宮間あや なでしこジャパンに関するニュース

ヤングなでしこ“フォトジェニック選手”たちのなでしこ入りはあるのか?

週プレNEWS / 2012年09月10日13時00分

「中盤中央の攻撃的な選手であり、セットプレーも得意な田中陽がフル代表入りしたとすれば、ライバルとなるのは宮間あや(岡山湯郷Belle)。しかし、田中陽と宮間ではモノが違いすぎる。そして、左利きのサイドアタッカーである仲田も際立ったスピードや足技を持っているわけではない。U-20代表でさえ不動のレギュラーというわけではないので、なでしこでの可能性は推して知 [全文を読む]

アクロディア、“なでしこジャパン”オフィシャルゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』iOS版をApp Storeで配信開始

PR TIMES / 2015年06月01日15時51分

[画像2: http://prtimes.jp/i/1924/174/resize/d1924-174-950500-1.jpg ]<登場する“なでしこジャパン”選手たち>【GK】山根恵里奈、海堀あゆみ、福元美穂【DF】有吉佐織、岩清水梓、長船加奈、臼井理恵、北原佳奈、川村優理、熊谷紗希、鮫島彩、上尾野辺めぐみ、近賀ゆかり、羽座妃粋、高畑志帆、小原由梨愛、 [全文を読む]

【なでしこプレビュー】3年後に向けた一歩を《リオ五輪アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月09日17時30分

一方で、MF宮間あや(31)、MF阪口夢穂(28)、FW大儀見優季(28)ら経験豊富な選手を先発から外した。▽前半こそ押し込むも得点を奪えないという、今大会のなでしこを象徴するかのような試合展開となったが、39分に岩渕のゴールで先制する。しかし、すぐさま追いつかれるという見覚えのある展開となるが、大野、川澄、中島、横山、大儀見と終盤にゴールを重ねて快勝を収 [全文を読む]

【なでしこプレビュー】負けたら終わり…崖っぷちで迎える日韓戦《リオ五輪アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月02日12時30分

▽両者の代わりに入ったのは、これまでサイドでプレーすることが多かったMF宮間あやだ。2015年の女子バロンドール候補にも選ばれるなど、女子サッカー界随一のゲームメーカーである宮間だが、ボランチのポジションに入ったオーストラリア戦ではボールを落ち着かせることや、長い正確なキックでのサイドチェンジなども鳴りを潜めた。▽DF田中明日菜やMF川村優理をボランチに置 [全文を読む]

女子サッカー選手 男子と比べてその待遇が低すぎる現状もあり

NEWSポストセブン / 2015年07月09日07時00分

それでも、試合後、主将・宮間あや選手(30才)は、涙を流しながらこう謝罪の言葉を述べた。「優勝と準優勝は違うので、本当に申し訳ない」 この言葉こそが、なでしこジャパンの魅力であり、強さの秘密なのかもしれない。そんな彼女たちの「不屈の精神」が作られた背景には、恵まれぬ環境があった。 2011年の前回大会でW杯初優勝を飾ると、日本中に空前の「なでしこブーム」が [全文を読む]

なでしこ、澤弾で“仮想スイス”撃破!!指揮官に誕生日プレゼント

ゲキサカ / 2015年05月24日21時01分

前半23分、左サイドからのCKを獲得したなでしこは、MF宮間あやのクロスにゴール中央に走り込んだMF澤穂希が右足ダイレクトで合わせて先制点を奪った。 代表通算198試合目の出場となった澤だが、なでしこジャパンの背番号10に袖を通すのは、昨年5月25日のアジア杯決勝以来となる。その後、なでしこは澤なしでの戦いを模索したが、佐々木則夫監督は、W杯メンバーに澤を [全文を読む]

なでしこ、澤弾で“仮想スイス”撃破!!指揮官に誕生日プレゼント

ゲキサカ / 2015年05月24日21時01分

前半23分、左サイドからのCKを獲得したなでしこは、MF宮間あやのクロスにゴール中央に走り込んだMF澤穂希が右足ダイレクトで合わせて先制点を奪った。 代表通算198試合目の出場となった澤だが、なでしこジャパンの背番号10に袖を通すのは、昨年5月25日のアジア杯決勝以来となる。その後、なでしこは澤なしでの戦いを模索したが、佐々木則夫監督は、W杯メンバーに澤を [全文を読む]

ヤングなでしこ、フル代表召集の可能性が最も高いのはDF浜田とFW道上

週プレNEWS / 2012年09月04日13時00分

カナダやリオでは、大儀見を控えに追いやっているかもしれませんよ」(サッカー専門誌編集者B氏) 田中陽や猶本の場合、能力の高さは誰もが認めるものの、なでしこジャパンの同ポジションにはそれぞれ宮間あや(岡山湯郷Belle)、阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)という高い壁が立ちふさがる。その点、浜田や道上の場合、ユーティリティプレイヤーやスーパーサブとして、すぐにでも [全文を読む]

新生・なでしこジャパンが発表! 大儀見や岩渕が招集された一方で、宮間や川澄は選外《国際親善試合》

超ワールドサッカー / 2016年05月20日14時12分

▽一方で、MF宮間あや、MF川澄奈穂美、DF岩清水梓、FW大野忍など、2012年のロンドン五輪や2015年のカナダ女子ワールドカップに招集されていた主力メンバーから外れた選手もいる。▽また、GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)、DF佐々木繭(ベガルタ仙台レディース)、MF高木ひかり(ノジマステラ神奈川)、MF千葉園子(ASハリマ アルビオン)、MF中里優 [全文を読む]

W杯メンバーから10名を選出! 澤や川澄は招集外…なでしこジャパンメンバー発表《国際親善試合》

超ワールドサッカー / 2015年11月16日16時45分

▽今回のメンバーには、カナダ・女子ワールドカップ(W杯)の準優勝メンバーであるDF岩清水梓やDF有吉佐織(日テレ・ベレーザ)、MF宮間あや(岡山湯郷Belle)、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)、FW大儀見優季(フランクフルト/ドイツ)ら10名が招集。MF澤穂希(INAC神戸レオネッサ)、MF川澄奈穂美(INAC神戸レオネッサ)らは招集されていない。▽佐々 [全文を読む]

[なでしこ]リーグ再開、4連勝日テレがINACかわして首位浮上!:第10節

ゲキサカ / 2015年07月13日08時00分

しかし同36分にFW高橋千帆にヘディング弾を許すと、同39分にはなでしこジャパン主将のMF宮間あやに同点弾を許し、2-2で勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 2位の日テレ・ベレーザはひたちなか市総合運動公園陸上競技場でAS埼玉と対戦。なでしこジャパンDF岩清水梓は累積警告のため欠場したが、前半32分にMF原菜摘子が挙げたゴールを守り抜いた日テレが1-0 [全文を読む]

なでしこ冷や汗…初戦同様終盤苦しむも2連勝で決勝T進出一番乗り

ゲキサカ / 2015年06月13日13時14分

同17分にはMF宮間あやのCKの上げ直しのクロスをFW菅澤優衣香がヘディングで叩き込み、リードを2点に広げた。 ただ、ピンチもあった。前半41分、カウンターから持ち込まれると、強引な突破からFWガエル・エンガナムイがエリア内に侵入。クロスボールを入れられると、FWマドレーヌ・ヌゴノ・マニにフリーでシュートを打たれるが、シュートは枠外に外れていった。 2点を [全文を読む]

今のなでしこジャパンには「澤穂希抜き」の戦い方が必要との意見

週プレNEWS / 2012年07月04日15時00分

澤穂希(MF)、宮間あや(MF)、川澄奈穂美(MF)、大野忍(FW)、近賀ゆかり(DF)、熊谷紗希(DF)、海堀あゆみ(GK)ら、昨年のW杯優勝メンバーを中心に構成され、ケガで出場が危ぶまれていた19歳の岩渕真奈(FW)、そして“ラッキーガール”丸山桂里奈(FW)も選出された。 これで、なでしこジャパンの悲願=五輪での金メダルへの挑戦が本格的にスタートし [全文を読む]

宮間退団の岡山湯郷Belleに元なでしこジャパンFW木龍七瀬やオーバートレーニング症候群で引退のMF藤田のぞみら9名が加入

超ワールドサッカー / 2016年12月26日22時34分

なでしこジャパンのMF宮間あやら10名以上がシーズン終了後に退団していた。 [全文を読む]

なでしこ、リオ五輪出場の可能性ほぼなくなる…中国に敗戦、屈辱3戦未勝利

ゲキサカ / 2016年03月04日22時18分

左MFに主将MF宮間あやが入る。そして韓国戦の1トップから2トップに変更となったFWには、大儀見優季と横山久美が入った。 試合序盤の戦いに課題が出ている今大会のなでしこジャパン。この日は失点という形で浮き彫りになる。前半14分、阪口のパスを受けた川村が、前に出せずにバックパス。しかしこれが中国に対するスルーパスのようになってしまう。GK福元が前に出てジャン [全文を読む]

【現役引退】澤穂希、記録で振り返る”レジェンド”の偉大な功績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月18日08時00分

いずれも男女を通じて歴代1位の記録であり、試合数は宮間あやの156試合と遠藤保仁の152試合、得点数は釜本邦茂の75点、三浦知良と大儀見優季の55点が続く(2015年12月16日現在)ことを鑑みると、いかにこの記録が突出しているかがわかる。 記録は国内だけに留まらない。2015年にカナダで行われたFIFA女子ワールドカップは、澤にとって、1995年のスウェ [全文を読む]

宮間が女子FIFAバロンドールの候補10名に選出 佐々木監督も候補入り

超ワールドサッカー / 2015年10月20日14時46分

▽候補者の中には、岡山湯郷Belleに所属するなでしこジャパンMF宮間あやが日本人として唯一選出。また、今年行われたカナダ女子ワールドカップ2015で優勝したアメリカ女子代表からGKホープ・ソロ、MFミーガン・ラピノー、MFカーライ・ロイド[写真右]の最多3名が選ばれた。その他、女子最優秀監督賞の候補者には、先日契約を更新したなでしこジャパンの佐々木則夫監 [全文を読む]

なでしこは本当に不遇か? 進む待遇改善とプロ化への懸念

週プレNEWS / 2015年07月22日06時00分

また同じ轍(てつ)を踏むリスクを抱えるより、アマチュア選手主体でも着実、堅実にクラブやリーグが存続するほうが結局は選手のためだし、現代表主将である宮間あやの言う「女子サッカーを文化にする」ことにもつながるという見方もできるのだ。 ●発売中の『週刊プレイボーイ』31号では、さらにアメリカや欧州などの実情も紹介! ぜひお読み下さい。 ■週刊プレイボーイ31号( [全文を読む]

「他の選手の模範」「存在が重要」 澤穂希、世界初6度目のW杯へ

ゲキサカ / 2015年05月19日18時37分

キャプテンはMF宮間あやに任せる予定でいるが、佐々木監督は「澤の存在は重要になってくる」と最後まで存在の大きさを強調していた。 (取材・文 児玉幸洋) ●女子W杯2015特集 [全文を読む]

田中陽子 ヤングなでしこエースの体幹トレがエロ過ぎる~ 「ムッチリ太もものM字開脚にレッドカード」

アサ芸プラス / 2012年09月13日10時54分

その精度は、なでしこジャパン主将の宮間あや(27)にも匹敵すると言われている。それだけに、代表レベルでも難しい左右のキックが威力を発揮するためには、並外れた体の柔軟性とバランス感覚が必要とされるため、独自のトレーニング方法を編み出したのだろう。ところが、このトレーニングがあまりにも“艶かしい”と評判になっているのである。 サッカーライターが解説する。 「実 [全文を読む]

フォーカス