小林幸子 北島三郎に関するニュース

擁護コメント続々の中......バーニング長山洋子が小林幸子を痛烈批判

日刊サイゾー / 2012年04月20日08時00分

「週刊新潮」(新潮社)4月12日号で発覚した、演歌歌手・小林幸子が個人事務所「幸子プロモーション」の関根良江社長と女性専務を解雇していた騒動。連日、歌手仲間たちから続々とコメントが寄せられている。「かつて、小林との不仲を報じられた和田アキ子はラジオ番組で『おいらだったら(歌手活動を)やっていけない。"これからもう一回"からやり直すことはできない』とあきれ返 [全文を読む]

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

紅白歌合戦のトリはやっぱりサブちゃん!「ベスト・オブ・北島三郎」紅白ステージ5選

AOLニュース / 2014年12月29日12時00分

小林幸子と美川憲一の衣装対決など風物詩とも言われる名物アトラクションが次々と無くなり、昨年の北島御大の"卒業"で今年の紅白はどうなってしまうのか? 今からそんな「サブレス」が怖いあなたに、ベスト・オブ・北島を送ります。 ■まつり ド派手なセットと共にダンサーズの見事なフォーメーションも見物の「まつり」。今年の最後も「まつり」が聴きたいという人も多いのでは? [全文を読む]

紅白選考に苦言「なぜ視聴者が業界の理屈を呑む必要ある?」

NEWSポストセブン / 2016年12月14日16時00分

岩崎宏美、松田聖子、都はるみ、八代亜紀、小林幸子、杏里、郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹も、千昌夫、森進一、五木ひろし、北島三郎、村田英雄も三波春夫も、みんなでフリフリの衣装を着て、舞台の端にいる大御所も決して手を抜かず、マンボを踊ったんだよ。必死に、楽しそうに。 これだけの歌手が、揃って集団練習をしたと思うと、それだけでもう胸が熱くなったわよ。 ◆業界の理 [全文を読む]

和田アキ子ら落選のNHK紅白 「マスターズ紅白」の提案も

NEWSポストセブン / 2016年12月07日07時00分

伍代夏子、藤あや子らの顔もなく、昨年は特別枠で登場した小林幸子も「落選」となった。個人的にはピコ太郎と幸子の特別枠対決もアリと勝手に考えていたので、残念だ。 こうなったからには、いっそ「マスターズ紅白」を創り、ベテラン陣を動員するのはどうだろう。幸子は歴代衣装を次々着替えてヒットパレードに。細川たかしや和田アキ子は、「マイクを置いて地声のみでの熱唱」で感動 [全文を読む]

「SMAP不在で目玉なし!」『NHK紅白』“和田切り・伍代切り”成功も……歴代最低視聴率確実か

日刊サイゾー / 2016年11月24日20時30分

また、藤あや子や、昨年、特別枠で出演した小林幸子の名前もなかった。AKB48関連グループ枠は、過去3度出場したNMB48が落選。一昨年まで出場していた水樹奈々、きゃりーぱみゅぱみゅといった常連組が復活することもなかった。 一方、白組は、11回連続出場していたEXILEをはじめ、「ヨイトマケの唄」が話題となった美輪明宏、10回出場した徳永英明、4年連続で「女 [全文を読む]

バラエティーの新金脈 大物タレント再発掘ブームのワケ

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

今年の出演者だけでも、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、志村けんさん、三田佳子さん、なべおさみさん、内田裕也さん、三遊亭円楽さん、野口五郎さん、萩原健一さん、森昌子さん、北島三郎さん、浅野ゆう子さん、中村玉緒さん、小林幸子さん。『あいつ今何してる』(テレビ朝日系)に、中山秀征さん、哀川翔さん、増田惠子さん、宮崎美子さん、片岡鶴太郎さん。『しくじり先 [全文を読む]

今年も紅白出場は安泰?秋を迎え和田アキ子への非難再燃

デイリーニュースオンライン / 2016年09月24日12時05分

■それでも出場確定か……今年で40回目の出場 実際のところ、前回は小林幸子(62)が4年ぶりに復活すると巷で期待され、和田の紅白出場は危ぶまれていた。結局、和田は例年通り紅組で選出され、小林は“特別出演”というウルトラCで紅白に復帰を実現。和田は、司会をつとめた同じ事務所の綾瀬はるか(31)との“抱き合わせ出演”説が有力視されている。今年に関しては昨年と [全文を読む]

被災地で海の声を熱唱する浦島太郎

クオリティ埼玉 / 2016年07月22日00時12分

ちなみに過去の歌い手はオペラ歌手が3人、北島三郎、小林幸子、西田敏行と大物ぞろい。昨年はTOKIOの長瀬智也だった。 そして海の日の7月18日。フジテレビ系「FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~」に出演。被災地である岩手県大槌町の砂浜で歌った。 その熱唱に町のひとびとが涙した。 空に海に、届かんばかりの大声量で涙ぐみながら歌い上げた。 ♪空の声が 聞 [全文を読む]

大御所でも相部屋使いタレント司会者は別格 紅白の楽屋事情

NEWSポストセブン / 2015年12月04日16時00分

豪華な衣裳で紅白をわかせた小林幸子はこの部屋を間仕切りし、石川さゆりと使っていた。 ◆タレント司会者は別格 1楽屋と2楽屋は司会役が一人部屋として使用する。2014年に司会を務めた嵐はメンバー5人で1楽屋を使っていた。 美輪明宏や小林旭など超大物級のタレント歌手らが一人で楽屋を利用することもある。2013年の「紅白引退ステージ」で大トリだった北島三郎もこの [全文を読む]

フォーカス