山口百恵 スター誕生に関するニュース

萩本欽一「静謐な魂の百恵さんと茶目っけのある昌子ちゃん」(1)

アサ芸プラス / 2013年08月01日09時59分

そういうわけで、番組が生んだ最大のスター、山口百恵さんとも、ほとんど会話を交わしてません。 1つ印象に残っているのは、ステージの袖、真っ暗な空間にジッと立つ百恵さんの後ろ姿です。 その日の収録には百恵さんを含め、番組出身の新人歌手と西城秀樹さんが出演してくれました。 秀樹さんの歌のコーナー。他の新人さんは楽屋でスタッフたちとおしゃべりをしています。 百恵 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】亀梨和也&松下奈緒『阿久悠物語』に続編期待する声 「SPドラマで終わるのが勿体ない」

TechinsightJapan / 2017年08月27日14時14分

今回は『スター誕生!』で最初にスターとなった森昌子が大きく取り上げられたが、山口百恵が挑戦した際に彼が「歌手には向かない」との趣旨で評したことがある。『スター誕生!』から森昌子、山口百恵、桜田淳子の“花の中三トリオ”が誕生したものの、山口だけ阿久悠の作品を歌っていない。 また、阿久悠が歌詞提供しなかった大物歌手が美空ひばりだった。美空ひばりがあまりに大き [全文を読む]

数字をもってることでは別格の「花の中3トリオ」

NEWSポストセブン / 2017年02月11日07時00分

* * *「ワイドショーや女性週刊誌の“顧客”に馴染みがあるから」というのが最大の理由ではあるのだが、ここにきてまた「花の中3トリオ」こと、山口百恵、桜田淳子、森昌子が“話題”を振りまいている。 日本テレビ系『スター誕生!』に合格し、芸能プロダクションからスカウトを受けてデビューをした3人。森昌子は抜群の歌唱力を誇り、桜田淳子はエンゼルハットと脚線美で男 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、アイドル確立の70年代

アサ芸プラス / 2015年09月08日17時58分

これに桜田淳子・山口百恵が続いて「中3トリオ」として爆発的な人気を誇った。 72年から73年にかけては、麻丘めぐみ、あべ静江、浅田美代子、安西マリア、アグネス・チャンと、なぜか「頭文字あ」のアイドルが大量発生している。あいうえお順に並べると、少しでも名前が先に出るから──ま、それは余談だとしても、芸名やキャッチフレーズにこだわり抜いた70年代らしい現象だ。 [全文を読む]

石川さゆり 当時では異例「結婚と歌」両立させた母の言葉

WEB女性自身 / 2017年09月10日06時00分

そんなとっても恵まれた幸福なデビューをして、そのまま順調にいくかなと思っていると、そうでもなくて」 石川さんは当初、人気オーディション番組『スター誕生!』出身の森昌子、山口百恵とともに「ホリプロ3人娘」として売り出された。しかし、その後、森と山口は、同じ『スター誕生!』出身の桜田淳子と3人で「花の中三トリオ」として脚光を浴び始める。 「私だけ外れてしまって [全文を読む]

【24時間テレビ 主な企画&概要】初グループ枠超えメインパーソナリティー、当日発表のマラソンランナー…モデルプレスも現場に密着

モデルプレス / 2017年08月26日15時00分

◆ほか企画 そのほか、「義足の少女・江口舞さんとイモトアヤコが3180m・槍ヶ岳に挑戦」、「三浦祐太朗、母・山口百恵の『さよならの向う側』を披露」、「羽生結弦選手と郷ひろみの『夢のアイスショー』コラボ」、「『イッテQ!』女芸人軍団と水卜アナウンサーが、ろう学校の子どもたちとコンビネーションマリンバに挑戦」など、様々な企画を展開。 放送は、26日15時30 [全文を読む]

加藤シゲアキ、亀梨和也と名コンビに! 24時間テレビドラマSP追加キャスト

CinemaCafe.net / 2017年07月24日05時00分

亀梨さん演じる作詞家・阿久悠は、オーディション番組「スター誕生!」を企画して自ら審査員を務め、森昌子、桜田淳子、山口百恵、岩崎宏美、「ピンク・レディー」ら、数多くのスターを生み出した昭和を代表する人物。アイドルソングや演歌、アニメソング、CMソングなどを幅広く手掛け、生涯、世に送り出した曲は約5,000曲。手掛けたシングルレコード・CDの総売上数は6,81 [全文を読む]

「数字をもっている」と評判の森昌子 ブーム再燃か?

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

『スター誕生』(日本テレビ系)の初代グランドチャンピオンに輝き、『せんせい』でデビューした森昌子は、その直後に同番組からスターになった桜田淳子、山口百恵と共に「花の中3トリオ」と呼ばれ、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎の「新御三家」と共に『明星』や『平凡』の表紙を飾ったり、毎日のようにあった生放送の音楽番組に出演していた。「どこにでも居るようなフツーの女の子が [全文を読む]

名プロデューサーが語る70年代のアイドル「原点は近所にいる知り合いの女のコ」

週プレNEWS / 2016年11月07日06時00分

今回は、山口百恵、ピンク・レディーなどに曲を提供した作曲家/プロデューサーの都倉俊一氏にアイドルの原点について聞いた。 * * * “アイドル”という言葉が使われだしたのは、1970年頃からでしょう。それ以前に人気のあった吉永小百合さんや美空ひばりさんなどは“スター”と呼ばれていましたから。 スターは映画でしか見られないなど、一般の人の手の届かない場所に [全文を読む]

1970年代初頭からのアイドル黎明期をアイドル研究家が解説

NEWSポストセブン / 2015年02月16日11時00分

そこからまず森昌子が1972年に、さらに桜田淳子と山口百恵が1973年にレコードデビューを果たす。3人は同学年だったことから、“花の中三トリオ”と呼ばれた。森昌子はとにかく歌唱力が抜群で、デビュー曲『せんせい』は演歌調だった。一方、桜田淳子は笑顔が眩しく明るい性格の“ザ・アイドル”として一躍脚光を浴びていく。 それに続いた山口百恵も当初は桜田淳子の明るく元 [全文を読む]

マルベル堂 キャンディーズやピンク・レディーに見たプロ技

NEWSポストセブン / 2017年02月18日07時00分

昭和46年には“新三人娘”と呼ばれた南沙織、天地真理、小柳ルミ子、昭和50年には桜田淳子、山口百恵、キャンディーズが、歌手部門の売り上げベスト3に輝くなど、上位は毎年アイドルが独占した。 歌手デビュー前にファンから「プロマイドを出してくれ」と要望が殺到した大場久美子は、昭和53年、54年に女優部門の1位に輝いている。彼女たちの微笑を求め、浅草の店は修学旅 [全文を読む]

『スタ誕』はじまって以来の最高得点392点を出した中森明菜

NEWSポストセブン / 2013年08月23日07時00分

デビュー第1号の森昌子、続いて山口百恵、桜田淳子と相次ぎ成功。アイドルを目指して応募した少女の中に、のちの中森明菜もいた。本選で最高記録の点数を出した当時の様子について、ジャーナリストの安田浩一氏が綴る。 * * * 1981年、明菜は私立大東学園高校(東京都世田谷区)に入学する。しかし、勉強や部活に熱中することはなく、頭の中は歌手になることでいっぱいだっ [全文を読む]

中森明菜を生んだ『スター誕生』 1秒も待たずに審査終了も

NEWSポストセブン / 2013年08月22日07時01分

デビュー第1号の森昌子に続き、山口百恵、桜田淳子が相次ぎ成功を果たしたことで少女たちの羨望の的となる。『あまちゃん』(NHK)でヒロイン母親役を演ずる小泉今日子も出身者の一人だ。そして、同じく出身者のひとりである中森明菜がオーディションを受けた当時の様子を、ジャーナリストの安田浩一氏が綴る。 * * * 明菜が日本テレビのオーディション番組「スター誕生!」 [全文を読む]

百恵と淳子、モモさんと「ひとつ屋根の下」

アサ芸プラス / 2013年03月05日10時00分

その3カ月後の5月21日、「人にめざめる14才」のコピーで山口百恵も続く。前年にデビューした森昌子と合わさって「花の中3トリオ」が生まれ、芸能界の可憐な活性剤となった──。百恵と淳子に交差する森昌子が、かけがえのない友への思いを語りかける。 71年10月3日に始まった「スター誕生!」(日本テレビ)は、企画した阿久悠や池田文雄プロデューサーの思いをよそに、最 [全文を読む]

百恵と淳子、「親友を装っている」の中傷

アサ芸プラス / 2013年02月19日10時00分

桜田淳子と山口百恵の2人は、初めからスターとしての宿命を背負っていたのだ。 林寛子は「スター誕生!」(日本テレビ)という番組を“大きな幹”ととらえた。桜田淳子や山口百恵など、圧倒的な数のスターを生んできたからだ。 「それに比べたら私たちは“枝葉”の番組だったかもしれません。そこで私は運よく第1回のグランドチャンピオンになりましたが、あの番組に太刀打ちできる [全文を読む]

テレビに勢いあった「昭和」の空気を再現 亀梨和也が好演 〈24時間テレビドラマスペシャル 時代をつくった男 阿久悠物語〉(日本テレビ系)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年08月30日12時00分

桜田淳子、山口百恵、岩崎宏美など、次々にスターを輩出し、ついにはあの社会現象にもなったピンクレディーが登場する。 [全文を読む]

痛快!81歳生涯現役女子プロレスラーの正体 あなたは「小畑千代」を知っているか?

東洋経済オンライン / 2017年07月22日17時00分

『スター誕生』の決勝で山口百恵の後塵を拝して芸能界入りをあきらめ女子プロレスラーになったマッハ文朱がはしりかと思っていた。この試合がおこなわれた昭和43年といえば、藤純子(富司純子)が女博徒・お竜を演じた東映任侠映画『緋牡丹博徒』が公開された年でもある。「闘う自立した美しい女」が受け入れられる素地ができつつあったのだろう、女子プロレス番組はレギュラー化され [全文を読む]

桜田淳子、脱会しないまま芸能界復帰に霊感商法対策会が反対表明

Business Journal / 2017年04月28日06時00分

1972年に『スター誕生!』(日本テレビ系)出演をきっかけにデビューし、山口百恵、森昌子とともに「花の中3トリオ」として大人気を博した桜田淳子が、4月7日に東京・博品館劇場で開催された「スクリーン・ミュージックの宴」にゲスト出演、久しぶりに公の場に姿を現した。 桜田といえば、92年に海外で行われた、ある宗教団体の式典に参加したことで知られている。同団体は高 [全文を読む]

当時の秘話満載!懐かし「青春アイドル」は今

日刊大衆 / 2017年04月27日08時05分

桜田がデビューしたきっかけは『スター誕生!』(日本テレビ系)だが、同番組は国民的スター・山口百恵(58)も生み出している。 最近は、堀北真希が結婚からほどなく引退したことで、「百恵さんへの憧れか!?」との報道が出たほど、その影響力ははかりしれない。百恵の引退前後には、彼女を巡るパパラッチ事情は、激化していった。「港区赤坂の霊南坂教会での結婚式取材には、少な [全文を読む]

桜田淳子から届いた手紙、貴重水着写真とともに独占掲載

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

山口百恵、森昌子と共に「花の中三トリオ」と呼ばれブレイクする。1992年に引退。4月7日、銀座博品館劇場(東京)で行なわれる『スクリーン・ミュージックの宴』に出演予定。 ※週刊ポスト2017年4月7日号 [全文を読む]

フォーカス