古舘伊知郎 ニュースステーションに関するニュース

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

今年4月から、古舘伊知郎サンに代わって同局の富川悠太アナがメインキャスターに起用されたけど――視聴率は変わらない。番組に地力がある証しだろう。そう、今やテレ朝は「報道のテレ朝」といっても過言じゃないのだ。■スポーツのテレ朝いや、それだけじゃない。スポーツの分野でも近年、テレ朝の活躍がやけに目立つ。現在、サッカー日本代表チームは、2018年のロシア・ワールド [全文を読む]

政権圧力はあったのか? 古舘伊知郎ら降板キャスター「最後の発言」

まぐまぐニュース! / 2016年04月10日19時30分

NHKクローズアップ現代の国谷裕子、報道ステーションの古舘伊知郎、そしてTBS「NEWS23」の岸井成格、膳場貴子の各氏です。それぞれ、最終出演の機会に、番組を去るに当たってのコメントを残しています。一部は新聞でも報じられましたが、全体をキチンと文字に起こしたものを見ていませんし、それに対するキチンとしたコメントも見当たりません。記録という意味でも、あるい [全文を読む]

報ステ・古舘、最後の言葉2「死んでまた再生します」

Smartザテレビジョン / 2016年04月01日03時02分

3月31日の放送をもって、古舘伊知郎が「報道ステーション」(テレビ朝日系)のメーンキャスターの座を降りた。'04年4月のキャスター就任から丸12年。古舘は、さまざまなニュースと向き合い、国内外を精力的に取材してきた。この日はお天気キャスターの林美沙希アナ、スポーツキャスターの青山愛アナもそろって最後に。番組最後のおよそ10分間、古舘は下記のようなコメントで [全文を読む]

古舘キャスター退任間際に『報ステ』視聴率上昇の理由

NEWSポストセブン / 2016年03月28日16時00分

古舘伊知郎キャスター(61)の退任を目前に控え、3月に入って、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の視聴率が上昇している。3月限りで12年間キャスターを務めた古舘氏が退き、後任にはテレビ朝日の富川悠太アナウンサー(39)が就く。 人気番組『ニュースステーション』の後を受けて始まった同番組は、2004年の放送開始から昨年末時点まで全2960回の平均視聴率13 [全文を読む]

報ステ「富川悠太アナ」決定までの人事抗争をすっぱ抜く!

WEB女性自身 / 2016年01月14日06時00分

「古舘さんの後継のメインキャスターについては、外部から招聘せず、局アナが務めることで局内の意見は一致していました」(テレビ朝日関係者) 昨年末の12月24日、突如『報道ステーション』のメインキャスター降板を発表した古舘伊知郎氏(61)。後継者については冒頭のとおり富川悠太アナ(39)の起用が決まった。その理由はこうだ。 「テレ朝の早河(洋)会長は『反権力』 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】東野幸治、古舘氏の後任に意欲? オファーあれば「報道ステーションやります」

TechinsightJapan / 2016年01月02日14時56分

テレビ朝日は先月24日『報道ステーション』の古舘伊知郎キャスターの降板を発表したが、後任については調整中とされている。巷では男性の人気フリーアナウンサーの名前もあがっている中、バラエティ系の情報番組で司会として経験を積んできた東野幸治も、もし要請があれば「やりますよ!」ときっぱり宣言した。 1月1日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』元旦SPに出演した安藤 [全文を読む]

【速報】古舘伊知郎キャスター「報ステ」降板へ、後任は「宮根アナ」との噂も

秒刊SUNDAY / 2015年12月24日10時45分

古舘伊知郎報ステ降りるのか。ようやくおしゃれ3030からやり直す決心がついたのか・ トーキングブルース復活だな!・ 古舘伊知郎さん降板かもなんだ・ 古舘さんの後任、橋下さんになったらいろんな意味でおもろいなw・ 大変喜ばしいニュース・ へー、古舘さん報ステ辞めるんだ・ うわー!?マジかーー!・ ついにか。・ 古舘さん報ステ引退か…・ 古舘の降板とかクリ [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

〇『TV PLUS PRESS』(90年4月~91年3月)その週に起きたニュースを、クレーンシートの古舘伊知郎サンが、粋なコメントを交えつつ実況風に伝える新タイプのニュースショー。後の『報道ステーション』より100倍面白かった。 〇『カノッサの屈辱』(90年4月~91年3月)原案・ホイチョイ・プロダクションズ、構成・小山薫堂、演出・田中経一。仲谷昇サン演 [全文を読む]

元フジ解説委員「キャスターはジャーナリストがやるべき」

NEWSポストセブン / 2016年06月15日16時00分

キャスターは久米宏さん、古舘伊知郎さんと来たわけですが、2人ともアナウンサー出身であって、ジャーナリストではありません。 ジャーナリストではないけれど、喋りがうまく人気のある人が高視聴率をたたき出すというスタイルが、この2つの番組でできあがってしまいました。でも、2人ともジャーナリストではないので、印象でものを言うことがある。それが視聴者をミスリードして、 [全文を読む]

『報ステ』小川彩佳アナが明るくなって視聴率も絶好調に

NEWSポストセブン / 2016年05月25日16時00分

古舘伊知郎(61)から富川悠太アナ(39)にバトンタッチした『報道ステーション』(テレビ朝日系)が「浮かれモード」なのだ。たとえば13日放送のお天気コーナーは、観ている側が赤面してしまうほど。 「衣替え、私はまだしてないですね~」と、富川アナが隣の小川彩佳アナ(31)に話題を振ると、彼女はキャピッとこう答えたのだ。 「私、今日ノースリーブをおろしました!」 [全文を読む]

「伝説の記者会見」で振り返る芸能スキャンダル(4)キムタクの不機嫌すぎる結婚発表

アサジョ / 2016年05月07日09時58分

ところが、報道陣が後任の古舘伊知郎の名を出すと、久米はいつものクールさと一変して声を荒げた。「番組がなくなるのに後任がいるとは、どういうことなんだ!」“テレビの天才”たる久米のプライドが見えた一幕である。そして「後任」に収まった古舘もまた、決して円満とはいかない形で今春の降板を迎えている。 [全文を読む]

打倒『報ステ』狙うNHK「七人の女侍」はポスト有働の試金石

NEWSポストセブン / 2016年03月27日16時00分

『報道ステーション』に12年間「君臨」した古舘伊知郎(61)が降板し、同局の富川悠太アナ(39)が後任を務めるが「ポスト古舘」の大役が務まるかは不透明だ。サブキャスターの席には変わらず小川彩佳アナ(31)が座る予定だ。 「夕方の『スーパーJチャンネル』で力を付けた竹内由恵アナ(30)、かつてスポーツ担当で報ステのアイドルだった宇賀なつみアナ(29)のエー [全文を読む]

政治がTV局に圧力 かつて久米宏のテレ朝やNHKは戦った

NEWSポストセブン / 2016年02月20日07時00分

テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎氏とTBS「NEWS23」の岸井成格氏、そしてNHK「クローズアップ現代」の国谷裕子氏が降板する。 いずれも“反安倍”と目されていたキャスターだ。偶然にしては、あまりに政権にとって都合が良すぎはしないか。調子に乗る政権はさらなる一手を繰り出した。放送行政の責任者、高市早苗・総務大臣が言論統制の“伝家の宝刀”ともいえ [全文を読む]

丸川珠代環境相 古巣・テレ朝をこき下ろし上層部激怒

NEWSポストセブン / 2016年02月17日07時00分

テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎氏とTBS「NEWS23」の岸井成格氏、そしてNHK「クローズアップ現代」の国谷裕子氏が降板する。 いずれも“反安倍”と目されていたキャスターだ。さらには、放送行政の責任者、高市早苗・総務大臣が言論統制の“伝家の宝刀”ともいえる「電波停止」に言及し、放送局に圧力をかけている。 政権批判の牙を失ったテレビ局は政治家に [全文を読む]

『報道ステーション』古舘伊知郎の後任人事……テレ朝が局アナを「使いたくない」ワケ

日刊サイゾー / 2015年12月28日17時00分

古舘伊知郎の降板表明があった『報道ステーション』(テレビ朝日系)は、局内でも後任人事の話題で持ち切りだ。中でも「局内かフリー、どっちの人選なんだ」という声が聞かれる。 「古舘さんは元テレ朝だし、身内感が強かったのでよかったんですが、朝の情報番組に他局の看板アナだった羽鳥慎一さん(『モーニングバード』~『モーニングショー』)を起用したときには、局アナのモチベ [全文を読む]

古館伊知郎「報ステ降板」の次は…囁かれる「東京オリンピック総合司会」説

デイリーニュースオンライン / 2015年12月27日12時00分

テレビ朝日は12月24日、古舘伊知郎キャスター(61)がテレビ朝日系「報道ステーション」を2016年3月末で降板すると発表し、メディア各社も一斉に報じた。4月以降も、番組自体は継続する。 「報道ステーション」は久米宏がメインキャスターを務めた「ニュースステーション」の後継番組として2004年に開始した。以降、古舘はメインキャスターを12年継続、12月24日 [全文を読む]

久米宏が安保法制強行採決に激怒! 安倍首相を「セコい」「独裁者」と批判

リテラ / 2015年07月19日12時00分

しかし、それでも『報ステ』キャスター・古舘伊知郎の頼りなさに、オールドファンからは"あの人"の再登板を望む声も根強い。他でもない、前身番組である『ニュースステーション』のキャスター・久米宏である。 そんな久米が、昨日18日、TBSラジオ『久米宏 ラジオなんですけど』で、安保法案と安倍首相を苛烈に批判した。番組冒頭、久米は、安倍首相が新国立競技場計画の見直し [全文を読む]

自民党・安倍政権、驚愕の報道介入&言論弾圧!気に入らなければテレビ局聴取や取材拒否

Business Journal / 2015年04月22日06時00分

番組コメンテーターの元官僚・古賀茂明氏は、古舘伊知郎キャスターから中東情勢に関して問われた際に、その質問には答えず唐突に「テレ朝の会長、古舘プロジェクトの会長の意向で(番組出演は)今日が最後なんですけど……」と語り始め、さらにその背後に番組へ官邸から「政治的圧力」があったことを匂わせる発言を行った。これはまったく異例の事態で、論者からも、これを身勝手な「 [全文を読む]

反原発ディレクター自殺の波紋…『報ステ』来春終了か

WEB女性自身 / 2014年09月29日07時00分

古舘伊知郎(59)がキャスターを務める名物番組の裏側で何が起こっているのか。まず思い当たるのはあの大問題だ。 8月5日にテレ朝の大株主・朝日新聞に掲載された従軍慰安婦検証記事。『報ステ』では1カ月以上経過した9月11日になってようやく“検証番組”を放送した。『報ステ』関係者は語る。「局内からの指摘を受け、番組内でも極秘裏に慰安婦問題の検証企画は進んでいた。 [全文を読む]

古舘伊知郎が『報道ステーション』以外に出演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2013年04月10日16時00分

その名調子で、名を馳せた古舘伊知郎(58)。その後、フリーに転身し、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)、『おしゃれカンケイ』(日本テレビ系)、『クイズ日本人の質問』(NHK)など数々の番組を担当し、司会者としての地位を確固たるものにした。 2004年、古舘に転機が訪れた。久米宏がキャスターを務め、「ニュース番組の常識を変えた」といわれる『ニュースステー [全文を読む]

フォーカス