寺山修司 天井桟敷に関するニュース

語っていいとも! 第9回ゲスト・高橋ひとみ「『ふぞろい学校』って言われて。未だにあの作品を超えるものがないねって」

週プレNEWS / 2015年08月16日12時00分

そもそも10代の頃に天井桟敷っていう、寺山修司というカリスマのものすごい独特な劇団に飛び込んだこと自体、アングラ志向だったのでは? 高橋 いやいや、一切知らないです。たまたまパルコでやる「青ひげ公の城」の少女の役の募集で行っただけで、その作・演出が寺山さんだったんです。お名前だけで何をしてる方かも知らなくて。オーディションで、あ、間違えたって思いましたしね [全文を読む]

日本初のBL漫画「風と木の詩」と寺山修司の意外すぎる衝撃の出会いとは!?

Woman Insight / 2015年02月02日20時00分

★1回目→ 竹宮惠子×内田樹が語る!マンガ発展の背景には戦争の○○があった! ★2回目→ 竹宮惠子×内田樹が語る!「天才が感染する」オープンソースの効用とは? この本はマンガ文化の総括としてもおもしろいのですが、実は誰も知らなかったマンガトリビアもたくさん載っているんです! 今回はその中から、竹宮惠子先生の名作『風と木の詩』にまつわる、寺山修司とのびっく [全文を読む]

クラウドファンディングで日本の演劇を盛り上げたい!!劇団「演劇実験室◉天井棧敷」~「万有引力」創立50周年記念 寺山演劇の集大成「レミング-壁抜け男-」上演プロジェクト

PR TIMES / 2017年06月06日15時02分

寺山修司が主宰した劇団「天井桟敷」時代の未発表音源や演出家・音楽家であるJ・A・シーザーの愛用の品々などが登場!さらに50周年記念公演である寺山演劇の貴重なスペシャルパッケージも販売!寺山修司が主宰した劇団「演劇実験室◉天井棧敷」(てんじょうさじき)から J・A・シーザー主宰の劇団「演劇実験室◉万有引力」(ばんゆういんりょく)までの創立50周年を記念し、「 [全文を読む]

元ピンク・レディー未唯登場!寺山修司生誕記念イベント

Movie Walker / 2015年10月24日20時32分

その中のコンテンツとして、10月24日(土)にTOHOシネマズ新宿にて、特集上映「寺山修司生誕80年 TERAYAMA FILMS」のトークイベントが開催され、ゲストとして元ピンク・レディーのミーこと未唯mieが登場した。 1976年、ピンク・レディーとして「ペッパー警部」でデビューした未唯。舞台、ミュージカル、コンサート、テレビなど多岐に渡り活動しており [全文を読む]

やなせたかし作詩、松村禎三の作曲による幻の作品収録、ひばり児童合唱団の歌によるCD「こどものための音楽」4月17日発売。「初恋の恋人に巡りあったように胸がときめきます」(やなせたかし)

DreamNews / 2015年03月17日09時00分

【その2】寺山(森崎)偏陸(寺山修司の弟)寺山による劇団「天井桟敷」のメンバーでもあった偏陸が「ぼくが鳥になったら」でナレーションを担当。【その3】松村禎三による幻の合唱曲松村禎三が教科書等のために少なからず書いていた作品が初の本格的上演となった演奏会の録音。まどみちお、やなせたかしなど大家の詩による作品のユーモアとペーソスは必聴です!合唱曲の作詩者である [全文を読む]

「群像」6月号(5月7日発売)に掲載!没後30年の新発見 寺山修司未発表戯曲 『青い種子は太陽のなかにある』 寺山修司の若き日の作品が半世紀ぶりに甦る!

PR TIMES / 2013年05月07日15時16分

寺山修司未発表戯曲 『青い種子は太陽のなかにある』が、株式会社講談社(本社:東京都文京区音羽) 刊行の文芸誌「群像」6月号(5月7日発売)に掲載されます。 〈発見経緯〉 2013年5月で没後30年となる今年、寺山修司の未発表戯曲が東京都内で発見されました。2007年に死去した舞台監督・田中好道氏の事務所に保管されていたもので、次男の英世氏が遺品を整理する中 [全文を読む]

BABYMETALの源流には「国会のハマーン・カーン、三原じゅん子議員」がいた!

日刊SPA! / 2017年09月23日08時52分

彼女は、寺山修司主宰の劇団「天井桟敷」での初舞台をきっかけにスカウトの目に止まり、寺山修司が歌詞を書いた「時には母のない子のように」で歌手デビュー。後にロック歌手に転向し、いくつかのバンドを経たのち結成された「カルメン・マキ&5X」での活動が、嬢メタルの起点となる。1982年2月発表の1stアルバム『HUMAN TARGET』が、日本における女性ヴォーカル [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「高橋ひとみ」(4)寺山修司さんってセーラー服好き?

アサ芸プラス / 2016年03月25日01時57分

テリー ひとみさんといえば、やっぱり寺山修司さんのことも聞いておきたいんですよ。そもそも寺山さんの舞台のオーディションを受けたのが、女優になるきっかけですよね。高橋 高3の時にお友達に誘われて行ったら、受かってしまって。「天井桟敷」の俳優さんは、坊主だったり眉毛のない先輩たちがたくさんいたので、最初は「ちょっと間違ったところに来ちゃったかな」と思いましたね [全文を読む]

高橋ひとみ:女優として見出してくれた、寺山修司への思いを語る。

PR TIMES / 2015年11月19日11時43分

[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2967/resize/d1355-2967-937755-1.jpg ]WOWOWでは、30年も寺山修司作作品のアングラ演劇にこだわり、“暗黒の宝塚”とも呼ばれる小劇団「月蝕歌劇団」に完全密着したオリジナルドキュメンタリー番組「ノンフィクションW 暗黒のアイドル、寺山修司の彼方へ。~『月蝕歌劇団 [全文を読む]

寺山修司の生誕80年を記念した幻想音楽会にカルメン・マキの出演が決定。本日よりチケット発売

PR TIMES / 2015年09月16日15時32分

[画像1: http://prtimes.jp/i/12949/103/resize/d12949-103-119577-2.jpg ]寺山修司の生誕80周年を記念した音楽祭が、来月、東京・恵比寿で開催される。ロックミュージシャン カルメン・マキの出演が決定した。彼女は、1968年、寺山修司が主宰していた劇団「天井桟敷」の舞台を観て即入団し、その後「書を捨 [全文を読む]

【オリエンタルホテル広島】12月5日 宇野亜喜良 トーク&サイン会/渚ようこ ライブ 開催

PR TIMES / 2013年11月12日13時39分

宇野亜喜良と寺山修司のコラボレーション 宇野亜喜良展「ひとりぼっちのあなたに」 関連イベント オリエンタルホテル広島(所在地:広島県広島市中区田中町6-10 総支配人:荒木潤一)は、2013年12月5日(木)、3Fチャペルにて、イラストレーター・宇野亜喜良(うの あきら)のトーク&サイン会と、歌謡歌手・渚ようこによるライブ(参加費:2,500円)を開催いた [全文を読む]

寺山修司とケンカの網走五郎 泳いで北方領土失敗も尖閣成功

NEWSポストセブン / 2012年08月29日07時00分

寺山修司の劇団「天井桟敷」に所属する劇団員だった網走五郎(当時32歳)は1976年、ひょんなことからこの計画を思いつく。 網走は当時、寺山と些細な行き違いからケンカ別れに近い形で劇団を飛び出し、日本全国を放浪していた。北方領土へ泳いで渡ることを思いついたのは、根室の納沙布岬からオホーツクの海を眺めていたときだった。「俺と似ている」と思ったという。 劇団を [全文を読む]

81歳の巨匠・横尾忠則氏「絵も人生も大事なのはプロセス」

NEWSポストセブン / 2017年09月13日07時00分

翌年、劇作家・寺山修司が結成した劇団「天井桟敷」に美術担当として参加。この頃から横尾の名は全国に知られるようになる。当時人気だった週刊誌『平凡パンチ』に毎週のように登場し、レストランで“食レポ”する依頼もあった。◆アメリカで衝撃を受ける「こんなことをやっていたら世俗的になってしまう。東京から逃げないと駄目だと思って、ニューヨークに行きました」 [全文を読む]

宇野亞喜良タッチ似顔絵がキュート&妖艶! 『MAJOLICA MAJORCA』の「マジョリ画」がときめきしかない [オタ女]

ガジェット通信 / 2016年07月15日13時00分

寺山修司の『天井桟敷』のポスターで有名な宇野さんは、現在でも世代を問わず人気を集めている画家。そんな彼のタッチで自分の似顔絵が簡単に作れてしまいます。 サイトをクリックすると誘われるのは、“マジョ画家”の部屋。そこでイチから顔の輪郭や瞳、唇、髪型などの形を選んでいくか、画像をアップして描いてもらうか選ぶことができます。 ここでは最初から描いてもらうことに [全文を読む]

日本そして世界がボクシングに沸いた時代

クオリティ埼玉 / 2016年06月21日10時29分

詩人、歌人としても知られ、若者の教祖的な存在だった寺山修司率いるアングラ劇団「天井桟敷」の若い劇団員たちの間でも力石の告別式の話が持ち上がり、彼らの手で1970年3月24日、出版元の講談社の講堂で700人以上のファンを集めて挙行された。この時、式場のすぐ下の階が私の仕事場だったが、何も事情を知らず、外部の人が大勢やってきて、何だかやたら騒がしいなあという印 [全文を読む]

独自の「KAWAII」世界が再び。資生堂のふたりのクリエーターによるヘア&メーキャップ創作写真展『ユリカナ展II』 渋谷ヒカリエで開催

PR TIMES / 2016年04月14日15時21分

また、寺山修司の劇団「天井桟敷」の舞台美術や衣装などを手掛けたことでも知られるイラストレーター・宇野亞喜良さん、レースやビーズなどのビンテージ素材や日本の着物の生地などを使った独自のコラージュで一枚の絵を描いているアーティスト長谷川洋子さん、それぞれとのコラボレーション作品も発表します。 前回の「ユリカナ展」(2013年10月開催)から進化した作品25点 [全文を読む]

白装束で「余生」を過ごす小椋佳 「死に向き合う」生き方

NEWSポストセブン / 2015年12月16日07時00分

故・寺山修司氏主宰の劇団「天井桟敷」の自主アルバムに歌で参加。日本勧業銀行(現みずほ銀行)入行4年目にはアルバム『青春─砂漠の少年』でデビュー。それは社命でアメリカに留学中で、結婚もして長男も生まれていた頃だった。 「レコード会社の販売会議で『そんな男の歌が売れるはずがない』となって、一旦は発売がお蔵入りになりました。それでもデビューできたのですから僕は運 [全文を読む]

亀梨和也はよくやった! 世界の蜷川幸雄のヤバすぎる演出を見事に熱演!!

tocana / 2015年08月20日09時00分

同舞台は今年、生誕80年の劇作家、故・寺山修司さんが残した幻の戯曲。演出は蜷川幸雄氏、音楽は松任谷正隆氏という超豪華で硬派な作品だ。 若いジャニーズファンにはなじみが薄いかもしれないが、寺山氏は1960年代に演劇実験室「天井桟敷」を結成。旗揚げ公演の際には、「見世物小屋の復権」をうたい、過激で扇情的かつ怪奇的な演劇を見せ、日本に小劇場ブームを巻き起こした [全文を読む]

「60~70年代アンダーグラウンドフォトアートセッション」開催!

PR TIMES / 2014年10月21日13時01分

ヴィンテージプリント【緑魔子・第七病棟・四谷シモン】、 シルクスクリーンポスター天井桟敷【寺山修司・横尾忠則・唐十郎・宇野亜喜良・粟津潔他】関連資料が、 小宮山書店4階ショールームに並びます。 当時の文化が一堂に会する展示販売会を皆様にお届け致します!皆様のご来場心よりお待ちしております。­ また、特別企画として加納典明写真集「NEW YORK 1969 [全文を読む]

近親相姦、食人、屍姦・・・ タブー表現のデパート芸術映画『追悼のざわめき』

tocana / 2014年01月22日10時00分

「(世間の人は)つまらない公序良俗で脳味噌は汚染されています」 と言い放つ監督・松井良彦は、『狂い咲きサンダーロード』(石井聰互監督)などで有名な狂映舎で助監督として揉まれたのち、寺山修司(劇団「天井桟敷」主催、アニメ『あしたのジョー』主題歌作詞など)に師事し特異な才能を発揮する。ラストに桜田淳子の『わたしの青い鳥』を流すあたりも、常人とは異なるセンスを [全文を読む]

フォーカス