高杉晋作 花燃ゆに関するニュース

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナルグッズ 2015年1月5日(月)新発売

@Press / 2014年12月22日11時00分

希望小売価格:800円(税別) 本体サイズ :(約)20cm×20cm 原産国 :日本製 JAN :456038696 6438 http://www.atpress.ne.jp/releases/55368/img_55368_1.jpg ■商品2:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 吉田松陰柄 ■商品3:花燃ゆ オリジナルハンカチタオル 高杉晋作柄 幕 [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

この地で松陰は、身分に関係なく入門者を受け入れ、東出昌大演じる久坂玄瑞(文の最初の夫)をはじめ、高杉晋作(高良健吾)、伊藤博文(劇団ひとり)など明治維新の原動力となった人材を育てた。松陰神社から5分ほど歩くと、伊藤博文別邸がある。1907年、宮大工によって建設された東京の邸宅の一部である玄関、大広間、離れ座敷を移築したもので、明治時代の優れた意匠が施されて [全文を読む]

大河ドラマ「花燃ゆ」公式キャラクター『もゆるん』LINEスタンプで「みてみて!」

@Press / 2015年05月11日17時00分

そして、杉家のすぐそばにあった松下村塾では、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、品川弥二郎ら多くの若者たちが松陰のもとで学び、日夜議論を戦わせていました。 幕末の動乱が激しさを増すなかで、松陰の家族、門弟たちは様々な困難に直面していきます。しかし、松陰の教えを胸に抱いて、困難にめげず、志を持って常に前を向いて力強く生きぬきました。 「学は人たる所以を学ぶなり」 [全文を読む]

文から美和へ「花燃ゆ」第弐集発売

Smartザテレビジョン / 2015年09月15日17時12分

松陰役の伊勢谷友介や松陰の盟友・小田村伊之助役の大沢たかおをはじめ、松陰の門弟・久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役に高良健吾、吉田稔麿役に瀬戸康史ら実力派キャストをそろえている。 第弐集には第13回から第31回までを収録。日本の未来を切り開こうと挑み続けた兄・吉田松陰と、夫・久坂玄瑞が命を散らす。愛する人たちを失った文は、表の政治を内から支える中枢を担う毛 [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画に反対する血判状が返ってくる。松陰は激怒し、絶交を宣言する。 しかし、史実では血判状は桂小五郎(維新後に木戸孝允に改名)が江戸から萩に帰る際に、久坂、高杉から預かり、松陰に渡したとされて [全文を読む]

テコ入れ脚本家も不発!井上真央“大河初主演”を台無しにした制作現場の迷走

アサ芸プラス / 2015年09月03日09時59分

井上真央主演のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が9月6日放送の「高杉晋作の遺言」から明治編に突入する。これに伴い18話まで脚本を担当していた大島里美氏、宮村優子氏、金子ありさ氏の3人体制から脚本家は小松江里子氏が務めることになった。 実は「花燃ゆ」には原作がなく、スタート時は大島、宮村の両脚本家が1話づつ交互に担当していた。これは大河史上初の試みだった。 しかし [全文を読む]

「花燃ゆ」出演の黒島結菜 “母親役”に奮闘中!

Smartザテレビジョン / 2015年06月19日12時00分

井上真央主演の大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)で、高杉晋作の妻・高杉雅を演じる黒島結菜にインタビューを敢行した。後編では、撮影での苦労やその中で得たもの、また今後の見どころなどを語ってもらった。【「花燃ゆ」出演の黒島結菜 夫・高杉晋作の魅力を語るより続く】――雅や高杉について聞きましたが、ほかに登場人物の中で魅力的だと思う人はいますか?私、久保田磨希 [全文を読む]

『花燃ゆ』の舞台に衝撃 「高杉晋作の生家」にニセモノ疑惑

NEWSポストセブン / 2015年06月01日07時00分

同市の旧城下町・菊屋横町には、吉田松陰の弟子である幕末志士・高杉晋作の「生家」があるとしても有名なのだが、これに関する疑惑があると6月1日発売の週刊ポスト(6月12日号)が報じている。 高杉は、武士と庶民の混成部隊「奇兵隊」を組織、長州藩を倒幕に向かわせた。大河ドラマでは若手人気俳優の高良健吾が高杉役を務めている。 菊屋横町には「高杉晋作誕生地」の石碑が立 [全文を読む]

「花燃ゆ」松下村塾が始動!久坂&高杉が松陰と運命の出会い

Smartザテレビジョン / 2015年02月21日20時02分

そして久坂と共に、“松下村塾の双璧”と呼ばれた高杉晋作役の高良健吾のSPインタビューをお届け!大河ドラマ初挑戦となる高良が演じるのは、常に面白いことを求め続けた幕末の風雲児・高杉晋作。久坂玄瑞と並んで、松下村塾の双璧といわれた才覚者。「高杉晋作のことをあまり知らなかったので、とにかく資料を読んで勉強しました。その過程で『面白きこともなき世を面白く』という辞 [全文を読む]

高杉晋作の生き様を食べて味わおう♪ゆめぜん下関が贈る『明治維新 華コース』のご提案

PR TIMES / 2015年02月09日16時13分

株式会社フォーブス(東京都千代田区神田小川町1-1 代表取締役:松崎充宏)が運営する美食酒家ゆめぜん 下関店(山口県下関市竹崎町3-11-2 TEL:083-235-1155)にて、ただ今放映中のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』にも登場する高杉晋作をモチーフにした『 明治維新 華コース 』の提供を開始いたしました。 高杉晋作と下関の関わりを食べて実感いただけるよ [全文を読む]

吉田松陰&高杉晋作の辞世の句をデザイン!「花燃ゆ」オリジナルグッズが登場

Smartザテレビジョン / 2014年12月30日09時00分

また、伊勢谷友介演じる吉田松陰の辞世の句「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」がデザインされたものと、高良健吾演じる志士・高杉晋作の辞世の句「面白き こともなき世を おもしろく」がデザインされたものも販売される。 さらに、吉田松陰バージョンと高杉晋作バージョン、2種類のオリジナルマグカップも発売。共にドラマの中心的人物で、幕末に大き [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など歴史好きでなくとも知っている有名な門下生たちの中で、“運動部のマネジャー”のような存在だ。物語も単なる時代劇ではなく、家族愛、友情、青春、恋愛から大奥の女の世界まで盛りだくさんのテーマで、飽きることがなさそう。 ヒロイン・文を井上真央が、吉田松陰を伊勢谷友介、高杉晋作を高良健吾、伊藤博文を劇団ひとりが演じるのも楽しみだが、や [全文を読む]

安倍首相4度目の里帰り NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の番宣か

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

今回のメーンイベントは幕末の志士・高杉晋作の墓参り。7月19日朝に高杉の菩提寺「東行庵」で献花して記念撮影。午後は産経新聞社運営の「長州正論懇話会」で記念講演を行なった。地元記者が語る。 「茶番ですよ。お国入りを大きく報じたのは地元紙と産経、NHKくらいで、他紙はベタ記事扱い。わざわざ高杉晋作の墓を見学したのは、来年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の番組宣伝 [全文を読む]

高良健吾 出会いは高校時代…東出昌大は「特別な人」

WEB女性自身 / 2015年08月31日06時00分

演じた高杉晋作のざん切り頭姿の雰囲気を残しつつ、とても穏やかな目をしていた。「終わった瞬間、ちゃんと高杉晋作として生きてこられたのか?と自分自身に問いました。答えは、正直、出ません。ただ、幸せだったなあと。ずっと高杉が近くにいたし、彼からはもちろん、吉田松陰や文、久坂玄瑞、そして、現場から多くのことを学びました」 そのなかでも、久坂玄瑞を演じた東出昌大は、 [全文を読む]

高杉晋作立つ! 疾風怒濤の「花燃ゆ」第32回

Smartザテレビジョン / 2015年08月08日07時00分

8月9日(日)の大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)では、ついに高杉晋作(高良健吾)が革命ののろしを上げる! 「花燃ゆ」では、吉田松陰の妹・美和(井上真央)を主人公に、長州藩を中心とした幕末の動乱が描かれている。夫・久坂玄瑞(東出昌大)を亡くした美和は、藩の奥御殿に入り、藩主の世継ぎ・毛利元徳(三浦貴大)の正室・銀姫(田中麗奈)付きの女中として仕えている [全文を読む]

高杉晋作を救う“ようかん”作り 「花燃ゆ」第30回

Smartザテレビジョン / 2015年07月24日18時15分

7月26日(日)の大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)では、高杉晋作(高良健吾)が絶体絶命のピンチに! 美和(井上真央)は、奥御殿から高杉に危険を伝えようとするが――。 「花燃ゆ」では、吉田松陰の妹・美和を主人公に、長州藩を中心とした幕末の動乱が描かれている。夫・久坂玄瑞(東出昌大)を亡くした美和は、奥御殿に入り、藩主の世継ぎ・毛利元徳(三浦貴大)の正室 [全文を読む]

「花燃ゆ」出演の黒島結菜 夫・高杉晋作の魅力を語る

Smartザテレビジョン / 2015年06月19日05時00分

井上真央主演の大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)で、高杉晋作の妻・高杉雅を演じる黒島結菜にインタビューを敢行した。'13年に「NTT docomo LTE」のCMなどで注目を集め、「ごめんね青春!」('14年TBS系)をはじめ話題のドラマへも次々に出演を果たしている黒島。演じる雅やその夫・高杉晋作の人物像、また共演者とのエピソードを語ってもらった。 ― [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 安倍首相の支援者の息子を「熊七」役で抜擢

NEWSポストセブン / 2015年06月18日16時00分

外国船砲撃の報復として、長州藩は米仏英蘭4か国艦隊に砲撃を受け、それをきっかけに高杉晋作が奇兵隊を結成。その奇兵隊隊士「熊七」を演じる前田倫良が「支援者の息子」だという。 熊七は農家の生まれだが、奇兵隊に入隊後、幕長戦争や鳥羽・伏見の戦いで活躍する人物で、「ちょい役」ではない。 前田は『大河ドラマ・ストーリー 花燃ゆ 後編』(NHK出版刊)にも顔写真入り [全文を読む]

大河ドラマ『花燃ゆ』展 吉田松陰や高杉晋作らの貴重な資料登場

太田出版ケトルニュース / 2015年05月29日10時14分

「吉田松陰の裃」「松下村塾の机」「高杉晋作による『奇兵隊結成綱領』」「高杉晋作が使った瓢箪」「木戸孝允が坂本龍馬に宛てた書簡」など、貴重な品々が登場する。 『2015年NHK大河ドラマ特別展 花燃ゆ』は、2015年6月4日(木)~7月20日(月・祝)まで、東京都江戸東京博物館(墨田区横網1-4-1 都営地下鉄「両国駅」徒歩1分、JR「両国駅」徒歩3分)にて [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

高杉晋作が上海に行ったエピソードは重要だ。これを割愛しなかったことはかなりの高評価だ。もっと詳しくやるべきだったとは思うが、清国人が西洋人に足蹴にされている映像だけでもうよく描いたと言おう。(偉そうですみません。)イギリス公使館も燃やすだろうし、西洋の国四カ国と下関で長州一国が戦争だってするだろう。講和の時の高杉の気概だって描くだろう。奇兵隊やそれに続く諸 [全文を読む]

フォーカス