金本知憲 鳥谷敬に関するニュース

【プロ野球】原口文仁、鳥谷敬のコンバートで混迷! 鳥谷「二塁or三塁プラン」で阪神の開幕スタメンを考えてみた

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日17時05分

若手育成を重視する金本知憲監督の方針から察すると、やはり北條は上位打線で使いたいはず。左右の組み合わせを考えても、鳥谷・6番がベターという結論になりそうだ。 遊撃一本を金本監督に直訴していた鳥谷だが、現時点では「6番・二塁or三塁」というのが現実的なポジションだ。オープン戦で高山、北條を打撃面で上回り、まずは上位打線奪還がミッション。ショート奪還までの道の [全文を読む]

【プロ野球】《阪神・開幕スタメン予想》来季、阪神・金本知憲監督が目指す野球とは? そして、開幕オーダーは?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月11日16時05分

昨年の今頃、阪神・金本知憲監督はこう言っていた。 「鳥谷(敬)、福留(孝介)、ゴメス以外ポジションは空いている。ガツガツ取りにきてください」 そして今、来季についてはこう言っている。 「孝介(福留)と糸井(嘉男)は決まり。それ以外はわからん」 確かに昨年の今頃は、鳥谷、福留、ゴメス以外のポジションはまったく見えない状態だった。“超変革”元年ということで、春 [全文を読む]

【プロ野球】金本知憲監督が命がけで獲得したFAの糸井嘉男。来季の「金本阪神」はどうなる?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月27日16時05分

金本知憲監督の待ち焦がれた“初めての恋人”がついにラブコールを受け入れてくれた。 糸井嘉男35歳。 金本監督が野球人として惚れ込んだ、35歳には見えない若さと強さを兼ね備えたナイスガイだ。 糸井の加入と時を同じくして発表された来季の阪神タイガースのスローガンは“「挑む」~Tigers Change~”。 「挑む」とは、相手にたちむかう、積極的にこちらから仕 [全文を読む]

【プロ野球】金本知憲監督(阪神)の決断に揺れたドラフト。大山悠輔(白鴎大)1位指名の意図、そして運命……

デイリーニュースオンライン / 2016年10月30日16時05分

しかし前日の深夜、金本知憲監督は、大山のビデオをホテルで見て1位指名を決断、当日の昼にスカウト、球団社長、オーナーを説得し了解を得たという。 なぜ金本監督は一夜にして大山にして惚れこんだのだろうか? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■大山指名を決断した金本監督の思い 金本監督は、開口一番、大山の打撃フォームを「しなやかで強 [全文を読む]

【プロ野球】「超変革元年!」から来季に向けて ~阪神・金本知憲監督は「超変革」を貫くべきか~

デイリーニュースオンライン / 2016年09月18日16時05分

思い通りの野球ができず、ベンチで苦虫を噛み潰したような金本知憲監督の表情だけが残像として残っている。 「超変革!」という、大きなお題目を掲げたがゆえに、チームが勝利から遠ざかると周りからのバッシングは「超」がつくほど厳しいものとなった。 1年で「超変革」の結果を出せるほどペナントレースは甘くない。 だがあえてここは、「超変革元年!」として、今シーズンの戦い [全文を読む]

【日本ハム】吉川光夫に抱いた複雑な感情と、鳥谷敬に送った拍手と

文春オンライン / 2017年06月09日11時00分

球審とトレーナーが声をかけ、阪神・金本知憲監督が駆け寄る。しばらくして鳥谷は身体を起こした。流血のためタオルで顔を覆いベンチに下がる。 その青くなっている吉川光夫だ。巨人のユニホームを着ている。昨オフ行われた「吉川光夫、石川慎吾⇔大田泰示、公文克彦」の大型トレードはもちろんわかっていたし、キャンプの頃は「吉川、意外と巨人ユニ似合う」なんて軽口を叩いていたく [全文を読む]

若松勉氏がみた今年の阪神

ベースボールキング / 2017年05月07日11時00分

今年と昨季の違いについては「若手とベテランが上手く噛み合っている」とし、「去年は(金本知憲監督が)野次を受けながらも、我慢して若い選手を上手く使って、それが実を結んでいる」と金本采配を評価した。 昨季は“超変革”をスローガンに掲げ、高山俊、北條史也、原口文仁といった若手が台頭。その他にも、江越大賀、横田慎太郎、中谷将大、陽川尚将といった若手を積極的に起用し [全文を読む]

【プロ野球】鳥谷敬が1年遅れで超変革! 9試合連続安打、打率.441で阪神を引っ張る!!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月16日16時05分

昨シーズンの金本知憲監督は、「鳥谷が変わらなければ」と鳥谷の名を真っ先に挙げてチームの超変革を始めたが、今シーズンは鳥谷に言及することが少なくなった。 首脳陣もファンも、そっと鳥谷を見つめている。果たして、鳥谷はこの調子を維持しながらシーズンを突っ走れるのだろうか。 (※成績は4月12日現在) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放 [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!?波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日16時05分

今季も、ポジション確保は厳しい状況だったが、「4番・サードで使う」と金本知憲監督が明言していたキャンベルが2月27日の紅白戦で左手首を負傷し、戦線離脱。 その穴埋めとして起用された鳥谷が、開幕から4試合連続マルチを含む全8試合で安打と、完全復活と言っていい結果を残した。この好調をどこまでキープできるか注目だ。 そして本塁打、打点の「二冠王」が阿部慎之助( [全文を読む]

【プロ野球】初めて手にした自由? 完全復活に懸ける鳥谷敬が過ごした「周りに支えられて」のキャンプ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日16時05分

実戦でなかなかヒットが出ず、金本知憲監督をやきもきさせたが、2月22日の紅白戦でようやくマルチ安打を放ったドラ1・大山悠輔。 4番候補として来日するもサク越えがほとんどなく、おまけに胃腸炎で早々に離脱と、未だ不安要素を残すキャンベル。 連日WBC使用球で投げ込み、練習試合ではWBC仕様のマウンドと特別待遇を受け、皆の期待を一身に背負う藤浪晋太郎。 そして [全文を読む]

【プロ野球】糸井嘉男がFA加入の阪神。人的補償で絶対にプロテクトしたいベテランはこの3選手だ!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月04日16時05分

来期を見据えた金本知憲監督の構想でも、センター・糸井とともにライトは福留と固まっている。 シーズン中も、大事な場面で技ありのタイムリーを放ったかと思えば、ライトの守備ではフェンス直撃の打球をフェイクしランナーの進塁を防ぐ、これぞプロフェッショナルというプレーを見せてくれた。 また、不甲斐ないプレーを見せた藤浪晋太郎をベンチ前で叱責するなど、リーダーシップ [全文を読む]

【プロ野球】チームを引っ張る男たちの活躍は? 12球団“キャプテン”通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年10月18日17時05分

金本知憲監督は就任直後から鳥谷に「変われ!」と言い続け、多大な期待を注いできたが、まさかこんなことになるとは……。 キャプテンが攻守誤算でチームに大きなダメージを与えた。来季は36歳。ここが踏ん張りどころだ。 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

金本知憲監督バッシング 先陣を切るのはサンスポか

NEWSポストセブン / 2016年08月06日07時00分

※週刊ポスト2016年8月12日号 [全文を読む]

鳥谷敬の扱いを巡り阪神チーム内に不協和音 ゴメスも不満

NEWSポストセブン / 2016年08月02日16時00分

日本記録は金本知憲監督が持つ1492試合だが、鳥谷は歴代3位となる衣笠祥雄(元広島)の678試合まで、あと11に迫っていたところだった。 5連敗中だった阪神は、広島に4-5とリードされていた6回、代打・鳥谷の内野安打で逆転。球宴後の初勝利をもぎ取ったのだが、試合後記者団に囲まれて鳥谷の連続出場記録について水を向けられた金本監督の反応は激しかったという。 「 [全文を読む]

「大不振」阪神・鳥谷敬選手「レーシック手術失敗」か? 急増中の「見逃し三振」と信じられない「エラー連発」の原因に新たな『疑惑』が浮上!

Business Journal / 2016年07月24日08時00分

大不振の原因は今年で35歳という年齢的な衰えを始め、金本知憲監督による強引な指導や、周囲のマスコミやファンからのプレッシャーなど様々な見解があるが、ここにきて見逃せないある重要な「疑惑」が持ち上がっているようだ。実は今シーズンの鳥谷選手は三振数が急増している。昨年1シーズンで77だったのが、今シーズンはすでに61。それも「見逃し三振」が極端に増えているのだ [全文を読む]

【プロ野球】"超変革"の明暗…金本・阪神の前半戦を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年06月27日17時05分

阪神・金本知憲監督がスローガンとして掲げた「超変革」だが、チームを根底からひっくり返す覚悟で変革することが「超変革」の意味するところ。 「もっと長い目で見なければいけない」。これは誰もが承知していることであるはずだ。 「勝つか負けるか、打てたか打てなかったか」。しかし、現実には、このようにその日の試合結果で金本監督の手腕は評価され、超変革が少しでも進んだ [全文を読む]

【プロ野球】金本監督こそ最大の理解者?阪神・鳥谷敬は完全復活できるのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月27日16時04分

キャプテン・鳥谷にかかるプレッシャーは、金本知憲監督と同じくらい大きい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■金本監督が鳥谷の一番の理解者 「8番ショート鳥谷」 甲子園球場にスターティングメンバーがコールされ、スタンドがどよめいたのは、5月21日の広島戦だった。 8番への降格。 金本監督が鳥谷を再度奮起させるための苦汁の決断 [全文を読む]

「正直キャプテンにはなりたくはなかった」阪神タイガース・鳥谷敬はやっぱり天才だった!―野球観・人生観を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月01日12時20分

そんな鳥谷に「全部ダメだ!」「変われ!」と活を入れたのが今季より阪神の指揮を執る金本知憲新監督。2012年から野手キャプテン、2013年からチームキャプテンを務めるも、優勝を逃してきた鳥谷を、「チーム不振のやり玉」に挙げたわけである。しかし、それは期待の裏返し。金本監督は「おまえが先頭に立って、牽引しないとチームは変わらない」と再び鳥谷をキャプテンに指名 [全文を読む]

「正直キャプテンにはなりたくはなかった」阪神タイガース・鳥谷敬はやっぱり天才だった!―野球観・人生観を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月01日12時20分

そんな鳥谷に「全部ダメだ!」「変われ!」と活を入れたのが今季より阪神の指揮を執る金本知憲新監督。2012年から野手キャプテン、2013年からチームキャプテンを務めるも、優勝を逃してきた鳥谷を、「チーム不振のやり玉」に挙げたわけである。しかし、それは期待の裏返し。金本監督は「おまえが先頭に立って、牽引しないとチームは変わらない」と再び鳥谷をキャプテンに指名 [全文を読む]

清原和博&金本知憲「ムカつく奴らシバキ上げ」(2)西岡の登録抹消は謹慎だった!?

アサ芸プラス / 2013年09月03日09時58分

新井に続いて標的になったのは、今年7月に藤浪晋太郎や鳥谷敬、中田翔らとともに美女ホステス21人とクルージングを楽しんでいたところをフライデーされた西岡剛だ。 「膝を痛めて登録抹消されましたよね。あれはトレーナーの発表だけでしょ。痛いって言ってるのは本人だけ。ケガしてないんじゃないですか」 と清原氏。西岡が登録抹消されたのは7月30日(その後、8月17日に一 [全文を読む]

フォーカス