え [全文を読む]

首相の甥の安倍家後継者 進次郞氏に対抗するプリンス育成か

NEWSポストセブン / 2014年02月12日16時00分

「山口には林芳正・農水相という安倍・岸家(安倍首相の祖父・岸信介元首相の家)の強力なライバルがいる。林氏は参院から衆院への鞍替えを希望しており、地元では『安倍の次は林』という待望論が強いのは事実。安倍家が地盤を守るためには新星のような後継者を出さなければならないという事情もあるのではないか」 安倍家の若き後継者は、前門に小泉進次郎氏、後門には林芳正氏とい [全文を読む]

岸信介、池田勇人、中曽根康弘 3人の宰相が権力誇示した館

NEWSポストセブン / 2012年09月11日07時00分

岸信介・御殿場邸 1957年に首相に就任した岸を待っていたのは、日米安保条約改定と安保闘争への対応だった。連日デモ隊に包囲された岸は、首相官邸で実弟の佐藤栄作と死を覚悟したというほど追いつめられた。新安保条約の批准書交換日からほどなくして岸内閣は総辞職。安全保障を米国に委ね、経済に注力することでその後の高度経済成長の礎を築いたのは、この時の岸の「決断」 [全文を読む]

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(1)スキャンダルにミツバチ騒動も

アサ芸プラス / 2017年05月06日09時55分

故・岸信介元総理の長女にして、故・安倍晋太郎元外相の妻。三代にわたり政界の中枢を支え続けた「ゴッドマザー」だ。彼女がいたく腹に据えかねているのは、安倍昭恵夫人(54)。「さんざんな目」とは例えば、国会を揺るがす疑惑を生んだ「森友学園騒動」を指している。政治部デスクが解説する。「森友学園が評価額の9割引きという破格の安さで大阪・豊中市の国有地を取得。建設され [全文を読む]

安倍昭恵さん 姑・洋子さんとは飼い犬等をめぐり溝

NEWSポストセブン / 2017年03月20日16時00分

その父親は、「昭和の妖怪」と呼ばれた岸信介元首相で、政治家一族の歴史を見守り続けてきた洋子さんは「政界のゴッドマザー」と呼ばれている。 昭恵さんも、結婚後間もなくは「姑を見習わなければ」と“政治家の嫁”修業に努力した。「晋三くんが選対本部で初当選の挨拶と万歳三唱をして、昭恵さんと一緒に控えに戻ってくつろいでいると、洋子さんが昭恵さんに向かって“何やってんの [全文を読む]

安倍首相の後援者や安倍家関係者が恐れる「昭恵さんの出馬」

NEWSポストセブン / 2017年03月18日16時00分

その妻で、安倍首相の母親である洋子さん(88才)の父親は、「昭和の妖怪」と呼ばれた岸信介元首相である。政治家一族の歴史を見守り続けてきた洋子さんは「政界のゴッドマザー」と呼ばれている。 洋子さんの長男・寛信氏は商社マンとして成功し、次男・晋三氏は首相になった。三男の信夫氏は生まれてすぐに実家の岸家に養子に出て、現在は代議士となった。 そして、洋子さんにして [全文を読む]

<成蹊大卒の安倍首相>内閣総理大臣に学歴は関係あるのか?

メディアゴン / 2017年02月06日07時30分

祖父は岸信介もと内閣総理大臣(東京帝国大学法学部卒)。大叔父は佐藤栄作内閣総理大臣(東京帝国大学法学部卒)。華麗な政治家一族である。このなかで、安倍首相はなぜ成蹊学園にすすみ、そのままエスカレーター式に成蹊大学に進学したのか。筆者も同じ世代だが、安倍首相の大学受験は一期校、二期校の時代であった。東京に住む成績上位層の若者にとって、狙う一期校は東大、一橋大、 [全文を読む]

北方領土問題、四島返還が現実味を帯びてきたのは本当か

プレジデントオンライン / 2016年12月09日15時15分

また祖父の岸信介は、56年の日ソ共同宣言を締結した鳩山一郎政権で、自民党幹事長を務めています。 ただし日ロ関係では、中国の動きにも注意が必要です。ロシアと中国は戦略的パートナーであり、現状では日ロより日中のほうが親密です。中国は日ロの接近を警戒しており、14年には中国首脳が「北方領土をロシア領と認める代わりに、尖閣諸島を中国領と認めてほしい」と提案していま [全文を読む]

北方領土問題「既に二島返還で決定。四島返還は永久にない可能性」政府関係者が衝撃暴露!

tocana / 2016年09月29日08時30分

この山口県で新たな歴史を刻み、祖父・岸信介と、父・安倍晋太郎の悲願である“北方領土の返還”を達成したいという野望を感じます」(同) 15年ほど前に鈴木宗男氏が説いた「二島返還論」は自民党政権が戦後主張してきたものを崩す暴論としてずいぶんとマスコミに叩かれていた記憶があるが…?「二島先行返還は暴論だの国賊だのずいぶん叩かれていましたが、あれから結局一島も返っ [全文を読む]

北方領土問題 米大統領交代の権力空白タイミングを見計らう

NEWSポストセブン / 2016年09月27日07時00分

岸信介回顧録を久々に読んだ。維新を成し遂げた山口県出身の首相として恥ずかしくない実績を残していきたいと静かに決意している」 安倍氏の祖父・岸元首相が残した大きな外交課題が北方領土問題だ。 北方領土は国後、択捉、歯舞(諸島)、色丹の4島。鳩山一郎内閣時代の「日ソ共同宣言」(1956年)で両国は平和条約締結後、旧ソ連が歯舞、色丹の2島を返還することで合意し [全文を読む]

安倍首相 米露大統領を日本で握手させればノーベル平和賞?

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

安倍首相にとって憲法改正や安保法制(集団的自衛権の行使)が祖父・岸信介元首相から受け継いだ政治的遺訓とすれば、ロシア外交は父の安倍晋太郎元外相から引き継いだライフワークでもある。 「創造的外交」を掲げて日ソ交渉にあたった晋太郎氏は、がんに冒されながらも「自分の目の黒いうちに道筋をつけたい」とソ連を訪問してゴルバチョフ大統領に来日を要請、1991年4月にゴ [全文を読む]

安倍首相の「医師団緊迫」「恥ずかしい過去」露見し永田町騒然

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

そんななかで、祖父・岸信介、父・安倍晋太郎の両氏にも深く食い込んだことから“安倍家と最も親しいジャーナリスト”と評される野上忠興氏の新刊が物議をかもしている。11月12日発売の『安倍晋三 沈黙の仮面』は、発売前から永田町で「総理のイライラが募る内容になるらしい」(自民党中堅議員)と警戒されていた。同書のなかで野上氏は、直近の安倍氏の体調についてかなり踏み [全文を読む]

拉致議連議員 安倍首相は燃え尽き症候群になったのかと心配

NEWSポストセブン / 2015年10月05日07時00分

安倍晋三・首相は、安保法案成立後に祖父の岸信介・元首相と父の安倍晋太郎・元外相が並んで眠る富士霊園に墓参し、「国民の命と平和な暮らしを守るための法的基盤が整備されたことを報告した」と満足げに語った。 それ以降、気力に欠ける言動が目立つようになった。拉致問題についてかつては熱心だったにもかかわらず、昨年北朝鮮が拉致被害者の再調査について「1年をメドに報告する [全文を読む]

首相と旧知の議員 「晋ちゃんは東大出とエリート官僚が嫌い」

NEWSポストセブン / 2015年05月20日07時00分

安倍の祖父である岸信介(元総理大臣)は東大法学部で我妻栄(日本の民法学の権威として知られる法学者)と首席を争った秀才で、大叔父の佐藤栄作(元総理大臣)、父方の祖父の安倍寛(元衆議院議員)、父の安倍晋太郎(元外務大臣)も東大法学部出身だ。 安倍3兄弟のうち、2歳年上の兄・寛信(現・三菱商事パッケージング社長)と晋三は成蹊小、岸家に養子に行った5歳下の弟・信 [全文を読む]

大河に『花燃ゆ』ごり押し? 安倍首相が愛する「長州藩」はテロリスト集団だった!

リテラ / 2015年02月22日19時00分

尊敬する祖父・岸信介、父親・安倍晋太郎の出身地で、安倍晋三の"晋"の字が長州藩士・高杉晋作に由来するというのは有名な話だが、本人も産経新聞社が運営する「長州「正論」懇親会」の一周年講演会で、こんなスピーチをしている。 「長州というのは近代国家の日本を生み出す原動力になった場所です。志士たちが生まれた土地であります。皆様と同じように、長州人の血を引いている受 [全文を読む]

安倍内閣を解散“させられない”裏事情……山口4区をめぐる「24歳問題」とは?

日刊サイゾー / 2014年10月29日15時00分

そのため、“ゴッドマザー”と呼ばれる母・洋子さんが、首相の兄・寛信氏の息子を、安倍首相のお膝元である山口4区から出馬させようともくろんでいます」 ご存じの通り、安倍首相の一族といえば父親が安倍晋太郎元外相、祖父が岸信介元首相という“名門”。岸方には、安倍首相の弟、岸信夫衆院議員が養子に出された。岸家は当面“安泰”だが、安倍家の今後が問題視されるようになり、 [全文を読む]

フォーカス