宮間あや なでしこジャパンに関するニュース

ヤングなでしこ“フォトジェニック選手”たちのなでしこ入りはあるのか?

週プレNEWS / 2012年09月10日13時00分

「中盤中央の攻撃的な選手であり、セットプレーも得意な田中陽がフル代表入りしたとすれば、ライバルとなるのは宮間あや(岡山湯郷Belle)。しかし、田中陽と宮間ではモノが違いすぎる。そして、左利きのサイドアタッカーである仲田も際立ったスピードや足技を持っているわけではない。U-20代表でさえ不動のレギュラーというわけではないので、なでしこでの可能性は推して知 [全文を読む]

アクロディア、“なでしこジャパン”オフィシャルゲーム『なでサカ~なでしこジャパンでサッカー世界一!』iOS版をApp Storeで配信開始

PR TIMES / 2015年06月01日15時51分

[画像2: http://prtimes.jp/i/1924/174/resize/d1924-174-950500-1.jpg ]<登場する“なでしこジャパン”選手たち>【GK】山根恵里奈、海堀あゆみ、福元美穂【DF】有吉佐織、岩清水梓、長船加奈、臼井理恵、北原佳奈、川村優理、熊谷紗希、鮫島彩、上尾野辺めぐみ、近賀ゆかり、羽座妃粋、高畑志帆、小原由梨愛、 [全文を読む]

【なでしこプレビュー】3年後に向けた一歩を《リオ五輪アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月09日17時30分

一方で、MF宮間あや(31)、MF阪口夢穂(28)、FW大儀見優季(28)ら経験豊富な選手を先発から外した。▽前半こそ押し込むも得点を奪えないという、今大会のなでしこを象徴するかのような試合展開となったが、39分に岩渕のゴールで先制する。しかし、すぐさま追いつかれるという見覚えのある展開となるが、大野、川澄、中島、横山、大儀見と終盤にゴールを重ねて快勝を収 [全文を読む]

【なでしこプレビュー】負けたら終わり…崖っぷちで迎える日韓戦《リオ五輪アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月02日12時30分

▽両者の代わりに入ったのは、これまでサイドでプレーすることが多かったMF宮間あやだ。2015年の女子バロンドール候補にも選ばれるなど、女子サッカー界随一のゲームメーカーである宮間だが、ボランチのポジションに入ったオーストラリア戦ではボールを落ち着かせることや、長い正確なキックでのサイドチェンジなども鳴りを潜めた。▽DF田中明日菜やMF川村優理をボランチに置 [全文を読む]

女子サッカー選手 男子と比べてその待遇が低すぎる現状もあり

NEWSポストセブン / 2015年07月09日07時00分

それでも、試合後、主将・宮間あや選手(30才)は、涙を流しながらこう謝罪の言葉を述べた。「優勝と準優勝は違うので、本当に申し訳ない」 この言葉こそが、なでしこジャパンの魅力であり、強さの秘密なのかもしれない。そんな彼女たちの「不屈の精神」が作られた背景には、恵まれぬ環境があった。 2011年の前回大会でW杯初優勝を飾ると、日本中に空前の「なでしこブーム」が [全文を読む]

女子W杯最優秀選手賞候補に有吉と宮間!! 海堀は最優秀GK候補!!

超ワールドサッカー / 2015年07月03日09時41分

▽最優秀選手賞のアディダス・ゴールデンボールでは8名の候補者の中に、なでしこジャパンからDF有吉佐織、MF宮間あやの2選手が選出された。最優秀GK賞のアディダス・ゴールデングラブでは3名の候補者が発表され、なでしこジャパンからは海堀あゆみが選出されている。なお、1995年7月1日生まれ以降の選手を対象にしたヒュンダイ・若手選手は3名の候補者が選出されたが、 [全文を読む]

なでしこ、澤弾で“仮想スイス”撃破!!指揮官に誕生日プレゼント

ゲキサカ / 2015年05月24日21時01分

前半23分、左サイドからのCKを獲得したなでしこは、MF宮間あやのクロスにゴール中央に走り込んだMF澤穂希が右足ダイレクトで合わせて先制点を奪った。 代表通算198試合目の出場となった澤だが、なでしこジャパンの背番号10に袖を通すのは、昨年5月25日のアジア杯決勝以来となる。その後、なでしこは澤なしでの戦いを模索したが、佐々木則夫監督は、W杯メンバーに澤を [全文を読む]

なでしこ、澤弾で“仮想スイス”撃破!!指揮官に誕生日プレゼント

ゲキサカ / 2015年05月24日21時01分

前半23分、左サイドからのCKを獲得したなでしこは、MF宮間あやのクロスにゴール中央に走り込んだMF澤穂希が右足ダイレクトで合わせて先制点を奪った。 代表通算198試合目の出場となった澤だが、なでしこジャパンの背番号10に袖を通すのは、昨年5月25日のアジア杯決勝以来となる。その後、なでしこは澤なしでの戦いを模索したが、佐々木則夫監督は、W杯メンバーに澤を [全文を読む]

ヤングなでしこ、フル代表召集の可能性が最も高いのはDF浜田とFW道上

週プレNEWS / 2012年09月04日13時00分

カナダやリオでは、大儀見を控えに追いやっているかもしれませんよ」(サッカー専門誌編集者B氏) 田中陽や猶本の場合、能力の高さは誰もが認めるものの、なでしこジャパンの同ポジションにはそれぞれ宮間あや(岡山湯郷Belle)、阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)という高い壁が立ちふさがる。その点、浜田や道上の場合、ユーティリティプレイヤーやスーパーサブとして、すぐにでも [全文を読む]

新生・なでしこジャパンが発表! 大儀見や岩渕が招集された一方で、宮間や川澄は選外《国際親善試合》

超ワールドサッカー / 2016年05月20日14時12分

▽一方で、MF宮間あや、MF川澄奈穂美、DF岩清水梓、FW大野忍など、2012年のロンドン五輪や2015年のカナダ女子ワールドカップに招集されていた主力メンバーから外れた選手もいる。▽また、GK池田咲紀子(浦和レッズレディース)、DF佐々木繭(ベガルタ仙台レディース)、MF高木ひかり(ノジマステラ神奈川)、MF千葉園子(ASハリマ アルビオン)、MF中里優 [全文を読む]

フォーカス