久坂玄瑞 吉田松陰に関するニュース

リーダーシップ醸成・若手リーダー育成のために 吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が 『松陰先生の教育観』を横浜で語る

DreamNews / 2016年07月25日12時00分

吉田松陰が主宰した松下村塾は、1年1ケ月という短期間に、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文を始めとした数多くの幕末維新の英傑を輩出しました。延べ92名もの塾生うち78名の人物評が様々な文献に記されています。吉田松陰はどの様な教育観をもってこれほどの塾生と対峙していたのでしょうか?「至誠」「知行合一」・・・吉田松陰は多くの著名は言葉を後世に残しており、こうした教え [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

NHK大河ドラマ役作りの参考に NHK大河ドラマの「花燃ゆ」では、井上真央さん演じる文の夫・久坂玄瑞を演じました。久坂は長州藩出身の志士で、松下村塾で知られる吉田松陰の弟子であり、義弟でもあります。 司馬作品にも、幕末の長州藩を舞台にした小説があります。兵学者・大村益次郎が主人公の『花神』や架空の武士・天堂晋助を中心にした『十一番目の志士』などがあります [全文を読む]

井上真央が開会式に登場! 江戸博で「花燃ゆ」展開催

Smartザテレビジョン / 2015年06月04日00時00分

吉田松陰の自賛肖像画や処刑直前に書いたという和歌、文の夫・久坂玄瑞から文への手紙など、展示品の数は210点に上る。 開会式前に展示を見て回ったという井上は「すごいなと思ったのは、兄・松陰の自賛肖像画というものが8つあるうちの6つが飾られているんですが、全部見たのは初めてでした。(生家の)杉家に残したもの、久坂家に残したもの…とあって、これが残っているのはす [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 女性に見てほしいとイケメンをキャスティング

NEWSポストセブン / 2015年01月18日07時00分

吉田松陰には伊勢谷友介(38才)、後に文の夫となる久坂玄瑞には東出昌大(26才)、高杉晋作には高良健吾(27才)、入江九一には要潤(33才)が起用され、旬のイケメンが勢揃いだ。 「舞台は幕末から明治。西洋諸国の進出に危機感を募らせた若者たちが、明治維新を推し進め、命を懸けて日本を変えようとする姿をぜひ、女性に見てほしいと思いました。そのための入り口の1つ [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

この地で松陰は、身分に関係なく入門者を受け入れ、東出昌大演じる久坂玄瑞(文の最初の夫)をはじめ、高杉晋作(高良健吾)、伊藤博文(劇団ひとり)など明治維新の原動力となった人材を育てた。松陰神社から5分ほど歩くと、伊藤博文別邸がある。1907年、宮大工によって建設された東京の邸宅の一部である玄関、大広間、離れ座敷を移築したもので、明治時代の優れた意匠が施されて [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など歴史好きでなくとも知っている有名な門下生たちの中で、“運動部のマネジャー”のような存在だ。物語も単なる時代劇ではなく、家族愛、友情、青春、恋愛から大奥の女の世界まで盛りだくさんのテーマで、飽きることがなさそう。 ヒロイン・文を井上真央が、吉田松陰を伊勢谷友介、高杉晋作を高良健吾、伊藤博文を劇団ひとりが演じるのも楽しみだが、や [全文を読む]

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

)(い)高杉晋作(ろ)久坂玄瑞(は)伊藤博文(に)大村益次郎【クイズ3】上洛する将軍警護を目的に浪士を集めて組織することを献策し、のちの新選組を生み出すきっかけを作った人物は誰でしょう?(ヒント:出羽国庄内藩の郷士で、各地の尊王攘夷派から慕われましたが、34歳で暗殺されました。)(い)武市半平太(ろ)清河八郎(は)芹沢鴨(に)山岡鉄舟【クイズ4】開国に際し [全文を読む]

温故せぬ国に知新なし。大切な「古典教育」を見下す文科省の愚

まぐまぐニュース! / 2017年03月06日20時00分

松陰が塾を指導したのはわずか2年半だったが、ここから育ったのが、維新の尖兵となった久坂玄瑞、高杉晋作、さらに近代国家建設の中心人物だった伊藤博文、山県有朋などである。松陰がこれだけの人物を生み出しえたのは、どうしてだろうか。齋藤氏は「磨いた学力で、何を考え、何を求めていくのか」、そういう「志の教育」こそが人間性の核であるとしている。 「教育大国」に生まれ [全文を読む]

「明治維新を全否定」の歴史本 会津地方で大ベストセラーに

NEWSポストセブン / 2015年11月17日16時00分

他にも、久坂玄瑞を天皇拉致未遂犯として糾弾し、勝海舟を〈長州・薩摩に幕府を売った張本人〉と指弾するなど、維新の志士、英傑たちをなで斬りにしている。 [全文を読む]

文から美和へ「花燃ゆ」第弐集発売

Smartザテレビジョン / 2015年09月15日17時12分

松陰役の伊勢谷友介や松陰の盟友・小田村伊之助役の大沢たかおをはじめ、松陰の門弟・久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役に高良健吾、吉田稔麿役に瀬戸康史ら実力派キャストをそろえている。 第弐集には第13回から第31回までを収録。日本の未来を切り開こうと挑み続けた兄・吉田松陰と、夫・久坂玄瑞が命を散らす。愛する人たちを失った文は、表の政治を内から支える中枢を担う毛 [全文を読む]

高良健吾 出会いは高校時代…東出昌大は「特別な人」

WEB女性自身 / 2015年08月31日06時00分

ずっと高杉が近くにいたし、彼からはもちろん、吉田松陰や文、久坂玄瑞、そして、現場から多くのことを学びました」 そのなかでも、久坂玄瑞を演じた東出昌大は、「特別な人」と語る高良。「東出とはずっと一緒にいて、いろんな話をしました。彼は『お前、仕事の話ばかりだな』と言うけれど、ふだん、何を話したらいいのかが、よくわからないんです(笑)。東出とは、僕が初めて受けた [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画に反対する血判状が返ってくる。松陰は激怒し、絶交を宣言する。 しかし、史実では血判状は桂小五郎(維新後に木戸孝允に改名)が江戸から萩に帰る際に、久坂、高杉から預かり、松陰に渡したとされて [全文を読む]

NHK大河『花燃ゆ』に見る“妹キャラ”ブーム 意中の男性を「お兄ちゃん」と呼ぶのはアリ?

ウートピ / 2015年01月18日12時00分

明治維新の精神的指導者・吉田松陰の妹で、長州藩における尊王攘夷派の中心人物・久坂玄瑞の妻と聞けば、なんとなく人間関係が見えてくるだろう。だったら吉田松陰や久坂玄瑞を主人公にすれば良いではないかとツッコミたくなるが、両名共に20代で早逝しているため、1年かけて描くには無理がある。また、今年で54作目となるNHK大河……歴史的にメジャーな人物ばかりを主人公にし [全文を読む]

幕末ドラマ好きから不満噴出!「花燃ゆ」の“役者カブリすぎ”に困惑の声

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時59分

ただ、井上真央主演の朝ドラ「おひさま」の記憶がまだ新しいせいか、「文と結婚する相手が久坂玄瑞(東出昌大)ではなく、朝ドラで夫婦役だった高良健吾(高杉晋作役)のような気がしてしまう」(29歳・販売)という声も。 ちなみに、東出昌大は大河ドラマ初出演なのに、「また東出か‥‥」と感じている人も意外なほどいるよう。NHKドラマで人気者になると、そんな思わぬ余波があ [全文を読む]

【三菱電機】製造業向けビジネスレポート最新号:河合敦氏「歴史を学び、歴史から学ぶ」

PR TIMES / 2014年01月23日09時23分

◆第4回:吉田松陰に学ぶ教育者としてのあるべき姿◆幕末の時代、「松下村塾」でわずか2年の間に高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋などの偉人を輩出した吉田松陰は、当時20代の若者でありながら優れた教育者でした。松陰の考え方、生き方などから、人材育成のヒントをお話しいただきます。 [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

松陰門下の三秀とされる高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿らもみなそれぞれ20代で亡くなっています。 ◎勝海舟(1823年3月12日-1899年1月19日) 1863年、40歳の勝海舟は船に乗っていますね。咸臨丸での渡米が1860年。翌年、講武所砲術師範にされ、海軍から外されたことに腐っていた海舟ですが、1862年軍艦操練所頭取として海軍に復帰し、ほどなく軍艦奉行 [全文を読む]

徳川幕臣の川路聖謨 国境交渉でロシアの譲歩を引き出した

NEWSポストセブン / 2016年01月29日07時00分

〈吉田松陰は山県有朋がでっちあげた虚像〉〈久坂玄瑞は天皇拉致未遂犯〉〈勝海舟は長州・摩に幕府を売った張本人〉と維新の志士をなで斬りにするベストセラー本の第2弾が発売された。新刊のテーマは、「欧米列強の日本侵略を防いだ男たち」だ。 『明治維新という過ち』(毎日ワンズ刊)は、作家・司馬遼太郎氏の著作などを通じて日本人に定着した長州・薩摩藩中心の「明治維新至上主 [全文を読む]

「花燃ゆ」松坂慶子 刺しゅうの打ち掛けに「うふっ」

Smartザテレビジョン / 2015年08月12日05時00分

――都美姫にとって、主人公・美和はどんな存在だと感じますか?敬親公が一目置いていた吉田松陰の妹であり、久坂玄瑞の妻だとも知っていますからね。「あの久坂の妻」とか「この長州を危機に追いやった男の妻」と思うでしょうから、完全には心を許せない存在でしょう。ただ、美和さんは真っすぐな人で、自分の思ったことは都美姫が相手だろうと言ってしまうので、びっくりさせられます [全文を読む]

高杉晋作を救う“ようかん”作り 「花燃ゆ」第30回

Smartザテレビジョン / 2015年07月24日18時15分

夫・久坂玄瑞(東出昌大)を亡くした美和は、奥御殿に入り、藩主の世継ぎ・毛利元徳(三浦貴大)の正室・銀姫(田中麗奈)に仕えている。 前回放送では、藩主・敬親(北大路欣也)が山口から萩へと居城を移転。狭い萩城に移るため、奥御殿でも女中を減らすことになり、美和は女中の選別を任される。 しかし、懸命に役目を果たして萩城にたどり着いてみれば、新たに大奥に加わるという [全文を読む]

「数字のためにも致し方なし」!? 乃木坂46“十福神“ 大河ドラマ『花燃ゆ』総出演が話題に

おたぽる / 2015年07月13日21時00分

主人公・文を井上真央が演じ、吉田松陰役を伊勢谷友介、文の夫・久坂玄瑞役には東出昌大、そのほか、大沢たかお、優香、北大路欣也など、新旧豪華な役者が集った見応えのあるドラマだ。しかし、今年1月の開始から視聴率は軒並み10%前後と、大河ドラマとしてはお世辞にも褒められた数字ではない。 そんな厳しい状況が続く中、今月8日、乃木坂46"十福神"が『花燃ゆ』に出演する [全文を読む]

フォーカス